きよまろをオススメしない3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

きよまろの浄水器を検討中ですね。

きよまろは安くて浄水能力が高い浄水器に思えるかもしれません。

しかし、実際にはもっと安くて浄水能力が高い蛇口型浄水器があります。

ここでは、きよまろをオススメできない理由を解説。さらには、きよまろよりも絶対にオススメできる蛇口型浄水器をご紹介していきます。

ぜひ参考にして下さい。

1.きよまろとは?

きよまろとは、仙台にあるダイト薬品株式会社が提供している蛇口型浄水器です。

2007年に発売されてから、10年以上も販売され続けています。浄水器本体が1,980円(税込)とかなり安いので、手軽に取り付けられることが特徴です。

しかし、他のメーカーの蛇口型浄水器と比較してみると、きよまろはおすすめできる浄水器とは言えません。

2.きよまろをオススメしない3つの理由

きよまろをオススメしないのは、以下の3つの理由があるからです。

  1. 浄水能力がそれほど高くない
  2. それほど安くない
  3. 信頼できるメーカーなのか心配

理由1.浄水能力がそれほど高くない

きよまろの浄水能力は他のメーカーと比較して高くないです。

表を大きくするにはこちら

まず、標準カートリッジが除去できるのは塩素のみです。

これでは、水道水のカビ臭の原因である2-MIBという物質が残ってしまうので、水道水臭さが取れないかもしれません。

また、高除去用のカートリッジでも、他のメーカーの浄水能力よりも低いです。

とくに、築30年以上の古い建物やアパート・マンションなどに住んでいる人は、この浄水能力ではちょっと心配です。

理由2.それほど安くない

きよまろは料金の安さをウリにしていますが、実際にはもっと料金が安い蛇口型浄水器があります

浄水器本体は1,980円と安いですが、カートリッジの料金が高いため、1年間を通して考えると他の浄水器よりも高くなってしまいます

理由3.信頼できるメーカーなのか心配

きよまろを販売しているダイト薬品株式会社は、浄水器協会の会員ではないです。

浄水器協会は、浄水器の信用を高めるために1972年に設立されました。現在では、東レやTOTO、パナソニックといった大手メーカーなど、56社が会員となっています。(2017年4月現在)

会員となっている企業は、浄水器協会の定めている規格に従って浄水器を製造しているので、一つの信頼できる基準となります。

大手の浄水器メーカーが浄水器協会の会員になっています。その一方で、ダイト薬品株式会社が会員になっていないのは少し不安です。

結論!きよまろはオススメしない

きよまろは、浄水能力がそれほど高くはないです。さらに、本体価格は1,980円でも、カートリッジの費用がたくさんかかり、年間費用は高くなるのでおすすめできません。

結論としては、きよまろよりも浄水能力が高くて年間費用が安い浄水器を選びましょう。

そこで私がおすすめするのは、パナソニックのTK−CJ12です。

ここからは、きよまろとパナソニックのTK−CJ12を比較しながら、おすすめするポイントを紹介していきます。

3.きよまろとパナソニックTK−CJ12を徹底比較

きよまろとパナソニックTK−CJ12を以下の3つのポイントに絞って比較していきます。

  1. 実質費用
  2. 浄水能力
  3. カートリッジの交換回数

(1)実質費用

きよまろよりもパナソニックTK−CJ12の方が年間費用が安いです。

価格が安い標準カートリッジと比較しても、TK−CJ12の方がお得です。

“きよまろの定期購入コースは安い?”

きよまろには通常よりも安い定期購入コースがあるのですが、それでも年間13,800円です。パナソニックTK−CJ12の方がお得です。

(2)浄水能力

きよまろよりもパナソニックTK−CJ12の方が浄水能力が高いです。

きよまろの高除去タイプは4種類の有害物質を除去できるのに対して、パナニックTK−CJ12は11種類の項目を除去できます。

(3)カートリッジの交換回数

きよまろよりもパナソニックTK−CJ12の方がカートリッジの交換回数が少なく済むので楽です。

きよまろは年に3~5回程度のカートリッジ交換が必要ですが、パナソニックTK−CJ12ならば年に1~2回で済みます。

結論!パナソニックTK−CJ12 を選ぶべき!

実質費用が安くて、浄水能力が高いことを考えるとパナソニックTK−CJ12で間違いありません。

さらに、カートリッジの交換が年に1~2回で済むのはパナソニックTK−CJ12だけです。

浄水器を使ってみて、意外に面倒で忘れてしまうのがカートリッジ交換です。

4人家族の場合でカートリッジは1回交換したら約9ヶ月間は交換不要です。蛇口につけるタイプで、こんなに楽な浄水器は、他にありません。

ここからはパナソニックTK−CJ12の購入方法をお伝えしていきます。

4.パナソニック浄水器TK−CJ12の購入方法

パナソニックのTK−CJ12は、スーパーや家電量販店、ホームセンターなど、さまざまなお店で購入することができます。

もちろん、amazon楽天などのネット販売でも手にいれることができます。

価格は、購入場所によって異なりが、8,000円前後を目安にしてください。

カートリッジの購入方法は?

TK−CJ12のカートリッジである「TK-CJ22C1」は、本体と同様にホームセンターやamazon楽天などで購入することができます。

価格の目安はだいたい7,500円前後を目安にしてください。

5.きよまろを使用中で困っている方はここを確認

最後に、きよまろについてよくある質問をまとめておきます。

“カスタマーセンター”

  • フリーダイヤル:0120-11-8916
  • 営業時間   :平日のみ(土日祝は休み)

定期送付サービスと単体購入ではどちらがお得?

きよまろのカートリッジを購入するときには、単体購入よりも定期送付サービスを利用する方がお得です。

ただし、定期送付サービスの場合には2年以内に解約すると解約手数料が発生するので注意が必要です。

定期購入の解約手数料はいくら?

解約金は、契約期間(24ヶ月)の残月数の半額が解約手数料となります。

もしAコース(4ヶ月に1度の送付)で口座引き落としを選択している場合の解約手数料は以下の通りです。

契約してからすぐに解約した場合には、解約手数料が高くなります。

契約は24ヶ月ごとに自動更新です。解約の際には忘れずにカスタマーセンター(0120-11-8916)に電話しましょう。

6.まとめ

きよまろは、浄水能力が低くて料金もそれほど安くはありません。

きよまろを選ぶならば、浄水能力が高くて年間費用が安いバナソニックTK-CJ12を選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*