ウォーターサーバーの仕組みはどうなってるの?内部の仕組みを徹底解説!

ウォーターサーバー仕組み アイキャッチ

ウォーターサーバーの内部ってどういう仕組みで水を冷水や温水にしているか気になりますよね。

実は、ウォーターサーバーの内部には冷水・温水の2つのタンクに分かれていて、その中で冷やしたり温めたりしています。

今回は、ウォーターサーバーの内部の仕組みや、ウォーターサーバーの水の使い道など余すことなく解説していきます。

もしウォーターサーバーの導入を検討しているなら、契約する前に疑問や不安を解消しておきたいですよね。

この記事を読めば、ウォーターサーバーの内部の仕組みの全てがわかるでしょう。

本記事がウォーターサーバーを自宅に導入するきっかけになれば幸いです。

1. ウォーターサーバーが冷水・温水を作る仕組みについて

ウォーターサーバーの写真

ウォーターサーバーは冷水や温水をどのようにして作っているのか気になりますよね。

メーカーによって異なりますが、基本的にウォーターサーバーの内部は冷水用と温水用のタンクに分かれていて、その中で水が冷やされたり、温められています。

温水を作る方法は基本的に1つです。

“温水を作る方法”

  • 金属棒式

次に冷水を作る時に使われている方法は2種類あります。

“冷水を作る2つの方法”

  • コンプレッサー式
  • 電子式

次に1つずつ説明していきます。

1−1. 温水を作る金属棒式

冷水を作る方法は主に2種類ありますが、温水を作る場合は金属棒式がほとんどです。

金属棒式は、温水タンクの内部に内蔵されている金属製の棒を加熱してお湯をつくります。

電気ポットも同じようなシンプルな仕組みで水を温めています。

タンクの中の温水はメーカーによって少々異なりますが、平均で90°C近いので、インスタントラーメンやコーヒーを手軽に作ることが可能です。

従来のウォーターサーバーは、水が冷水タンクを通過した状態から温水タンクに移動する仕組みになっていたので、お湯になるまでの時間や消費電力に無駄がありました。

しかし、現在のウォーターサーバーは温水・冷水のタンクが分けられているので時間・消費電力が削減できて、さらに便利になっています。

1−2. 冷水を作るコンプレッサー式

冷水を作るコンプレッサー式とは、圧縮機を使って冷媒ガスを圧縮・循環させて、気化熱を利用して冷却する方法です。

エアコンや冷蔵庫にもコンプレッサー式の技術が用いられています。

特徴としては、冷却性能が高く、短時間で水を冷やすことができます。

デメリットとしては、電気代は次に紹介する電子式より多くかかってしまう点です。

“気化熱って何?”

気化熱とは、液体が気体になる、つまり蒸発する時に吸収する熱のことで蒸発熱とも言います。

例えば、お風呂上がりに濡れたままだと、身体が冷えますよね。

これも気化熱が関係しています。

身体についた水滴が蒸発する時に気化熱が発生しているからです。

また、アルコールは水よりも蒸発しやすいので気化熱の効果が高まります。

アルコールを染み込ませたシートで腕を拭くとひんやりするのも気化熱によるものです。

1−3. 冷水を作る電子式

電子式の仕組みは、ペルチェ素子というモジュールが冷却タンク内に設置されています。

そこに電気を通すことで水が冷却される仕組みです。

特徴としては、冷やすのに時間はかかりますが、コンプレッサー式と比べると、消費電力を抑えることができます。

2. ウォーターサーバーの内部クリーン機能の仕組み

これまで、ウォーターサーバーの水を温めたり、冷やしたりする仕組みについて解説してきました。

ウォーターサーバーには、このほかにも内部クリーン機能というものがついている機種があります。

内部クリーン機能はどのような仕組みになっているのかを次に紹介していきます。

“内部クリーン機能って何?”

内部クリーン機能とは、自動でウォーターサーバー内を綺麗に保ってくれる機能です。

そのため、自分でメンテナンスする手間を省くことができます。

メンテナンスが不要なウォーターサーバーが気になる人は、「メンテナンスが面倒だと思う人にぴったりなウォーターサーバーはコレ!」も合わせて確認しておきましょう。

内部クリーンには2つの機能があり、それぞれ違う役割を担っています。

“内部クリーン機能の2つの役割”

  • 温水を循環させて殺菌
  • 空気中の雑菌の進入を防ぐ

次に1つずつ説明していきます。

2−1. 温水を循環させて殺菌

内部クリーンによる1つの役割は、温水を循環させてウォーターサーバー内部を殺菌することです。

マムクラブ加熱クリーン

プレミアムウォーターという、ウォーターサーバーにもこの機能がついていて、「加熱クリーンシステム」と呼ばれています。

ウォーターサーバーを利用する場合、内部の状態まで把握するのは難しいので、このように自動で内部を掃除してくれる機能がついていると衛生面でも安心ですね。

2−2. 空気中の雑菌の進入を防ぐ

2つ目の役割としては、空気中の雑菌がサーバー内に侵入するのを防ぐものです。

外気にはホコリや菌が蔓延していますが、特殊なフィルムで雑菌が防ぐようになっています。

「クリーンエアシステム」、「エアフィルター」などと名称はメーカーによって異なります。

コスモウォーターのsmartプラスというウォーターサーバーに内蔵されている機能の1つで、独自の特許技術でサーバー内を綺麗な状態を保ってくれます。

3. ウォーターサーバーの水の温度について

ここまで、読んでくれた人ならウォーターサーバーの内部のことを理解できたと思います。

では、ウォーターサーバーの冷水・温水はどれくらいの温度なのか疑問になる人もいるでしょう。

ウォーターサーバーの平均温度を表しているのが次の表です。

温水 約80°C〜90°C
冷水 約5°C〜10°C

冷水は、冷蔵庫で冷やした水ぐらいの冷たさで、温水は沸騰する直前ぐらいの温度です。

ウォーターサーバーの水の温度は上の表に近い温度ですが、上手に活用すれば少しは調整することも可能な機種があります。

温度を上手に調整して、利用したいという人のために解説していきますね。

エコモードで少し低めの温度になる

ウォーターサーバーにはエコモードという、節電できる機能がついている機種があります。

通常モード 80°C〜85°C
エコモード 約65°C

上の表のように、エコモードをONしておけば、温水は少し低めの設定に変更されます

しかし、飲みたい温度を設定して出すことができるウォーターサーバーはありません。

50°C前後の水を飲みたい場合は、お湯を冷ますか、お湯と冷水を混ぜて工夫する必要があります。

スラットカフェなら常温水機能がついている

スラット

フレシャスのスラットカフェというウォーターサーバーには、温水・冷水だけでなく、常温水も飲める機能がついています。

冷たい水を飲むとお腹を冷やしてしまうから、できる限り常温のものを飲みたいという人におすすめです。

そのような人は、常温機能つきのウォーターサーバーを検討してみましょう。

サントリーは弱冷・弱温機能がついている

サントリーの天然水サーバーは冷水2段階、温水2段階の調節が可能なウォーターサーバーです。

冷水
通常モード(4〜9°C) 弱冷モード(12°C〜15°C)
温水
通常モード(85°C〜92°C) 弱温モード(70°C〜75°C)

飲み物の温度にこだわりがある人にはおすすめです。

弱冷・弱温モードがあるので、自分の飲みたい温度に近いものが飲めます。

4. 本当に便利なの?ウォーターサーバーの使い道!

コップに水が入った画像

最後にウォーターサーバーを自宅で利用すれば、どのような使い道があるのか紹介していきます。

どういった場面で活躍してくれるのかわからない人もいるでしょう。

なので、ウォーターサーバーの3つの使い道を紹介していきます。

“3つの使い道”

  • インスタントヌードル
  • コーヒー
  • 赤ちゃんのミルク

次に1つずつ説明していきます。

4−1. インスタントヌードル

ウォーターサーバーの温水の温度は90°C前後ですが、問題なくカップヌードルを作ることができます。

熱さにこだわりたい人はやかんや電気ポットを利用することをおすすめしますが、仕事終わりなどで早く食事を済ませたい人なら、待ち時間がほぼ0で手軽作れるのでとても便利です。

今まで、水をやかんに入れて電源をつけて、インスタントラーメンを作っていたのが、ウォーターサーバーがあれば、ボタン1つで作ることができます。

4−2. コーヒー

コーヒー

コーヒーをいれる時もウォーターサーバーのお湯が活躍します。

ホットコーヒーが飲みたくなっても、わざわざ電気ポットでお湯を作る必要がなくなるからです。

温水の温度はちょうどコーヒーに適した温度なので、味も香りも格別です。

急な来客があっても、手軽に対応することができるので今よりずっと便利になります。

4−3. 赤ちゃんのミルク

ウォーターサーバーの水は赤ちゃんのミルクを作るときにも活躍します。

基本的に赤ちゃんのミルクを作るとき、やかんや電気ケトルでお湯を沸かした後、冷まして作ることが多いでしょう。

ウォーターサーバーがあれば、お湯を入れて次に、冷水を少し入れてあげればちょうど良い温度のミルクを作ることができます。

まとめ

今回はウォーターサーバーの内部の仕組みについて解説してきました。

ウォーターサーバー内では、水を温めたり、冷やしたりするだけでなく、内部クリーン機能など様々な機能が備わっています。

すぐにお湯や冷たい水を出すことができ、今より生活が便利になるのは間違いないでしょう。

自宅でウォーターサーバーを導入するきっかけになれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます