水道水がまずいっ!3つの原因と対策方法をお教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水道水は毎日飲むものなので、味が変だと不安になりますよね。

実は、水道水がまずいのは塩素だけの問題じゃないんです。ここでは、水道水がまずいときに考えられる3つの原因をお伝えします。

さらに、水道水をおいしく飲むための方法もお教えします。ぜひ、この方法を実践しておいしくて安全な水を飲みましょう!

1.水道水がまずい3つの理由

水道水がまずいのは、次の3つの原因が考えられます。

  1. 塩素が含まれている
  2. カビ臭(2-MIBやジェオスミン)が含まれている
  3. 貯水槽や水道管が汚れている

理由1.水道水には塩素が含まれている

水道水には、安全のために塩素が使用されています。

この塩素の濃度が高い水道水は、「カルキ臭」がしてまずいと感じるようになります。

理由2.カビ臭(2-MIBやジェオスミン)が含まれている

夏場になると水道水が臭くなると感じませんか?

それは、水道水に含まれる2-MIBやジェオスミンが原因かもしれません。

2−MIBやジェオスミンという物質の濃度が高いと「カビ臭」を感じることがあります。

この2-MIBやジェオスミンは、とくに気温が高い時期に多く含まれるようになります。これらの物質も水道水がまずくする一つの要因です。

理由3.水道管や貯水槽が汚れている

水道水がまずいのは、各家庭の蛇口に届けられるまでに水道水に有害物質が入り込んでいるからなのかもしれません。

たとえば、古い水道管を使っている場合には、水道水に鉄サビが溶け込んで「鉄の臭い」がついてしまうかもしれません。

また、マンションやアパートでは、水道水は一度貯水槽に水が入れられて、その後各家庭に供給されます。

この貯水槽が汚れている可能性もあります。実際に、貯水槽の管理をしっかりしていないと、不純物が入ったり、藻が発生したりしてしまいます。

この不純物が水をまずくしてしまっている可能性があります。

2.水道水をおいしく飲むための4つの方法

水道水がまずい3つの要因を踏まえて、水道水をおいしく飲むための方法を考えてみました。

手軽にできて、水道水をおいしく飲む方法は以下の4つです。

  1. 水道水を沸騰させる
  2. 水道水を冷蔵庫で1日保存しておく
  3. 水道水にレモン汁を入れる
  4. 浄水器をつける

結論から言うと、浄水器をつけるのが一番の方法です。なぜなら、水道水がまずいと感じる3つの原因のすべてに対処しているからです。

具体的な方法を順番に見ていきましょう。

方法1.水道水を沸騰させる

水道水は沸騰させてから飲むという家庭がほとんどです。

沸騰させることによって塩素は抜けます。ただし、水道水を沸騰させるときは、15分以上沸騰させ続けてください

水道水に含まれるトリハロメタンという有害物質が、沸騰させることによって一時的に増えてしまいます。

15分以上沸騰させることでトリハロメタンも減少するので、そこまで加熱し続ける必要があるということですね。

ちなみに、カビ臭の原因である2-MIBやジェオスミンは、水道水を沸騰させるだけでは除去されません。

方法2.冷蔵庫で1日保存しておく

塩素はじつは空気に触れるだけで勝手に抜けていきます。

水道水をペットボトルに入れて軽く振り、そこから半日〜1日くらい保存しておくと塩素が抜けます

ただし、完全に塩素を抜けるかどうかは微妙です。カビ臭も消えません。どちらかといえば、冷蔵庫で水の温度を下げて飲むことで水道水の味を感じにくくする方法です。

方法3.レモン汁を入れる

水道水にレモン汁を入れるのも有効です。

レモンのビタミンCが塩素と反応して塩素が抜けます。さらにレモンの香りでカビ臭なども感じにくくする方法です。

方法4.浄水器をつける

水道水をおいしくするには、浄水器をつけることが一番の方法です。

浄水器を設置すれば、カルキ臭・カビ臭の原因となる物質や水道水に入り込んでいる不純物を取り除くことができます。

また、おいしさだけでなく、安全な水を飲むことができるという安心感も浄水器をおすすめする理由です。

3.手軽に設置できるのは蛇口直結型浄水器がおすすめ

浄水器をつけるのは大変でお金がかかるというイメージがありませんか?

蛇口に直接つなぐ蛇口直結型浄水器ならば、本体も安くて簡単に設置することができます

本体とカートリッジを購入すれば自分で設置できます。蛇口に取り付けるので浄水器を置くスペースも不要です。

さらに、蛇口直結型浄水器なら本体価格も安いので、1年あたり1.5万円程度で利用できるものあります。

蛇口直結型浄水器を選ぶ3つのポイント

蛇口直結型浄水器はたくさんの種類があり、どこのメーカーを選べば良いか迷ってしまいますね。

蛇口直結型浄水器を選ぶときには、以下の3つのポイントを確認して下さい。

  1. メーカーが信頼できるのか
  2. 浄水能力
  3. 年間費用

ポイント1.メーカーが信頼できるのか

浄水器のメーカーはたくさんありますが、大手の電気メーカーや10年以上浄水器を扱っているメーカーにしましょう。

また、そのメーカーが浄水器協会の会員であるのかという点も、信頼できる会社なのかという目安になります。

ポイント2.浄水能力

せっかく浄水器をつけても、水道水に含まれる有害物質をしっかりと除去してくれる浄水能力がないと意味がないですよね。

浄水器の浄水能力は、13項目の有害物質をどれだけ除去できるのかで判断します。

とくに、水道水のカルキ臭やカビ臭の原因である塩素と2-MIBを除去できるのかどうかを確認しましょう。

ポイント3.年間費用

浄水器は、本体の購入費用とカートリッジの料金がかかります。

カートリッジは交換するたびに費用がかかりますので、長持ちして交換回数が少ないものを選びましょう。

蛇口直結型浄水器ならばパナソニックTK−CJ12で間違いなし!

蛇口直結型浄水器を選ぶ3つのポイントで見たときに、もっともオススメできるのがパナソニックの最新機種TK−CJ12です。

TK−CJ12は、大手電器メーカーであるPanasonic(パナソニック)の商品なので、故障などのトラブルが起こってもしっかりとサポートしてくれるので安心です。

浄水能力も高く、水道水をまずくする塩素や2-MIBやジェオスミンもしっかり除去してくれます。

さらに、カートリッジの交換が1年に1回〜2回で済むので、料金も抑えられます。

「水道水がまずい! 今すぐなんとかしたい!」という人は、パナソニックTK−CJ12を取り付けてみて下さい。

【おまけ】ウォーターサーバーを家に置いてみる

パナソニックTK−CJ12ならば、水道水をしっかりと浄水するのでおいしさや安全性は問題ありません。

しかし、

マンションや集合住宅で貯水槽の管理が心配・・・

どうせ浄水器を設置するんだったら、もっと美味しい水が飲みたい!

という人におすすめなのはウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーならキンキンに冷えた天然水がいつでも飲めます。普段はジュースを飲んでる子どもたちも水を飲むようになるかもしれません。

水をたくさん飲む健康的な生活を送れそうですよね。

さらに、いつでも温水が使えるので、コーヒーやインスタントスープもすぐに飲めるのでとっても便利なんです。

ウォーターサーバーについてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事を見てみてください。

ウォーターサーバーを48種比較してわかった1番おすすめはこれだ!

ウォーターサーバーとは?初心者にも分かる6の特徴と活用法

徹底比較|安いウォーターサーバーランキングTOP5はこれだ!

家庭用ウォーターサーバーを比較して分かった!おすすめはコレだ

まとめ

今回は、水道水がまずい原因や対策についてお伝えしてきました。

水道水をおいしくするためには、塩素や2-MIBやジェオスミンなどの物質はしっかりと除去しましょう。

今回紹介した中でも、おすすめの方法は、浄水器を取り付けることです。手軽に設置できることが特徴の、おすすめな浄水器はパナソニックTK−CJ12です。(詳しく知りたい方はこちら)

安心して、おいしい水道水を飲みたいという人は、ぜひとも参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*