超安心!注文ノルマなしのウォーターサーバーおすすめNo.1はコレだ!

注文ノルマなしウォーターサーバー

ウォーターサーバーを選ぶ時、注文ノルマがあるものとないもので迷う人は多いです。

「注文した分の水が飲めないかも…」「ペットボトルが溜まってきたら部屋の邪魔になりそう…」

注文ノルマがあるため、なかなかウォーターサーバーに手が出せないという人もいるのではないでしょうか?

注文ノルマがないウォーターサーバーなら、自分の飲む水の量に合わせて利用することが可能です。

この記事を読めば、自分の生活にあったウォーターサーバーを選ぶことができます。

ウォーターサーバーの注文ノルマが気になる人は参考にしてみてください!

1.おすすめの注文ノルマなしのウォーターサーバー

ウォーターサーバーを購入しても、水が飲みきれないとペットボトルが溜まってしまいます。

全50種類のウォーターサーバーを調査した私がおすすめの注文ノルマがないものを選びました。

私が選ぶ、注文ノルマがないおすすめのウォーターサーバーは「ウォータースタンド」です。

次にウォータースタンドについて詳しく説明していきます。

実際に50種類のウォーターサーバーを調査したものをみたい人は「全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2020年7月のおすすめはコレ!」を見てみてください。

1−1.ウォータースタンド

ウォータースタンド公式サイト

サイズ 幅26cm/奥行50.5cm/高さ50cm
初期費用 0円
月額料金 3,980円(税抜)
電気代 約500~円

ウォータースタンドは水道直結型のウォーターサーバーです。

水道直結型のウォーターサーバーなので、ペットボトルの水を購入する必要がありません

そのため、ペットボトルが溜まる心配や面倒なボトル交換も必要ないです。

ウォータースタンドをわかりやすく説明すると、浄水器とウォーターサーバーの良いところを合わせたものになります。

浄水器の役割である美味しい水を作り、ウォーターサーバーのように冷たい水やお湯も簡単に出せます。

ウォーターサーバーは設置したり、ペットボトルを保管する場所が必要ですが、そのような場所もいりません。

注文ノルマがないウォーターサーバーを利用したい人はウォータースタンドがおすすめです。

ウォータースタンドについてもっと知りたい人は「【体験レビュー】ウォータースタンドをコスパ好きの私が選ぶ5つの理由」を確認してみてください。

2.ウォーターサーバーの注文ノルマって何?

クエスチョンの画像

ウォーターサーバーの注文ノルマについてよく知らない人もいるでしょう。

そもそも注文ノルマは何なのか説明していきます。

注文ノルマとは、月に既定の数のペットポトル水を購入しなければいけないノルマです。

プレミアムウォーターの場合だと、月に12Lを2本購入しなければなりません。

注文ノルマはメーカーによって既定の数が違うので、利用する前に確認することをおすすめします。

注文ノルマがあるウォーターサーバーは月に決まった水の量を購入しないといけないということを覚えておきましょう。

3.注文ノルマなしのウォーターサーバーを選ぶメリット・デメリット

注文ノルマなしのウォーターサーバーはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

せっかくウォーターサーバーを利用するなら、自分に合っているのか確認しておきたいところです。

注文ノルマなしのウォーターサーバーのメリットとデメリットの順に紹介してきます。

3−1. 注文ノルマなしのメリット

注文ノルマなしのメリットを調査すると次の2つに集約されました。

“注文ノルマなしのメリット”

  • 自分のペースで水を購入できる
  • 飲まない時は費用を抑えられる

次に1つずつ説明していきます。

自分のペースで水を購入できる

注文ノルマなしのウォーターサーバーなら、自分のペースで水を購入することができます

「たくさん水を飲まないといけない」「水が余ったらどうしよう」

などの心配はいりません。

なぜかというと、水が必要になった時に注文することができるからです。

1人暮らしで水の消費が少ない人飲む量が変わる人は注文ノルマがないウォーターサーバーはあっているでしょう。

注文ノルマがないウォーターサーバーなら自分の飲む水の量に合わせて購入することができます。

飲まない時は費用を抑えられる

水の種類の画像

注文ノルマがないウォーターサーバーなら、水を飲まない時は、費用を抑えることができます

なぜかというと、水を飲まない時には余分に水を購入しなくても良いからです。

注文ノルマがある場合は、水が余っていても追加で運ばれてきますし、費用もかかります。

お金を払うだけでなく、ペットボトルを置くスペースも必要になってくるのです。

水を休止したいとなれば、連絡をいれる手間も出てきます。

注文ノルマなしだと、コストを抑えつつ自分の飲む量に合わせて水を購入することが可能です。

3−2. 注文ノルマなしのデメリット

次は注文ノルマがないウォーターサーバーのデメリットを紹介していきます。

調査すると、主なデメリットは2つに集約できました。

“注文なしのデメリット”

  • 水を購入する手間がある
  • レンタル費用が多めにかかる

次に詳しく説明していきます。

水を購入する手間がある

注文ノルマがないウォーターサーバーのデメリットの1つは水を購入する手間にあります

注文ノルマがあるウォーターサーバーなら、毎月決まった時期に水を持ってきてくれるメーカーがほとんどです。

けれど、注文ノルマがない分、水がなくなるたびに注文しなくてはいけません

水の注文を忘れてしまうと、一時的にウォーターサーバーが使えなくなります。

水を定期的に購入しないといけないデメリットが注文ノルマがないウォーターサーバーのデメリットです。

レンタル費用が多めにかかる

注文ノルマがないウォーターサーバーのデメリットの2つ目は、レンタル費用が多めにかかります

注文ノルマがない分、月額料金の内訳はレンタル費用が多めになっていることが比較的に多いです。

注文ノルマがある場合とない場合の料金内訳を見ていきましょう。

  注文ノルマあり 注文ノルマなし
サーバー代金 無料※有料の場合もあります 約1000円
水の代金 1000円〜2000円 注文次第
サポート料金 無料〜1000円 無料〜2000円

※メーカーによって違う場合もあります

  注文ノルマあり
【プレミアムウォーター】
注文ノルマなし
【アクアクララ】
サーバー代金 無料 無料
水の代金

1960円(12L)

※注文ノルマは2本

1200円(12L)

サポート料金 無料 1300円
月額目安 3820円(24L) 2500円(12L)

注文ノルマがあるプレミアムウォーターは一度の注文に対して2本購入しなければなりません。

注文ノルマがないものは、安心サポート料が多い場合もありますので、利用を始める前に確認しておくことが大切です。

4.注文ノルマがあっても配送スキップすることができる

キララのフレッシュウォーターサーバー

注文ノルマがあるウォーターサーバーでも配送スキップすることはできます。

配送スキップとは水が飲みきれなくて溜まりそうな場合、1ヶ月は水の配送を停止することができるサービスです。

1ヶ月、水の配達を延期することができれば、出張で2週間以上家を離れるなどの理由以外なら、基本的に余っている水を消費することはできます。

ただし、2ヶ月連続で配送スキップする場合は、休止料金という別料金がかかるので注意しましょう。

注文ノルマがあっても配送スキップをすれば水が溜まる心配も少ないです。

もし、注文ノルマがあるもので悩んでいる場合は覚えておいて損はありません。

まとめ

今回は注文ノルマなしのおすすめのウォーターサーバーについて説明してきました。

よく家を離れる人や、飲む水の量が減る可能性がある人は、注文ノルマがないウォーターサーバーを利用しましょう。

しかし、注文ノルマがない分、レンタル料やサポート料でコストがかかるので確認してから選ぶことをおすすめします。

ウォーターサーバーの中でも「ウォータースタンド」は水道直結型なので、飲みたい分だけ飲むことができます。

面倒なボトルの注文や交換をする必要がないので、気軽に美味しい水が飲めます。

ウォータースタンドが気になった人は確認しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます