料金を抑えるには?コストに満足できるウォーターサーバーのポイントとおすすめ機種

ウォーターサーバー 料金

ウォーターサーバーを利用するなら、できるだけ料金を抑えたいですよね。

ウォーターサーバーはメーカーや機種ごとに様々な特徴があるため、水の使用量などによっておすすめのサーバーは変わります。

そこで今回は、ウォーターサーバーの料金について詳しく説明した後に、料金を抑えるために大切なポイントやおすすめの機種を紹介していきますよ

あなたにとって便利で、料金面でも満足できるウォーターサーバーを一緒に探していきましょう。

“料金に満足できるウォーターサーバーをお探しの人へ”

たくさんのウォーターサーバーの利用料金を知りたいなら、『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年10月のおすすめはコレ!』の記事もおすすめです。

  • おすすめのウォーターサーバーランキング
  • ウォーターサーバーのメリットとデメリット
  • ウォーターサーバーの基礎知識

様々な機種の料金を比較しながら、納得のいくサーバーを探してください。

1.何があるの?ウォーターサーバーに必要な料金

ウォーターサーバーに必要な料金は、主に6種類あります

  1. サーバーレンタル代
  2. 水代
  3. 配送料
  4. 電気代
  5. メンテナンス料
  6. 初期費用・解約金などの手数料

詳しく確認していきましょう。

(1)サーバーレンタル料

ウォーターサーバーはメーカーから借りて利用する為、月々のレンタル料がかかる場合があります。

サーバーレンタル料は、メーカーや機種によって無料のところも多いため、確認した上で利用を検討すると良いでしょう

レンタル料が発生する場合の料金は、500円~1,000円程度が一般的です。

例えば、レンタル料500円のウォーターサーバーを利用した場合には、年間で6,000円になります。

もしも利用料金を少しでも抑えたい場合には、レンタル料無料の機種を選ぶのもひとつの選択肢となるでしょう。

(2)水代

利用料金の中で、大きなボリュームとなるのが水代です。

使えば使うだけ水代が増えていくので、料金はしっかり確認してから利用したいですよね。

ウォーターサーバーの水は、天然水・RO水・水道水の3種類あります。

それぞれの水の特徴と、目安となる料金を確認しておきましょう。

種類500ml当たりの水代特徴
天然水
※参考:プレミアムウォーター
約83円厳選された土地から採水したものを除菌処理した水。
RO水
※参考:クリクラ
約61円逆浸透膜(RO膜)システムで不純物や雑味を取り除いた水。
水道水約0.1円塩素やカルキなどで消毒された水。

