クリクラの水って水道水なの?味や安全性を詳しく調査してみた

クリクラ水

「クリクラの水は水道水から作られている?」という話を聞いたことがありますか?

こんなことを聞くと、水道水なのに美味しいの?安全なの?と疑問に思ってしまいますよね。

ここでは、クリクラの水の味や安全性を徹底的に調査していきます。

結論から言うと、クリクラの水は、逆浸透膜(RO膜)システムを使い不純物を取り除いた安全で美味しいお水なのでとっても安心な水です。

では、さっそく見ていきましょう。

お客様満足度No.1のクリクラとは?

お客様満足度No.1と名高いクリクラは、水道水を利用した宅配水です。

しかしクリクラの水はただの水道水ではなく、不純物が取り除かれたRO水になります。

数多くあるウォーターサーバーの水には、RO水と天然水の2種類あるということを知っていますか?

RO水と天然水にはどんな違いがあるのか詳しくみていきましょう。

RO水と天然水の違い

RO水とは、水道水などの原水をRO膜というフィルターをつかって不純物を除去された水にミネラル分を添加されたものです。

つまり、人工的につくられた水ともいえます。

一方、天然水は特定の水源から採水された水をろ過・加熱殺菌を行った水です。

ろ過・加熱殺菌の処理を行っているので、不純物は排除され天然のミネラルが含まれています。

RO水と天然水では、安全性でいえばどちらもかわりありません。

徹底的に純度の高い水がいいという人はRO水天然のミネラルを含んだ水が飲みたいという人は天然水を選ぶといいでしょう。

主なウォーターサーバーの水の種類はこちら!

※どれがいいのか迷ってしまう人は、『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2020年5月のおすすめはコレ!』も参考にしてみてください。

まずいって本当?クリクラの水の特徴

クリクラのイメージ画像

クリクラの水は、まずいという噂を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

本当なのか気になりますよね。

クリクラの水は、水道水を逆浸透膜システムを使ってろ過したものにミネラルを入れた水です。

なので、ミネラルが豊富な天然水に比べると味が劣ってしまうのは仕方ないかもしれません。

しかし、クリクラには天然水と違った特徴があるのでみてみましょう。

特徴1.逆浸透膜システムを採用

クリクラRO膜システム

クリクラは、最先端技術でもある逆浸透膜(RO膜)システムを採用しています。

逆浸透膜システムとは、0.0001ミクロンのフィルターを使い小さな化学物質までもしっかりと除去することができます。

一般の浄水器に比べると1000〜10000倍のろ過精度とされているので、余計なものが入っていないというわけです。

特徴2.ミネラル成分を配合

逆浸透膜システムで不純物を取り除かれた水は、「何もはいっていないということは飲むメリットがない?」と思ってしまいますよね。

クリクラの水には、フィルターを通したあと以下のミネラル分を添加しているのです。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • カリウム

ミネラルをバランスよく配合することで、口当たりのいい軟水になります。

なので水道水とは違い、少し飲みやすく感じるでしょう。

クリクラの水は安全なの?

女の子が水を飲んでいる様子

子どもがいる家庭では特にクリクラの水が安全なのか気になりますよね。

水を入れているボトルもリサイクルされていると、衛生的に大丈夫なのか不安という人も多いのではないでしょうか。

クリクラの水は、徹底した管理のもと検査やボトルの洗浄処理をおこなっています。

それでは、クリクラの水が安全といえる理由を詳しくみていきましょう。

理由1.世界基準の衛生管理システム

クリクラの水を作りあげる工場(住之江工場)では、厚生労働省のHACCP(総合衛生管理製造過程)の認証を得ています。

HACCPシステムは、最終検査だけでなく原料の入荷から出荷までのすべての工程を監視、記録することで微生物や異物の混入を未然に防ぐ方法です。

このシステムによって不良品の出荷を未然に防げるので安心して利用することができるでしょう。

また、HACCPシステムは食品の衛生管理に関する手法ですが、初めて宅配水業界で導入されたのがクリクラです。

理由2.原水は法的基準をクリア

クリクラの原水の水質は、以下の基準をクリアしたものになります。

・食品衛生法で定められている基準に適合していること
・水道法で定められている基準に適合していること
・取水地が放射能で汚染され、基準値から逸脱しないこと

引用:クリクラ・ノースランド

クリクラの原水は、このような法的基準をクリアしているものなので安全性は保証されています。

また、専門機関で定期的に放射能検査も行われており、公式サイトで放射能測定結果報告がきちんと記載されているので信頼性は高いでしょう。

理由3.全国の産院でも使われている

クリクラ設置 産院数

クリクラは、全国で560もの産院で利用されています。(2018年3月現在)

妊産婦さんが直接口にするお水は、安心安全のお水がいいですよね。

クリクラが産院に無料提供しているのですが、数多くの産院で飲まれるほど安心のお水といえます。

クリクラの水を飲んだ人の口コミ・評判

実際にクリクラを利用している人の口コミや評判は信頼できますね。

一度飲んでみないとわからないということも多いので、こちらの口コミや評判も参考にしてみてください。

口コミ1.美味しい

口コミを見てみると美味しいという人の方が多かったです。

ミネラル成分の少ない軟水は、日本人には飲みやすいでしょう。

口コミ2.水道水とは違う

クリクラの水を飲んでいる人は、水道水と比べると全然違うようです。

水道水の不純物はしっかり取り除かれているので、水道水よりも味は保証されています。

口コミ3.まずい

ミネラル成分を添加しているクリクラの水は、飲みにくく感じる人もいるようです。

使っていて味に違和感がある場合は、サーバーにも原因があるかもしれないのでサポートセンターへ相談してみるといいでしょう。

よくある質問

最後にクリクラに関してよくある質問を3つ紹介します。

クリクラを申し込もうと思っている人は、こちらもチェックしておきましょう。

Q1.クリクラの値段はいくら?

クリクラはサーバーレンタル料が無料なので、お水代だけで利用することができます。

クリクラボトル1本(12L)で1,328円(税抜)です。

しかし、3ヶ月で利用本数が6本未満の場合は、サーバーレンタル料が1,000円/月(税抜)かかります。

他社のサーバーと比較してみるとボトル代1本あたりでは少し高めですが、月額の合計は安くなります。

会社名
(商品名)
クリクラ
(クリクラサーバー)
アクアクララ
(アクアスリム)
商品画像クリクラ ウォーターサーバーアクアクララ アクアスリム
サーバー
レンタル料
0円0円
ボトル代
(12L)
1,328円1,200円
あんしん
サポート
419円910円
月額合計3,075円3,310円

※1 すべて税抜表示
※2 クリクラの安心サポートは任意
※3 月額合計=サーバーレンタル料+ボトル代(12L×2本)+あんしんサポート料

Q2.冷たくない場合はどうしたらいい?

もしクリクラの水が冷たくない場合が考えられます。

  • サーバーのコンセントが抜けている
  • 一度に大量に冷水を使った

この2点に当てはまらない場合は、ウォーターサーバーが故障しているかもしれないので、契約店に連絡してください。

Q3.どうやって水は配達されるの?

クリクラの水の配達方法は、レギュラーパックとオーダーパックの2種類から選ぶことができます。

【レギュラーパック】

クリクラ 配送方法

  • 地域の契約店のスタッフが直接お届け、空ボトルを回収
  • 配達日が決まっている
  • 届け時間の指定はできない(不在でも受け取り可)
  • 2種類のコースがある
    定期コース:決められた本数を決められた曜日にお届け
    注文コース:必要なときに必要な本数を注文

【オーダーパック】

クリクラ 配送方法

  • 電話やメール、FAXで注文
  • 宅急便で納品、空になったボトルを回収
  • 全国配送

大きな違いは、不在時にも置いておいてくれるのかという点です。

家にあまりいないという人は、不在でも受け取り可能な【レギュラーパック】の方が便利でしょう。

また、地域に契約店がない場合は必然的に全国配送している【オーダーパック】になります。

まとめ

クリクラの水は、水道水を逆浸透膜システムを使って不純物を取り除き綺麗にろ過されたものです。

ミネラル成分をあとから配合しているので、天然水と比べると味は劣ってしまうでしょう。

しかし、安全面ではしっかりと保証されているので安くウォーターサーバーを使いたいという人にはおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください