結局、ウォーターサーバーの値段はいくらなの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーターサーバーの値段って結局いくらかかるの?とお思いですね。

値段は、会社によって違うため困惑してしまいます。

契約すると、そのサーバー本体のレンタル料金以外に、水料金や電気代がかかります。そこで大切なのは、毎月かかるトータル費用と、その内訳を知っておくことです。

ここでは、ウォーターサーバーにかかる費用ついて解説。その上で、どんな人にウォーターサーバーが向いているか、一番オススメのサーバーを紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.ウォーターサーバーの費用

ウォーターサーバーを利用すると、水の料金のほかに、サーバーのレンタル料金や電気代などの諸費用がかかります。

「じゃあ、結局いくらかかるの?」という質問の答えは、会社によって異なりますが、ざっくりお伝えすると以下の通りです。

“毎月かかるトータル費用”

  • 主に二人家族(25L):3,200~6,000円程度
  • 主に四人家族(50L):6,000~10,000円程度

ここからは、毎月かかるトータル費用の内訳を見ていきます。

(1)水の料金

ウォーターサーバーはボトル単位で、水の料金が決まっています。

天然水:12Lボトル:月々1,000~2,300円
RO水  :12Lボトル:月々700~1,300円

ウォーターサーバーにはRO水と天然水がありますが、料金はRO水が安めです。

RO水とは、超微細フィルターでろ過した無味無臭のお水。天然水に比べると、おいしさの評判は良くありません。

(2)サーバー代(レンタル・購入)

レンタル料金は無料のメーカーが多いですが、月々500~1,000円が必要な場合もあります。

購入できるウォーターサーバーは、1~4万円ほど。ただし、一般的にはレンタルで利用します。

(3)電気代

一般的なウォーターサーバーの電気代は、月々1,000円程度。省エネサーバーだと、電気代が月々300円~800円程度です

(4)送料

ウォーターサーバーの送料は、無料の場合がほとんど。ただし配送する地域やボトルの本数によって送料が月々200〜1,000円程度かかる場合があります。

2.その他の費用

毎月かかる料金の他にも、初期費用や宅配休止手数料などが発生することがあります。

“その他の費用”

  • 初期費用:契約したときに払う費用(約3,000円)
  • 解約料 :規定契約期間より早く解約したときの手数料(5,000~10,000円
  • メンテナンス料:サーバーの定期検査費用(0~8,000円)
  • 休止手数料:宅配を休止するときの手数料(休止月800~1,000円)

3.ウォーターサーバーを使うべき人の3つの特徴

ウォーターサーバーを利用すると、毎月最低でも3,000円ほどかかります。では、どのような人が、ウォーターサーバーに向いているのでしょうか。

私が考えるウォーターサーバーに向いていると思うのは、とくに次のような人です。

  • とにかく快適さを求めたい人
  • すぐにお湯を使いたい人
  • おいしい水を飲みたい人

3-1.とにかく快適さを求めたい人

ウォーターサーバーがあると、いつでも冷水が飲めるので、冷蔵庫がペットボトルで埋まることも無くなります。

また、重たいペットボトルを定期的に買いに行く必要もありません。とにかく快適に、楽に生活したい!という人に向いています。

3-2.すぐにお湯を使いたい人

すぐにお湯が使えるのは、想像しているよりもずっと楽です。

私もウォーターサーバーを導入する前は、「ケトルで十分かな」と思っていましたが、使い始めると、ケトルを全く使わなくなったほど重宝しています。

朝の忙しい時間にコーヒーをパパッと用意できたり、赤ちゃんのミルク作りも楽になります。

3-3.おいしい水を楽しみたい人

ウォーターサーバーなら、全国の有名な天然水を楽しむことができます。

「おいしい水なら、浄水器で十分じゃないの?」と思うかも知れません。でも、ウォーターサーバーの水は浄水器よりもおいしいと自信を持って言えます。

浄水器でろ過した水は時間がたつと、どうしても水道水っぽさが出てしまいます。しかし、天然水は常温で飲んでもおいしい。実際私も、味の違いはわからないと思っていました。

でも、天然水を飲むようになってからは、浄水器がのお水が飲めなくなりました。それほど、1ヶ月も使うと天然水の美味しさが実感できます。おいしい天然水を手軽に楽しみたい人に、ウォーターサーバーはぴったりです。

3-4.こんな人には、おすすめしない!

ウォーターサーバーを利用すると、最低でも毎月3,000円ほどかかります。そのため、極度に料金が気になる人にはオススメできません。

安いウォーターサーバーもありますが、使い勝手が悪くストレスを感じることもあるため、オススメできません

せっかく、便利を求めてウォーターサーバーを使うのに、使いにくさで悩むのはちょっと避けたいですよね。

そこで、ここからはウォーターサーバーを契約するときに最低限チェックするべき3つのポイントを紹介します。

4.ウォーターサーバーを比較するときの3つのポイント

ウォーターサーバーは会社によって料金体系が違うため、比較が困難です。

失敗せずウォーターサーバーを選びたい人は、次のポイントを最低限チェックするようにしましょう。

  • 実質月額
  • ボトル交換の楽さ
  • メンテナンスの手軽さ

4-1.実質月額

ウォーターサーバーを利用すると、電気代や水料金がかかります。

料金を確認するときは、実際にかかる料金を合計した「実質月額」で比較するのが大切です。

4-2.ボトル交換の楽さ

満足して利用するためには、使いやすいウォーターサーバーを選ぶのが大切です。

とくに、ボトル交換の楽さは重要なポイント。12ℓボトルを持ち上げて交換するタイプは、かなり大変なので絶対におすすめしません。

4-3.メンテナンスの手軽さ

ウォーターサーバーには、自動でサーバー内を洗浄できるタイプがあります。メンテナンスが手軽にできるので、サーバー内を自動で洗浄できるモノを選びましょう。

上記の3つのポイントからおすすめのウォーターサーバーは以下の2種です。

5.おすすめのウォーターサーバー2つ

5-1.総合的にもっともおすすめ|フレシャスのslat

少し料金が高くても快適に使えるウォーターサーバーを選んだ方が、満足度は高くなります。

20種類以上のウォーターサーバーを見てきた私が最もオススメするのは、フレシャスのslatです。

なぜフレシャスのslatがおすすめなのか、理由は次の3つです。

・たくさん飲むほど、料金がお得になる
・使いやすさが抜群
・部屋においても馴染むデザイン

とくに、ボトル交換の楽さと、水の注ぎやすさは、圧倒的。他のどのウォーターサーバーよりも優れているので、間違いなくおすすめです。詳しく知りたい人は、slatについて解説している『フレシャスの最新機種「スラット」を選ぶべき6つの理由』をご覧ください。 

5-2.値段が気になる人におすすめ|コスモウォーターのらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス

料金が気になる人には、コスモウォーターのらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラスがおすすめ。

満足できる機能がありながら、天然水なら水の交換が楽にできるウォーターサーバーで最も安く利用できます。

また、RO水のウォーターサーバーでは、最安値

おいしさは天然水に劣りますが、安く利用したい人にはろ過水であるRO水がおすすめです。

どうしても安さで選びたい人は、コスモウォーターの「らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス」で間違いありません。

使ってわかった!コスモウォーター最新サーバーを選ぶべき5つの理由』で詳しく解説しているので、気になる人はぜひ参考にしてください。

まとめ

ウォーターサーバーにかかる費用についてご紹介しました。

サーバー代の他にも、水の料金や電気代などがかかります。そのため、料金を確認するときは、実質月額で比較するのが大切。

ウォーターサーバーの種類は、たくさんありますが、満足して使うためには、料金と使いやすさで選ぶのがポイント。

フレシャスのslatなら、間違いなく満足できる機能を揃えているので自信を持っておすすめです。料金で選びたい人には、コスモウォーターのらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラスがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*