《 ← 左右にスクロールできます →》

表を確認すると分かる通り、3種類の中では一番安いのが水道水です。

ウォーターサーバーで販売されている水の中では、天然水よりRO水の方が安い傾向にあります。

水の料金を抑えたいと考えるなら、「水道水<RO水<天然水」と覚えておくと良いでしょう。

(3)配送料

続いて、水を自宅に届けるための配送料についてです。

配送料は無料のメーカーが多い傾向にあります。

ですが、北海道や一部地域などに配送する場合には、別途料金が発生することもあるため、事前に確認するようにしましょう。

中でも、クリクラは全国配送料が無料となっているので、参考にしてください。

もしも配送料が発生するメーカーを利用する場合には、配送間隔をなるべく長くするなどで調整すると負担を軽減できるでしょう。

(4)電気代

メーカーに支払う月額料金とは別に、月々の電気代が発生します。

具体的な電気代は機種ごとに異なり、300~1,000円程度が一般的です。

電気代を少しでも抑えたいなら、省エネ機能が搭載されているサーバーを選ぶと良いでしょう。

機能は、手動でオンオフを切り替えるものと自動でモード切り替えをしてくれるものがあります。

ウォーターサーバーを探す際には、省エネ機能にも注目して選んでみてくださいね。

(5)メンテナンス料

一般的に、ウォーターサーバーは1~2年に1回程度のメンテナンスがありますが、ほとんどのメーカーでは無料の場合が多いです

ですが、別途でメンテナンス料が発生するメーカーもあります。

メンテナンス料が発生する場合には、10,000円程度かかることもあるので事前に把握しておいた方が良いでしょう。

メンテナンス料を見逃していると思わぬ出費となってしまうので、注意してくださいね。

(6)初期費用・解約金などの手数料

ここまで説明した料金の他にも、初期費用や解約金などの手数料が発生する場合があります

初期費用とは、初回金やサーバーの設置費用などのことで、無料としているメーカーも多いです。

解約金とは、契約期間内に解約すると発生する手数料のことを言います。

解約金は多くのメーカーで設定されているため、契約期間と具体的な料金は必ず確認しておきましょう。

金額は最低でも10,000円程度はかかるため、契約満了まで続けられそうなサーバーを探すことが大切です。

「ウォーターサーバーが気になっているけど、長く利用できるか不安だな…」という人は、解約金の設定がないクリクラを検討してみてください。

2.差はある?ウォーターサーバーとペットボトル・水道水の料金比較

ウォーターサーバーの利用を検討している人の中には、「ペットボトルや水道水より割高そう…」と感じている人もいるのではないでしょうか?

ここでは、ウォーターサーバーとペットボトルや水道水の料金を比較してみましょう

3種類の500ml当たりの価格を、以下の表にまとめました。

種類500ml当たりの水代
ウォーターサーバー
※参考:プレミアムウォーター
約83円
ペットボトル約50~100円
水道水約0.1円

3種類の中では、圧倒的に水道水が安いです。

ペットボトルは、スーパーやコンビニ、自動販売機など売っている場所によって価格に差があります。

料金を気にしている人は、安いペットボトルを購入していることが多いと思うので、ウォーターサーバーは高いと感じてしまうかもしれませんね。

ですが、ウォーターサーバーは水道水やペットボトルより利便性が高いです

ウォーターサーバーの水は水道水と違い、カルキや塩素の臭いを除去しているため、雑味のない美味しい水を飲むことができます。

そして、水ボトルは配達されるため、ペットボトルのようにお店から家まで重い荷物を運ぶ必要がありません。

さらに、レバーを引けば、冷水や温水をすぐに利用できます。

このような利便性の高さから、筆者はウォーターサーバーを手放せなくなりました。

一度使ってみれば、あなたもきっとウォーターサーバーの利便性に気付けるはずですよ。

3.具体的に見てみよう!ウォーターサーバーの月額料金内訳

ウォーターサーバーの料金を調べている人は、具体的な月額料金が気になっていますよね。

ここでは、家族構成ごとにどれくらいの料金がかかるのかを見ていきましょう

基本的に料金は水代によって変わるので、まずは家族構成ごとの飲用水の使用量を確認します。

家族構成使用量の目安
1人暮らし20L
2人暮らし30L
3人暮らし(大人2人、子供1人)36L
4人暮らし(大人2人、子供2人)48L

上記の水の使用量を目安として、今回はプレミアムウォーターの料金でシミュレーションしてみましょう。

機種は、レンタル料無料の「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」を想定して見ていきます。

また、水は12Lボトルでシミュレーションをするため、例えば1人暮らし(使用量目安20L)の場合には、20Lぴったりで購入することはできません。

実際に20L使用する場合には、12Lボトル2本の合計24Lを購入することになるはずですので、同様の考えで料金を算出します。

家族構成1人暮らし2人暮らし3人暮らし
(大人2人、子供1人)
4人暮らし
(大人2人、子供2人)
サーバーレンタル料0円
水代
(ボトル購入量)
3,974円
(12L×2本=24L)
5,961円
(12L×3本=36L)
5,961円
(12L×3本=36L)
7,948円
(12L×4本=48L)
配送料0円 ※一部地域では有料
電気代約500円 ※エコモード使用時
合計約4,474円約6,461円約6,461円約8,448円

《 ← 左右にスクロールできます →》

あなたの家族構成を元に、月額料金のイメージがわいてきたでしょうか?

1点注意が必要なのは、プレミアムウォーターの場合には注文数が1セット(2本)単位ということです。

そのため、表の2人暮らしの部分で記載しているような12Lを3本という購入はできません。

この場合には、1セット(2本)と2セット(4本)を毎月交互に注文する必要があります。

注文数のバランスをしっかりとることで、あなたの家族にとって必要な分だけの利用料金に抑えることができるので、覚えておきましょう。

4.料金を抑えよう!ウォーターサーバーに大切な5つのポイント

次は、ウォーターサーバーの料金を抑えるために、大切なポイントを5つお伝えします

  1. 水の消費量を知る
  2. ノルマなしのサーバーを検討する
  3. 無料の配送停止を利用する
  4. 省エネ機能を活用する
  5. 使い放題のサーバーを検討する

ウォーターサーバーの料金に満足できるようにしたいですね。

ポイント1.水の消費量を知る

あなたの家庭での、1ヶ月の水の消費量を知ることは大切です。

水の消費量を参考に、どのウォーターサーバーがより料金を抑えられるかがわかります。

例えば、メーカーによっては購入ノルマがあり、12Lボトル2本から配送という場合も多いです

月々に24Lも注文しなくてはいけないとなると、消費しきれないというケースも考えられますよね。

そういう場合には、シンプルウォーターのような購入ノルマのないメーカーを選ぶと良いでしょう。

逆に、家族の人数が多いなど水の消費量が多いため「水代がかさみそうで利用を迷っている」という人もいるかもしれません。

その場合には、ウォータースタンドのような水が使い放題のメーカーを選ぶと安心です。

あなたにとって納得できる料金で利用するために、水の消費量を把握した上で無駄のないサーバーを選んでください

ポイント2.ノルマなしのサーバーを検討する

特に、水の使用量が多くない場合にはノルマのないサーバーを検討すると良いでしょう

例えば、毎月12Lボトル2本が購入ノルマとして設定されている場合に、すべてを消費しきれないと少しずつ水が余ってしまいます。

購入ノルマがあるために、頑張って水を消費しようとするのは次第に負担となり、水代も無駄に感じてしまうでしょう。

水の使用量が少ない人は特に、検討しているメーカーに購入ノルマがあるのかどうかを確認してくださいね。

ポイント3.無料の配送停止を利用する

無料の配送停止というサービスを上手に活用することで、水代に無駄が発生しにくいです。

例えば、プレミアムウォーターの場合は「59日までなら無料で配送停止できる」という対応があります。

そのため、「少しずつ水が余っちゃって、来月は水の注文がいらないかな…」というときには、配送停止を利用しましょう。

そうすることで、「今月は水代がかからなかった!」という場合も出てくるかもしれませんね。

メーカーによっては、配送停止に手数料が発生するところもあるので、事前に確認しておきましょう。

ポイント4.省エネ機能を活用する

電気代を少しでも抑えるのに重要なのが、省エネ機能を活用することです。

例えば、クリクラでは「省エネサーバー」を利用すると、従来の機種よりも電気代を約55%削減できます。

具体的な金額で言うと、従来の機種が1ヶ月1,680円程度なのに対して、「省エネサーバー」は約756円です。

クリクラの場合、省エネ機能を使えば1ヶ月で924円の節約になり、年間では11,088円も電気代を抑えられます。

ですので、省エネ機能は上手に活用していきたいですよね。

省エネ機能の有無は機種によって異なり、手動でモードを切り替えるものから、自動で切り替えてくれるものまで様々です。

電気代を抑えたいなら、省エネ機能が付いているサーバーを選ぶと良いでしょう。

5.人気機種を厳選!料金が安いウォーターサーバー5選

それでは、人気機種の中から比較的料金が安いウォーターサーバーを5つ紹介します

  1. ウォータースタンド「ネオ」
  2. シンプルウォーター「エコパックサーバー」
  3. クリクラ「省エネサーバー」
  4. プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)
  5. ハミングウォーター「flows」

特徴を把握して、あなたにとって安く利用できるサーバーを見つけてくださいね。

それぞれのサーバーの詳しい説明に入る前に、月額料金を表にしてまとめました

メーカーウォータースタンドシンプルウォータークリクラプレミアムウォーターハミングウォーター
機種名ネオエコパックサーバー  省エネサーバー   スリムサーバーⅢ
(ロングタイプ)
flows
画像ウォータースタンド ネオ シンプルウォーター エコパックサーバークリクラ 省エネサーバープレミアムウォーター スリムサーバーⅢハミングウォーター flows
月額料金3,850円2,430円~2,920円~3,974円~3,300円

《 ← 左右にスクロールできます →》

料金やデザインなど、気になる機種をイメージしながら読み進めてみてください。

(1)ウォータースタンド「ネオ」

ウォータースタンド ネオ

ウォータースタンド「ネオ」は、水道直結型のウォーターサーバーです。

家庭の水道水を浄水するサーバーなので、レンタル料を支払えば水は使い放題となります

そのため、「水の消費量が多い」「水代を気にせずに利用したい」という人におすすめです。

また、気兼ねなく水が使用できることもあって、飲用水の他に料理などにも幅広く利用したくなりますよ。

「ネオ」の月額料金は、3,850円となります

具体的な料金は、以下を確認してください。

内訳料金
サーバーレンタル料3,850円/月
水代0円(水道代のみ)
電気代約500円/月
配送料0円(水の配送はなし)
メンテナンス料0円
初期費用9,900円
サポート料0円
解約金設置から1年未満で解約した場合、6,600円

《 ← 左右にスクロールできます →》

月々にかかる料金は、サーバーレンタル料と電気代というシンプルな内訳です。

契約から1年以内で解約すると、手数料が6,600円かかるということだけ覚えておきましょう。

(2)シンプルウォーター「エコパックサーバー」

シンプルウォーター トップページ

シンプルウォーター「エコパックサーバー」は、シンプルな機能のみを備えて使いやすさのあるサーバーです。

初回にウォーターサーバー代の15,180円を支払うシステムとなっているため、月々の利用料金は水代のみとなります。

また、ウォーターサーバー代はキャンペーンを利用することで無料になるため、料金負担の心配はいりません。

キャンペーンのタイミングで契約をすれば、とてもお得に利用を始めることができますよ。

シンプルウォーターの水の料金は、1箱が6Lパック3本入りで2,430円です

そして、購入ノルマはないため、月々の注文が1箱でも水を余らせてしまう…という場合には注文回数が減るため、利用料金も少なくなるでしょう。

その他にかかる料金は、以下の通りとなっています。

内訳料金
サーバーレンタル料0円
水代2,475円~(6L×3パック)
電気代約340円/月
配送料関東・北陸・信越・中部・近畿は0円
メンテナンス料1,711円(送料別)
※年に1回、タンク内を掃除する洗浄水の料金
初期費用初回金15,180円 ※キャンペーン時には0円
サポート料0円
解約金7,590円
※サーバー無料キャンペーンを利用時、解約までの注文数が16箱以下の場合

《 ← 左右にスクロールできます →》

シンプルウォーターは、年に1回メンテナンス料が発生します。

また、サーバー無料キャンペーンを利用した場合には、注文数が16箱以下で解約すると手数料がかかるので注意してくださいね。

(3)クリクラ「省エネサーバー」

クリクラ

クリクラが販売する水はRO水で、雑味や不純物を除去した飲み心地の良い水が利用できます。

また、「省エネサーバー」は従来のタイプよりも節電機能を向上させることで、使用しているだけで電気代を約55%削減させることが可能です。

従来の電気代が1ヶ月1,680円程度なのに対して、「省エネサーバー」は約756円とかなりの節約になります。

他にも省エネ機能が備わっている機種はありますが、「省エネサーバー」は使っているだけで自然に節電できるところがメリットです。

そのため、簡単に電気代を抑えたいという人におすすめとなっています。

「省エネサーバー」の月額利用料金は、水代とあんしんサポートパック料の3,380円からです。

料金の詳細を表で確認してみましょう。

内訳料金
サーバーレンタル料0円
水代2,920円~(12L×2本)/月
電気代約756円/月
配送料0円
メンテナンス料0円
初期費用7,700円
サポート料460円/月
解約金0円

「省エネサーバー」は、初期費用として7,700円が必要です。

一方、いつ解約しても手数料が発生しないという珍しい特徴もあります。

「とりあえずウォーターサーバーを利用してみたい」という人にとって、契約期間を気にせずに安心して利用を始められるメーカーですよ。

(4)プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」は、モンドセレクション2018優秀品質金賞を受賞した経歴のあるメーカーです。

天然水の評価が高く、厳選した5つの水の中から選べる種類の豊富さが魅力のひとつとなります。

今回紹介する「スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)」なら、サーバーレンタル料が無料で月額料金は3,974円からです

月額料金は水代のみですが、手厚いサポートを受けたいなら設置サービスなどの有料オプションをつけることもできます。

詳しくは、以下の表を確認してください。

内訳料金
サーバーレンタル料0円
水代基本プラン:4,233円~(12L×2本)/月
PREMIUM3年パック:3,974円~(12L×2本)/月
電気代約500円/月
配送料0円 ※一部地域を除く
メンテナンス料0円
※希望に応じて有料のクリーニングサービスあり
初期費用3,300円
※希望に応じて有料の設置サービスあり
サポート料オプションでプレミアム安心サポート(月額682円)あり
解約金基本プランで2年未満に解約した場合:10,000円
PREMIUM3年パックで3年未満に解約した場合:15,000円

《 ← 左右にスクロールできます →》

表を見ると分かる通り、解約金は契約プランによって異なります。

契約期間の長い「PREMIUM3年パック」は「基本プラン」より解約金が高い反面、水代が安いです

ウォーターサーバーを長く愛用する予定で、さらに機種の乗り換えも考えていない場合には「PREMIUM3年パック」を選ぶと良いでしょう。

(5)ハミングウォーター「flows」

ハミングウォーター

ハミングウォーター「flows」は、水道水をろ過して美味しい水を飲むことができるウォーターサーバーです

サーバー上部のタンクに水道水を注いで利用するため、特別な工事などは必要ありません。

そして、ウォータースタンドと同様に、水道水を利用するタイプのウォーターサーバーなので、水ボトルの購入は不要です。

月額料金は3,300円で、水の使用量を気にせずに利用できます

その他の料金は、以下の通りです。

内訳料金
サーバーレンタル料3,300円
水代0円(水道代のみ)
電気代約475円/月
配送料0円(水の配送はなし)
メンテナンス料0円
初期費用2,200円
サポート料0円/月
解約金2年以内に解約した場合、16,500円

水が使い放題のサーバーなので、利用料金はサーバーレンタル料と電気代のみです。

ですが、その他の料金として初期費用が2,200円発生することと、2年以内に解約した場合には16,500円の手数料がかかります。

月額料金は比較的シンプルですが、その他の手数料があるので納得した上で利用を検討しましょう。

まとめ

今回は、ウォーターサーバーの料金についてお話しました。

あなたにとってどのサーバーがより料金を抑えて利用できるかは、水の使用量を元に考えると良いでしょう。

購入ノルマがないところや、水が使い放題のメーカーなど、様々なパターンに合わせたサーバーを紹介したので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます