ウォーターサーバーは必要?不要?解約の理由やおすすめ5選!

ウォーターサーバー不要アイキャッチ

「実際に使っている人からは便利だと聞くけど、高いし今すぐなくても困ることはないでしょ」と思いませんか?

「あったら便利そうだけど、高いしあまり使わなかったらどうしよう」

そういった悩みを持ちつつ、ネットを検索しても本当に自分にとっても必要なものなのか、見極める方法ってなかなか載っていないですよね。

そこで本記事では、ウォーターサーバーを解約した理由やおすすめの5つの機種を紹介します

この記事を読むと、今の生活スタイルや習慣から考えて、あなたにウォーターサーバーが必要かどうかが分かりますよ。

水をたくさん飲まない、水道水で満足しているといった人には、ウォーターサーバーは不要です。

他にも、どういった人が不要か必要かを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

“ウォーターサーバーを導入するかお悩みのあなたへ!”

本記事を読まれている人には、こちらの記事『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年10月のおすすめはコレ!』も人気です!

  • ウォーターサーバーにはどんなメリットやデメリットがあるのか
  • ウォーターサーバーが購入できるメーカーを紹介
  • 選んで失敗したウォーターサーバーの5つの特徴

以上の内容が気になる方は、ぜひとも参考にしてください。

1.あなたは不要?ウォーターサーバーが不要な人はこんな人

上記を踏まえたうえで、どのような人にはウォーターサーバーが不要なのでしょうか。

ウォーターサーバーを導入しようか悩んでいるなら、自分が当てはまっているかどうかチェックしてみてください。

“ウォーターサーバーが不要な人”

  • あまり水を飲まない人
  • お湯や料理に水をあまり使わない人
  • 水道水に特に不満を感じてない人
  • 水にコストをかけたくない人
  • スペースが取れない人

1つずつ、見ていきましょう。

(1)あまり水を飲まない人

あまり水を飲まない人は、消費量と届く量が合わず無駄な支払いを続けることになります。

なぜなら、ウォーターサーバーを導入すると、水ボトルが定期的に届くからです。

一人暮らしの人や仕事で家にあまりいない人は、自宅で水を飲む機会も少ないでしょう。

注文はスキップできますが、別途事務手数料などが請求されることもあるので注意が必要です。

水をあまり使わないような状態になってしまった場合は、解約を検討しましょう。

(2)お湯や料理に水をあまり使わない人

必要なときにすぐにお湯が出るのがウォーターサーバーのメリットですが、お湯が沸くまでの時間を待てるならウォーターサーバーは必要ないでしょう。

一般的な電気ケトルでお湯を沸かすのにかかる時間は、コップ1杯分では約1分、1Ⅼの水では約5分かかります。

お湯が沸くまでの時間でコーヒー豆を準備したり、材料の下ごしらえなど料理に使ったりする人には便利かもしれません。

しかし、毎回使う分だけ沸かすことを面倒と思わないのであれば、ウォーターサーバーは不要といえます。

(3)水道水に特に不満を感じてない人

普段、水道水を問題なく飲めているのなら、お金を払って水を買うことはもったいなく感じてしまうため、ウォーターサーバーは必要ないでしょう。

普段の生活費に、水代がプラスされるのでコスト面でも負担になってしまいます。

実際の生活ではお風呂などでも水道水を使うので、飲用水のみの料金と考えると、家計にとって負担に感じるかもしれません。  

(4)水にコストをかけたくない人

ウォーターサーバーを解約する理由として、ランニングコストが高いことが挙げられます。

ウォーターサーバーを使用する際には、水ボトルの料金と電気代、サーバーのレンラル料やメンテナンス料がかかるのです。

メーカーなどによって変わりますが、水代、電気代、サーバーレンタル代をあわせると、1~2人世帯で月4,000円前後、3~4人世帯で月6,000円前後になります。

そのため、水かかる毎月のランニングコストが高いと感じて、解約してしまう人が多いようです。

(5)スペースが取れない人

基本的にウォーターサーバーは、本体を置くためのスペースを取れないと使用できません。

また、下記のような場所には、設置しないほうがよいとされています。

  • 高温多湿になる場所
  • 直射日光のあたる場所
  • 電源から遠い場所

事故の原因になるので、不安定な場所や放熱する家電の近くも設置ができません。

このように、置き場所に困るというのも、ウォーターサーバーを解約するポイントの1つです。

2.あなたは必要?ウォーターサーバーが必要な人はこんな人

では、ウォーターサーバーが必要な人はどのような人なのでしょうか?

“ウォーターサーバーが必要な人”

  • 子育てで水を使う人
  • 水や白湯をよく飲む人
  • 料理や家事の手間を省きたい人
  • 電気代などを節約したい人
  • 災害時のために水を備蓄したい人

上記に当てはまる人はウォーターサーバーを導入した方がよいでしょう。

ウォーターサーバーではいくつかの種類から水を選べますし、いつでも冷水、お湯を使うことができます。

自分や家族が口にする水にこだわりたい場合は、数種類の天然水を選ぶことができるウォーターサーバーもあります。

お湯に関しても、温かい飲み物をよく飲む方やカップラーメンなどお湯を使って調理することが多い方にとっては、待つことなくお湯がすぐに使えるので便利です。

ウォーターサーバーを導入すると生活がより豊かになりますよ!

(1)子育てで水を使う人

ウォーターサーバーを導入すると、泣いている赤ちゃんを待たせることなくミルクを作ることができます。

なぜなら、ウォーターサーバーは、ミルク作りに適切な70℃以上のお湯をすぐに出すことができるからです。

また、ウォーターサーバーの水には、不純物を取り除いたRO水もあるので、安心して飲ませられます。

いつでも安全な水が飲めて、すぐにお湯が出せるのは、ママにも赤ちゃんにも嬉しいですね。

(2)水や白湯をよく飲む人

ウォーターサーバーがあれば、簡単に白湯と水を飲むことができます。

白湯を飲むと血行がよくなるため、冷え性改善や免疫の向上、脂肪燃焼など、健康や美容によい効果が得られるでしょう。

ウォーターサーバーがあれば、冷水もお湯もすぐに飲むことができるので、健康的な習慣をつけることができます。

水や白湯をよく飲むという人には、欠かせないアイテムになるでしょう。

(3)料理や家事の手間を省きたい人

ウォーターサーバーのお湯は通常80℃~90℃に設定されており、すぐにその温度のお湯を出せるため、カップラーメンや粉末スープを簡単に作ることができます。

朝の忙しいときには、すぐにスープを作ることができ、パンと合わせれば立派な朝ごはんの出来上がりです。

食材を茹でるときや、みそ汁やスープを作るときにもウォーターサーバーのお湯を使うと便利です。

また、不純物の含まれていないお湯を使うことで、食材自体の味が引き立てられ、料理が美味しくなります。

待つことなくお湯が使えると、好きなときにインスタント麺やコーヒーを作ることができますよ!

(4)電気代などを節約したい人

ウォーターサーバーには、電気代のかかる印象があるかもしれません。

しかし、お湯が出ることを利用すればガスコンロや電気ケトルでお湯を沸かす回数を減らせるため、ガス代や電気代の節約になります。

また、省エネタイプのウォーターサーバーを選ぶことで節電に繋がるので、ぜひ検討しましょう。

(5)災害時のために水を備蓄したい人

ウォーターサーバーを使うということは、それだけの水を常にストックすることになります。

災害時に水は大切ですが、わざわざ備蓄するのも難しいです。

ウォーターサーバーを利用していれば、日常的に備蓄水があるので、いざというときに安心ですよ!

3.後悔しないために!おすすめのウォーターサーバー5選

あなたにはウォーターサーバーは必要か不要か判断できましたか?

自分にはウォーターサーバーはあった方がよさそうだと感じた人のために、おすすめのウォーターサーバーを紹介します。

  • コスモウォーター:smartプラス
  • プレミアムウォーター:スリムサーバーIII(ショートタイプ)
  • フレシャス:dewo mini
  • クリクラ:クリクラ省エネサーバーS
  • ウォータースタンド:ナノラピア ネオ

契約で後悔しないためにも、納得のいくウォーターサーバーを見つけてくださいね!

コスモウォーター:smartプラス

コスモウォーターのらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス

smartプラスは、2016年度天然水ウォーターサーバーで売上No.1になったウォーターサーバーです。

飲める水は、なんと採水から48時間以内に出荷された天然水

ミネラルも豊富に含まれているので、健康志向の方にぴったりの水です。

サイズ幅30cm/奥行34cm/高さ110cm
カラー5色( ブラック・ホワイト・ピンク・ウッド・ライトウッド)
水の容器つぶせるボトル(セット位置:下)
使える温度冷水・ 温水
クリーン機能あり
月額費用1~2人(24L):4,104円
3~4人(36L):6,156円
5~6人(48L):8,208円
電気代約400~500円
参考記事コスモウォーターってどうなの?契約前に知らないと損する全知識【2021年10月版】
※月額費用=水の料金+レンタル料(送料無料)

プレミアムウォーター:スリムサーバーIII(ショートタイプ)

スリムサーバー ショートⅢ

スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)は高級感もあり、すっきりとしたデザインが特徴のウォーターサーバーです。

7Lの水ボトルにも対応しており、水の交換を比較的スムーズに行うことができますし、飲む水が少なくてもよいですね!

また、チャイルドロックなどの機能もついているので、お子様がいる家庭でも安心して使うことができますよ。

サイズもコンパクトで、置き場所に困っている人にもおすすめです。

サイズ幅27cm/奥行36.6cm/高さ82.4cm
カラー4色( プレミアムブラック・ピュアホワイト・ベビーピンク・プラチナシルバー)
水の容器つぶせるボトル(セット位置:上)
使える温度冷水・ 温水
クリーン機能なし
月額費用12L×2(24L):3,974円
7L×2(14L):3,542円
電気代630~円
参考記事プレミアムウォーターってどうなの?契約前に知っておくべき全知識【2021年10月】
※月額費用=水の料金+レンタル料(送料無料)

フレシャス:dewo mini

フレシャス|デュオミニ

dewo miniは、業界最小の小型卓上ウォーターサーバーです。

コンパクトな設計ながら、静音設計で省エネ機能なども搭載しているので、比較的電気代は抑えられます。

なんといっても、4.7Lの水のパックが大きな特徴で、持ち運びはもちろん、1~2人暮らしの人にはおすすめです。

サイズ幅25cm/奥行29.5cm/高さ47cm
カラー3色( メタリックブラック・スカイグレー・カッパーブラウン)
水の容器水パック(セット位置:上)
使える温度冷水・ 温水
クリーン機能あり
月額費用1箱(4.7L×4):3,996円
2箱(4.7L×8):7,992円
電気代490~円
参考記事フレシャスってどうなの?特徴や評判からわかる注意点【2021年10月】
※月額費用=水の料金+レンタル料(送料無料)

クリクラ:クリクラ省エネサーバーS

クリクラ省エネサーバーS

クリクラ省エネサーバーSは従来のクリクラサーバーに比べ、電気代を55%もカットした、ウォーターサーバーです。

高性能フィルター「HEPAフィルター」を標準装備しており、いつでもおいしい水が飲めるようになっています。

クリクラボトルは、12Lと5.8Lを選ぶことができるので、女性や高齢者にもおすすめです。

1本から注文できるのですが、3ヶ月で6本未満の場合、レンタル料1,110円、初回金として7,700円がかかるので注意してくださいね!

サイズ幅27cm/奥行45.2cm/高さ53.8cm
カラー4色( アイランドブルー・オーガニックグリーン・ペールピンク・グレー)
水の容器水ボトル/つぶせる水ボトル(セット位置:上)
使える温度冷水・ 温水
クリーン機能あり
月額費用12L×1本(12L):1,460円
12L×2本(24L):2.920円
5.8L×2本(11.6L):1,720円
電気代756~円
参考記事ママに人気のクリクラにデメリットはあるの?口コミや評判を詳しく検証してみた
※月額費用=水の料金(送料無料)

ウォータースタンド:ナノラピア ネオ

ウォータースタンドの写真

ナノラピア ネオは、水道水を元においしい水を作る全く新しいウォーターサーバーです。

他のウォーターサーバーのように水を買う必要がないので、かかるのはレンタル料だけ!

水道水直結なので、ボトル交換に手間をかけたり、水のノルマを気にしたりすることなく利用することができます。

そのため、一般的なウォーターサーバーに比べてお得なことが多く、他のウォーターサーバーから乗り換える人が急増しているようです。

サイズ幅26cm/奥行50.5cm/高さ50cm
カラー1色( ホワイト)
水の容器なし
使える温度冷水・ 温水・常温水
クリーン機能なし(無料メンテナンスあり)
月額費用3,850円
電気代約859~円
参考記事浄水サーバーとは?ウォーターサーバーとの違いやおすすめ機種を紹介
※月額費用=水の料金+レンタル料(送料無料)

4.ウォーターサーバーを実際に利用した人の口コミ

実際にウォーターサーバーを使用している人の口コミを紹介します。

ウォーターサーバーを導入することで、「家事が楽になった」「いつでもコーヒーやあたたかいお茶が飲める」という前向きな意見がみられました。

一方で、「電気代が高くなった」「音がうるさい」という実際に使用してみないとわからない否定的な意見もあります。

実際の利用者の声を参考に、ウォーターサーバーが必要かどうか検討してみてください。

よい口コミ

普段の生活スタイルに馴染んでいるといった前向きな意見がみられました。

“評判と口コミのまとめ”

調査結果から伝えると、サントリーウォーターサーバーの口コミは以下のようなものがありました。

  1. 「家事が楽になった」
  2. 「ミルク作りに最適だった」
  3. 「飲み物代がかさまない」
  4. 「いつでもコーヒーが飲める」

あなたの生活スタイルと照らし合わせてみてもよいかもしれませんね!

家事が楽になった

こちらは、家事が楽になったという口コミです。

ウォーターサーバーを導入することで、おいしい水がいつでも飲めるので、飲料を作る手間が省けます。

冷蔵庫内もスッキリするので、一石二鳥ですね!

ミルク作りに最適だった

次は、ミルク作りに最適だという口コミです。

ウォーターサーバーを導入すれば、ミルク作りに適した70℃以上のお温がすぐに出てきます。

そのため、簡単に赤ちゃんを待たせることなくミルクを作ることができますよ。

飲み物代がかさまない

飲み物代がかさまないという口コミもありました。

ウォーターサーバーのなかには、月額費用が固定のものがあります。

どれだけ飲んでも月額費用は変わらないので、飲料にかけるコストを抑えることができます。

いつでもコーヒーが飲める

いつでもコーヒーが飲めるという口コミになります。

ウォーターサーバーなら、いちいちお湯を沸かす必要はありません。

お湯がすぐ出るので、コーヒーを飲みたいときはいつでも、気軽に飲むことができます。

よくない口コミ

解約理由にもある意見が多くみられます。

“評判と口コミのまとめ”

ウォーターサーバーよくない口コミは以下のようなものがありました。

  1. 「水が消費しきれない」
  2. 「水ボトルの交換が大変」
  3. 「音が気になる」
  4. 「解約金や電気代などのコストがかかる」

こういった意見を参考にウォーターサーバーを契約していただけると幸いです。

水が消費しきれない

水が消費しきれなかったという口コミです。

ウォーターサーバーのボトルを誤って多く注文し過ぎてしまうと、水が飲みきれないことがあります。

しかし、ボトルの本数は途中で変更することができます。

自分にあった適切な量を把握し、注文し過ぎないようにしましょう。

水ボトルの交換が大変

ボトル交換が重くて大変という口コミになります。

ウォーターサーバーの水ボトルは重いため、女性やお年寄りにとっては、交換が大変かもしれません。

しかし、なかには下置きタイプのウォーターサーバーや容量の少ない水ボトルもあります。

女性やお年寄りの方は、簡単に交換できるタイプのウォーターサーバーを避けましょう。

音が気になる

稼働音が気になるという口コミもあります。

ウォーターサーバーの駆動音をうるさいと感じる人もいるようです。

しかし、every frecious(エブリィフレシャス)やdewo mini(デュオミニ )のように静音設計のものもあります。

静音設計のウォーターサーバーであれば、寝室でも快適に利用できますよ。

解約金や電気代などのコストがかかる

最後は、解約金や電気代のコストが気になるという口コミです。

当然ですが、ウォーターサーバーを契約すると電気代はかかりますし、解約手数料も発生します。

しかし、お湯が使えるのでガス代が抑えることが可能です。

解約手数料についても、利用期間を過ぎれば払わなくて済む場合もあります。

ウォーターサーバーの電気代や解約手数料を把握し、契約しましょう。

まとめ

今回は、ウォーターサーバーが必要な人と不要な人、おすすめのウォーターサーバーや口コミを紹介しました。

ウォーターサーバーが不要なのは、以下に当てはまる人だといえるでしょう。

  • あまり水を飲まない人
  • お湯や料理に水をあまり使わない人
  • 水道水に特に不満を感じてない人
  • 水にコストをかけたくない人
  • スペースが取れない人

逆に、以下に当てはまる人はウォーターサーバーの導入を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 子育てで水を使う人
  • 水や白湯をよく飲む人
  • インスタント麺や家事の手間を省きたい人
  • 電気代などを節約したい人
  • 災害時のために水を備蓄したい

ご自身の生活スタイルや習慣によって、ウォーターサーバーが必要かどうか判断することができます。

以上の内容が、ウォーターサーバーを導入するか否かの判断基準に役立てば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます