ウォーターサーバーの解約金や最低利用期間は?人気の11社を一覧で比較!

ウォーターサーバーの解約金や最低利用期間は?人気の11社を一覧で比較!

ウォーターサーバーを導入したいと考えているけど、解約金がかかる場合があると聞くと不安ですよね。

大半のレンタルウォーターサーバーには最低利用期間が決められており、その期間内に解約すると解約金を支払う必要があります。

解約金を支払うリスクを減らすためには、解約につながる不安を契約前に減らしておくことが重要です

本記事では、人気のウォーターサーバー11社の解約金を一覧で比較しています。

また、ウォーターサーバーの解約金が発生する条件とよくある解約理由についても解説しているので、最後まで読むことで解約のリスクを減らすことができますよ。

解約金への不安をなくし、安心してウォーターサーバーを契約しましょう。

“長く利用できるウォーターサーバーを探しているあなたへ”

本記事を読まれている人には、こちらの記事『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年12月のおすすめはコレ!』もおすすめです!
  • 全50種から選んだおすすめウォーターサーバー
  • 選んで失敗したウォーターサーバーの特徴
  • ウォーターサーバーのメリット・デメリット

以上の内容を知りたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.知っておきたい!ウォーターサーバーの解約金と最低利用期間

契約期間と解約金の金額は、ウォーターサーバー会社によって異なり、解約金を設けていない会社もあります。

ウォーターサーバーを契約して後悔しないためには、契約前に以下の2点についてしっかり理解した上でチェックを行うことが重要です。

  • 解約金とは
  • 最低利用期間とは

では、1つずつ解説していきます。

解約金とは

解約金は、契約しているウォーターサーバー会社の設定した契約期間内に解約すると発生します。

解約金は違約金とも呼ばれており「スマートフォンの契約と同じ」と言えばピンと来る人も多いのではないでしょうか。

何年契約しているかによって解約金の金額が変わる場合や、最新機種のウォーターサーバーでは解約金の金額を高く設定している場合など、ウォーターサーバー会社により解約金の内容は異なります。

解約金の相場は、10,000円から20,000円前後と高額な金額設定をしている会社が多いです。

痛い出費となってしまうので、できる限り解約金を支払わないようにしたいですね。

最低利用期間とは

最低利用期間とは、ウォーターサーバー会社が「最低でもこのくらいの期間契約していてほしい」と定めている期間です。

最低利用期間よりも早く解約してしまうと、解約金が発生します。

各社により定めている最低利用期間は異なりますが、1年から2年が一般的で、長い場合で3年としている会社もあります

長い期間使い続けなければならないことが多いので、契約前にどのウォーターサーバーを選ぶかがとても重要です。

1年スパンでウォーターサーバー利用料金の計算をするなど、長期間の利用に向いているかどうかを考慮してから契約しましょう。

2.人気の11社を比較!各社の解約金と最低利用期間

契約前に解約金と最低利用期間の把握しておくことは、後悔しないために重要です。

しかし、ウォーターサーバーの公式サイトを1つひとつ見ていくのは大変ですよね。

そこで、人気のウォーターサーバー11社の解約金と最低利用期間を一覧表にしました。

  1. ウォータースタンド
  2. コスモウォーター
  3. フレシャス
  4. プレミアムウォーター
  5. サントリー
  6. キララ
  7. アクアクララ
  8. Locca
  9. スノーアルプス
  10. ワンウェイウォーター
  11. クリクラ

人気の11社の解約金と最低利用期間を見比べることができるので、各社の解約金が比較して理解しやすくなりますよ。

ウォーターサーバー会社解約金/最低利用期間
ウォータースタンド6,600円/1年
コスモウォーター・smartプラス:9,900円/2年
・ECOTTO:20,900円/3年
フレシャス・16,500円/1年未満
・9,900円/2年未満
プレミアムウォーター基本プラン:10,000円/2年
・スリムサーバーIII
・amadanaスタンダードサーバー
・スリムサーバー
基本プラン:20,000円/2年
・cado×PREMIUM WATER
・amadana グランデサーバー
・QuOL(キュオル)
ずっとPREMIUMプラン:15,000円/3年
・スリムサーバーIII
・amadanaスタンダードサーバー
・スリムサーバー
ずっとPREMIUMプラン:20,000円/3年
・cado×PREMIUM WATER
・amadana グランデサーバー
・QuOL(キュオル)
サントリー・1年未満/16,500円
・2年未満/9,900円
キララ・1年プラン:5,400円/1年
・2年プラン:14,040円/2年
・3年プラン:19,440円/3年
アクアクララ・通常プラン:6,600円/1年
・2年割プラン:11,000円/2年
Locca15,000円/3年
スノーアルプス19,800円/2年
ワンウェイウォーター・お掃除ロボット付ウォーターサーバー:15,400円/2年
・上記以外のウォーターサーバー:9,900円/2年
クリクラ・SMILEキッズ プラン:12,100円/1年
・新規契約プラン:12,100円/2年
・のりかえプラン:12,100円/2年

《 ← 左右にスクロールできます →》

解約金の最高額はコスモウォーターのECOTTOで、最安額はアクアクララの通常プランですね。

最低利用期間の最長は3年、最短で1年です。

ここからは、各ウォーターサーバー会社の解約金について詳しく見ていきましょう。

1.ウォータースタンド

ウォータースタンド【ネオ】

ウォータースタンドは、水道水直結タイプのウォーターサーバーです。

ウォータースタンドでは、以下の条件で解約金が発生します。

  • 設置から1年未満の解約:6,600円
  • 設置から1年未満の機種変更:9,900円

解約だけではなく、機種変更でも9,900円支払う必要があるので、機種選びはじっくりと行いたいですね。

2.コスモウォーター

コスモウォーター

コスモウォーターには「smartプラス」と「ECOTTO」の2機種があり、解約金は機種によって異なります。

コスモウォーターの解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • smartプラスの場合:9,900円/2年
  • ECOTTOの場合:20,900円/3年

機種により11,000円もの差がありますね。

ECOTTOは、ウォーターサーバーと電気ケトルが1つになった、従来のウォーターサーバーにはない機能を持ったウォーターサーバーです。

最低利用期間は3年と、ウォーターサーバー11社の中で一番長く、解約金も最も高額となっています。

ECOTTO契約を考えている人は、「3.トラブルを防ごう!よくある5つの解約理由」を読み、解約のリスクを少しでも減らしておきましょう。

3.フレシャス

フレシャス

フレシャスは、高機能とおしゃれなデザインで人気の高いslat(スラット)、slat+cafe、dewo(デュオ)など人気の機種を多く取り扱っています。

フレシャスでは、以下の条件で解約金が発生します。

  • 1年未満での解約:16,500円
  • 2年未満での解約:9,900円

1年未満での解約金が高額ですね。

フレシャスは、毎回決まった周期で水が配送されて来るのをお休みできる「スキップ制度」があります。

解約したい理由に多い「水の消費が追いつかないため解約」というパターンにはなりにくいと言えるでしょう

フレシャスのslatを契約した場合、9.3リットルの水ボトルが2本単位で注文可能で、配送周期を1週から4週間隔で選択できます。

仮に、最長の4週毎に配送設定していて、用事が重なり水の消費が追いつかないと判断したとしましょう。

その場合はスキップ制度を使い、次の周期に送られてくる水をストップできるのです。

スキップ制度をうまく使うと、8週に1度9.3リットル×2の水が届くのみなので、水の消費量が多くない人でも飲み終えることができますよ。

注意点は、2ヵ月連続でスキップすると休止手数料として1,100円の費用が発生してしまうことなので、気をつけてくださいね。

4.プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターでは他の会社と異なり、契約プランと機種ごとに細かく解約金が設けられています

プレミアムウォーターの解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • 基本プラン:10,000円/2年
    対応機種:スリムサーバーIII、amadanaスタンダードサーバー、スリムサーバー
  • 基本プラン:20,000円/2年
    対応機種:cado×PREMIUM WATER、amadana グランデサーバー、QuOL(キュオル)
  • ずっとPREMIUMプラン:15,000円/3年
    対応機種:スリムサーバーIII、amadanaスタンダードサーバー、スリムサーバー
  • ずっとPREMIUMプラン:20,000円/3年
    対応機種:cado×PREMIUM WATER、amadana グランデサーバー、QuOL(キュオル)

ずっとPREMIUMプランは、基本プランよりも水単価の金額を低く提供している分、最低利用期間の長い3年となっています。

ウォーターサーバーを契約するときには、レンタル代金と水代金の安さだけではなく、契約期間の長さもしっかりチェックしておきましょう。

5.サントリー

サントリー

サントリーのウォーターサーバーは、おいしい南アルプスの天然水を飲むことができるウォーターサーバーです。

サントリーでは、以下の条件で解約金が発生します。

  • 1年未満での解約:16,500円
  • 2年未満での解約:9,900円

ウォーターサーバーのよくある解約理由の1つに「水が口に合わない」というものがあります。

ウォーターサーバーで取り扱う水は事前に味見することができません。

実際に契約し、水が届いてから初めて水が口に合うか合わないかが分かります。

そのため、味に関する不安を持ったまま契約することになりますよね。

その点、サントリーが取り扱う水はスーパーやコンビニで販売されているように、味の質に定評がある「南アルプスの天然水」です。

味のイメージを事前に知ることができるので、水が合わないために解約というケースを避けられます

水への不安がある人はサントリーのウォーターサーバーを検討してみてください。

6.キララ

キララウォーター

キララのウォーターサーバーは、毎日サーバー内の環境を清潔に保てる「オートクリーンシステム」を搭載していることが特徴です。

キララのウォーターサーバーにおける解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • 1年プランの場合:5,400円/1年
  • 2年プランの場合:14,040円/2年
  • 3年プランの場合:19,440円/3年

契約したプランによって、解約金と最低利用期間が異なります。

契約期間が長いほど、水代金の単価が安くなるメリットがありますが、その分途中解約での解約金額も高くなってしまいます

月額料も他社よりやや高くなっている点にも注意が必要です。

月額料が高いと、解約の原因となってしまうので、事前に契約年数分の支払いトータルがいくらになるかを把握しておきましょう。

キララのウォーターサーバーは全体的にコストが高い一方で、衛生面のみならず再加熱機能やエコモードなどの機能が豊富で本体のデザインもよく、使い勝手がよいことも特徴です。

7.アクアクララ

アクアクララ

アクアクララのウォーターサーバーは、RO水を取り扱っていることが特徴です。

RO水は、不純物をすべて取り除いているため、赤ちゃんのミルク作りにも安心して使用することができます。

アクアクララにおける解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • 通常プラン:6,600円/1年
  • 2年割プラン:11,000円/2年

大半のウォーターサーバーは水の注文ノルマがあったり、配送周期の設定をしなければなりません。

しかし、アクアクララには水の注文ノルマも配送周期もありません

水が必要なときにだけ、都度注文することができるのです。

また、通常プランでは解約金が6,600円と、他社に比べて低い金額が設定されています。

水注文ノルマ分を消費できるか不安な人、先のことはわからないので契約期間が長いと心配な人はアクアクララがおすすめです。

1つ注意すべき点が、キャンペーンを利用して景品を受け取った場合は、解約金とともに景品代も支払わなければならないことです。

予想外の痛い出費とならぬよう、メモしておきましょう。

8.Locca

Locca

Loccaは、水道水を浄水して飲用する浄水型タイプのウォーターサーバーです。

Loccaにおける解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • 15,000円/3年

水道水を使用するため、水ボトルを購入する必要がありません。

月額料金は、サーバー代金、カートリッジ代金、配送料が含まれた定額制で、契約期間の3年間でかかるトータルの費用を簡単に計算できます。

そのため、契約後に「思ったより費用が高い」という解約リスクを避けることができますよ

Loccaのウォーターサーバーは、サーバー上部に設置してあるボトルに水道水を入れて使用します。

Locca

そのため、水を自分で補充しなければならず、また1ヵ月ごとにボトルを洗浄する必要があることに注意が必要です。

工事を入れてウォーターサーバーと水道管を直結させる「水道水直結タイプのウォーターサーバー」に比べて手間がかかることも覚えておきましょう。

Loccaの契約期間は3年と長く、解約金も15,000円かかります。

契約前に、しっかりとメリットと注意点を照らし合わせてから契約をしましょう。

9.スノーアルプス

スノーアルプス

スノーアルプスは、水道水を浄水して飲用する浄水型のウォーターサーバーです。

水道水を使用するため、残量を気にせずたっぷりと水を利用できることが魅力となっています。

スノーアルプスにおける解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • 19,800円/2年

月額料金はレンタル料とフィルター代金が含まれた定額制なので、毎月かかる費用を把握できることがメリット。

ただ、月額料金に含まれているフィルター代金とは別に、配送料2,200円と、契約時の初期手数料2,200円もかかるので、注意しておきましょう。

10.ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは、初期費用、レンタル料、配送料、メンテナンス料すべてが0円で、かかる費用は水代のみと、とてもコスパのよいウォーターサーバーです。

水代金も業界最安クラスの価格設定なので、費用を抑えてウォーターサーバーを利用したい人におすすめできますよ。

ワンウェイウォーターにおける解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • 9,900円/2年

コスパの高さに定評のあるワンウェイウォーターですが、注文ノルマがあることに注意しておきましょう。

ワンウェイウォーターで最安の水「プラスプレミアム」は、月に3箱以上の注文ノルマが設定されているのです。

1箱12リットル入りなので、一人暮らしの人にとっては多すぎると感じてしまうかもしれません。

水の消費が追いつかなければ、解約したいと感じてしまうのも無理はないでしょう。

水3箱の消費に不安がある人は、プラスプレミアム以外の水を検討してみることをおすすめします

プラスプレミアム以外の水は単価がやや高くなりますが、月の注文ノルマが2箱になるので負担を軽くすることができますよ。

11.クリクラ

クリクラ

クリクラは知名度の高いウォーターサーバーで、解約金がなかったことが人気の理由でした。

しかし、2021年4月より改定され、解約金が発生するようになったのです。

クリクラにおける解約金と最低利用期間は以下の通りです。

  • SMILEキッズ プラン:12,100円/1年
  • 新規契約プラン:12,100円/2年
  • のりかえプラン:12,100円/2年

公式サイトにはサーバーレンタル料が無料と記載されていますが、3ヵ月の水利用本数が6本未満の場合、1,100円のサーバー代金が加算されることに注意しておきましょう。

また、選ぶ機種により初回費用も発生します。

クリクラ4機種の初回費用を表にまとめました。

サーバー名クリクラサーバーLサイズクリクラサーバーSサイズクリクラFit(通タイプ)クリクラFit(再加熱タイプ)
初回費用0円0円2,200円4,400円

《 ← 左右にスクロールできます →》

使い方や機種の選び方によってはコストが上がる可能性があるので、契約前にしっかりと確認してくださいね。

3.トラブルを防ごう!よくある5つの解約理由

ウォーターサーバーを解約するとき、始めから解約金を払ってまで解約するつもりで契約をする人はいませんよね。

では、なぜ解約することになるのでしょうか。

じつは、「思いがけないトラブルが起きた」「こんなことになるとは思わなかった」など、予想もしていなかった出来事がきっかけで解約に至っているのです。

ここでは、ウォーターサーバーのよくある解約理由について紹介します。

解約理由をあらかじめ知っておくことは、後悔やトラブルを避けるために重要です。

よくある解約理由としては、次の5つが見られます。

  1. 水のノルマが多い
  2. お金がかかる
  3. 水ボトルの交換が大変
  4. 水が合わなかった
  5. 引っ越し

理由を詳しく見ていきましょう。

理由1.水のノルマが多い

水を毎月注文するノルマを設けているウォーターサーバー会社は多いです。

また、水の本数は決められていないけれど、水が1週から4週毎に届くように配送周期を設定しなければならない場合も多くあります。

自分がどのくらい水を消費できるのか計算せずに契約してしまうと、水を飲みきれずに余らせてしまい、解約につながってしまうのです。

一人暮らしなどで水を多く消費できない人や、外出が多くウォーターサーバーの利用する機会が少ない人には、以下のウォーターサーバーをおすすめします。

  • アクアクララ
    水の注文ノルマがなく、自分のペースで利用可能
  • フレシャス
    飲まない日が続く場合は注文を遅らせる「スキップ制度」がある(2ヶ月連続でスキップすると休止手数料が発生することに注意)

自分の生活の中で消費し切れる水はどれくらいなのか、しっかりと把握しておくことが重要です。

理由2.お金がかかる

想像していたよりも料金が高くついてしまい、解約に至るケースも多いです。

ウォーターサーバーのレンタルには、以下のような費用が発生します。

  • 水の月額料金
  • サーバー本体のレンタル料
  • 電気代
  • 配送料金(住んでいる地域にもよる)

他にも、サービスによっては水の注文ノルマがあったり、レンタル料金の高い最新機種を提供している場合があります。

メリットだけで契約する判断をせずに、それぞれのサービスがどのような料金体系を持っているのか把握しておくことが重要です。

また、継続して利用するうえで電気代も費用に大きく影響を与えます

契約しようとしているウォーターサーバーの電気代についても、公式サイトで確認しておくとよいでしょう。

電気代を抑える際は、省エネモード機能搭載のウォーターサーバーを選ぶことがおすすめです。

理由3.水ボトルの交換が大変

水ボトルをサーバー上部に取り付けるタイプのウォーターサーバーは、水ボトルの交換が大変です。

水の交換は1ヵ月に2〜3度行わなければならず、毎月これを続けることには大きな負担が伴います。

この大変さから解約してしまうケースも少なくありません。

そういった事態を避けるためにも、以下のように水ボトルの交換を楽に行うための工夫がされたウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

  • 水ボトルをサーバーの下部に取り付ける下置きタイプ
  • 12リットルがメインだった水ボトルの軽量化
  • 水の容器をボトルから軽量パックへ変更
  • 水道水直結型で、ボトルの交換そのものが不要なタイプ

力のない人でも交換がしやすい機種や水ボトルを選択することで、解約リスクを避けることができますよ。

理由4.水が合わなかった

水が口に合わないことで解約に至るパターンも多いです。その背景には以下のような理由が挙げられます。

  • 天然水は産地のよりミネラル成分が異なり、味も違う
  • 不純物を完全に取り除いたRO水は風味が弱い

ミネラル成分は、身体に欠かすことのできない大事な栄養分ですが、腸を刺激することにより腹痛などの体調不調を起こすこともあります。

天然水は産地によりミネラル成分の含有量が異なるため、自分の好みに合わない水に出会う可能性もあるのです。

水は毎日飲むものなので、おいしくないと感じながら飲見続けることは避けたいですよね。

水が口に合うかどうか心配な人は、サントリーのウォーターサーバーがおすすめです。

サントリーのウォーターサーバーでは「南アルプスの天然水」を飲むことができます。

南アルプスの天然水は、スーパーやコンビニでもよく見かける人気の水なので、契約前に味のイメージを知ることができますよ。

理由5.引っ越し

大半のウォーターサーバー会社では引っ越し先への配送料や、移設費用を無料で行っています。

しかし、引っ越し先がウォーターサーバー会社のサービスエリア外ならば、利用し続けることができません

そうすると、やむを得ず解約ということになってしまいます。

引っ越しによるリスクを避けるためにも、ウォーターサーバー会社の対応エリアを確認しておきましょう。

4.解約金の負担なし!乗り換えやお試しキャンペーンとは?

解約金のリスクを少なくするために時間をかけてウォーターサーバーを選んだとしても、実際の使用感は契約したあとにしか分かりません。

使用後に合わないことが分かって「解約したい」と思ってしまうのは、仕方のないことです。

そのため、解約を避けるための知識だけでなく、いざ解約することになった際に、負担する料金を下げるための方法を知っておくことが重要と言えるでしょう。

ここでは、以下の2種類のキャンペーンを利用し、解約金の負担を軽くするための方法について紹介していきます。

  • 乗り換えキャンペーンを利用する
  • 無料お試しキャンペーンを利用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

乗り換えキャンペーン

乗り換えキャンペーンは、他社からの乗り換えでキャッシュバックを受けることができるキャンペーンです。

高額のキャッシュバックを受け取ることができれば、解約金をすべて賄い、負担をなしにして乗り換えすることが可能です。

キャッシュバックを受けるには、利用期限と利用条件があるので、各公式サイトをご覧ください。

“乗り換えキャンペーンについて知りたいあなたへ”

当サイトでは、乗り換えキャンペーンをおこなっているウォーターサーバーについて詳しく紹介しています。

解約金の負担を軽減できるキャッシュバックが受けられる乗り換えキャンペーンについて知りたい人は、上記の記事も参考にしてみてください。

お試しキャンペーン

お試しキャンペーンは、契約する前に使用感を実際に確かめることができるキャンペーンです。

ウォーターサーバーの使い勝手や水が自分に合っているのかを確かめられるので、契約後に「思っていたのとは違った」という後悔を防ぐことができます。

ウォーターサーバーのある生活が自分に合っているのか、水をどのくらい消費するのかを実際に確かめられるので、解約金への不安がなくなるでしょう。

“無料お試しキャンペーンについて知りたいあなたへ”

当サイトでは、無料お試しキャンペーンをおこなっているウォーターサーバーについて詳しく紹介しています。

無料お試しキャンペーンの内容と、キャンペーンをおこなっているウォータサーバー各社の特徴を知りたい人は、上記の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

ウォーターサーバーのレンタルでは、各社が設定した最低利用期間があり、その期間内に解約すると手数料を支払わなければなりません

解約金の相場は、1万円から2万円と高額ですので、解約リスクが少ない状態で契約をすることを心掛けましょう。

解約リスクを減らすためには、よくある解約理由を知ることが重要です。

また、ウォーターサーバーによって解約金の金額と最低利用期間が異なります。

事前に解約理由の多いケースと、各社の解約金と最低利用期間を把握することで、長期で利用できるお気に入りのウォーターサーバー探しを進められるようになりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます