水道水直結型のウォーターサーバー |契約前に知っておくべき全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水道水につなぐタイプのウォーターサーバーを検討していますね。

水道水直結型のウォーターサーバーは、きれいな水が使い放題で、面倒なボトルの設置などを行わなくて良いことが大きなメリットです。

そのため、「水をたくさん使う家庭」や「従業員・来客が多いオフィスや店舗」にはおすすめです。

ここでは、水道直結型ウォーターサーバーの特徴や注意点を徹底解説していきます。その上でおすすめの機種も紹介。ぜひ参考にして下さい。

1.水道水直結型のウォーターサーバーとは

水道水直結型のウォーターサーバーとは、水道水を浄水させて使うウォーターサーバーです。

仕組みとしては、まず水道の元栓にパイプに連結させます。

水道管に連結したパイプは、壁ぎわや天井をつたってウォーターサーバーにつなぎます。

延長パイプが届く範囲ならばどこでも設置できます。

これらの作業はすべて専門業者がやってくれるので安心です。

2.水道水直結型ウォーターサーバーはこんな人におすすめ!

水道水に直接つなぐウォーターサーバーは、以下の人におすすめです。

  • 水を1日2L以上飲む
  • ボトルの受取・設置・交換が面倒だ
  • 水の安全性が気になる

とくに、「4人家族以上」や「5人以上従業員がいるオフィス・店舗」は、普通のウォーターサーバーを利用するよりも費用は安く抑えられます

おすすめしない人の4つの特徴

一方で、こんな人にはおすすめしません。

  • おいしい天然水が飲みたい
  • 水をほとんど飲まない
  • 水を引っ張ってこれない
  • 契約期間は短いほうが良い

ここからは、水道水直結型のウォーターサーバーの特徴や注意点をご紹介していきます。

3.水道水直結型ウォーターサーバーの特徴

水道水直結型のウォーターサーバーには以下の特徴があります。

  1. 金額を気にせず水が飲める
  2. 面倒なボトルの受取・設置・保管が不要
  3. 安心して飲める水のきれいさ

特徴1.金額を気にせず水が飲める

水道水直結型ウォーターサーバーは、定額制なので金額を気にせずに好きなだけ水を飲むことができます。

毎月50L以上の水を飲む場合には、一般的なウォーターサーバーよりも圧倒的に安くなります

特徴2.面倒なボトルの受取・設置・保管が不要!

水道水直結型ウォーターサーバーは、ボトル型ウォーターサーバーのようにボトルの受取・設置・保管が不要です。

従来のウォーターサーバーは、水が無くなれば新しい水のボトルを設置しなければなりません。

また、配達された水を受け取り、使うまで大きなボトルを保管しなければいけませんでした。

水を受け取る手間とやボトルの設置・保管場所が不要になるので便利です。

特徴3.安心して飲める水のきれいさ

水道水直結型ウォーターサーバーは、ウォーターサーバーの中にろ過システムが搭載されています。

このろ過システムが水道水に含まれている細かな不純物を取り除いてくれるので、安心して飲める水のきれいさを実現しています。

4.水道水直結型ウォーターサーバーの残念なところ

水道水直結型ウォーターサーバーには、以下のような残念なところもあります。

  1. 設置できない場所がある
  2. 水を少量しか使わないなら損!
  3. サーバー移動させるのにも費用がかかる
  4. 解約手数料が高い

設置できない場所がある

水道水直結型ウォーターサーバーは、場所によっては設置できない場合があります。

たとえば、給湯室がないオフィスなどはウォーターサーバーにつなぐ水道自体がないので、そのような場合には設置できないことも。

しかし、前述したように水道水がある環境ならば延長ホースをつかって水を引っ張ってくることは可能です。

少量しか使わない場合は損!

水道水直結型ウォーターサーバーは定額なので、少量しか使わない場合はボトル型のウォーターサーバーを利用する方が安くなります。

目安としては、月50L以下しか使わない場合には損です。

逆に、「5人以上従業員がいるオフィス・店舗」や「4人家族以上の家庭」では水を月に50L以上使う可能性が高いのでお得になります。

初期費用がかかる

水道水直結型ウォーターサーバーは、設置する際に工事が必要になります。そのため、初期工事費用がかかります。

2万円前後の初期費用がかかるのはデメリットです。

解約手数料が高い

水道水直結型ウォーターサーバーは契約期間の3年未満で解約する場合に、解約手数料が高いです。

ボトル型のウォーターサーバーは、契約期間が2年以内で解約手数料が1万円以下のメーカーがほとんどです。

それに対して水道水直結型ウォーターサーバーは、契約期間が3年解約手数料が4万円を超える場合もあります。

水道水直結型ウォーターサーバーは初期費用や解約手数料が高いので、契約する前に水の使用量や部屋の雰囲気に合うデザインなのかなどをじっくりと検討してから契約しましょう。

5.おすすめ機種情報

水道水直結型ウォーターサーバーでおすすめできるのは、次の2つのメーカーの機種です。

結論から言うと、「4人家族以上の家庭」には楽水ウォーターサーバーがおすすめで、「従業員が5人以上いるオフィスや店舗」ではCool Qoo(クールクー)がおすすめです。

楽水ウォーターサーバーの特徴

楽水ウォーターサーバーは機能性が高く、便利で快適に使用できます。

まず、ウォーターサーバー内を自動で洗浄する機能があるので、面倒なメンテナンスなしに清潔を保てます

さらに、温度が5段階で調整できる機能があります。

さまざまなシーンに合わせて快適に冷水や温水を使えますね。

黒と白の2色から選べて、操作がボタン式のスタイリッシュなデザインも家庭向きです。

  • 楽水ウォーターサーバーをさらに詳しく知りたい方はこちら

Cool Qoo(クールクー)の特徴

Cool Qoo(クールクー)は、メーカーのサービス対応が充実しているので、安心して長期間にわたって使用できるウォーターサーバーです。

まず、クールクーには1年ごとに無料の有人メンテナンスが受けられます

専門スタッフが来て、ウォーターサーバーの掃除やフィルターの交換などを行ってくれます。

また、お客様レビューを書くと初期費用が無料になるという嬉しいキャンペーンも実施しています。

そして、RO膜という「海水をきれいな水に変えられる」ろ過システムを採用しているので、安全な水を飲むことができます。

クールクーならば、充実したサービス体制で長期間にわたって安心してウォーターサーバーを使えます。

さらに安全な水を来客や従業員に飲んでもらえるという意味でも、オフィス・店舗向きのウォーターサーバーと言えます。

  • Cool Qoo(クールクー)についてさらに詳しく知りたい方はこちら

6.水道水直結型ウォーターサーバーの口コミ・評判

水道水直結型のウォーターサーバーについて実際に使用している人はどのように思っているのでしょうか。口コミや評判をTwitterからまとめてみました。

全体としては、ボトルの交換がなくて便利価格面で好評です。一方で、味がおいしくないという意見もありました。

良い口コミ

ボトル交換がなくて便利だ

価格が安い

悪い口コミ

おいしくない

7.よくあるQ&A

最後に、水道水直結型のウォーターサーバーに関してよくある質問をまとめてみました。ぜひ参考にして下さい。

ろ過フィルターはいつまで使えるの?

ろ過フィルターは6ヶ月〜1年を目安に定期的な交換を行います。今回紹介したメーカーである「楽水ウォーターサーバー」や「Cool Qoo」では、フィルター交換料などはかかりません。

ウォーターサーバーを移動させたい時はどうする?

ウォーターサーバーを違う部屋に移動させたい時も、初期設置と同様に専門スタッフによる移動設置工事が必要です。その際には、出張費用として2万円前後かかるので、注意が必要です。

普段のお手入れはどうすれば良いの?

基本的なセルフメンテナンス内容は以下のようです。

引っ越した時はどうしたら良い?

引っ越しをする場合には、現在設置しているウォーターサーバーの取り外しと引っ越し先での取り付け工事が必要です。移動設置費用の目安は2万円前後です。

8.まとめ

今回は水道水直結型ウォーターサーバーについてお伝えしてきました。

水道水直結型ウォーターサーバーは、定額できれいな水が使い放題で、面倒なボトルの設置などを行わなくて良いことがメリットです。

4人家族以上の家庭には、機能性が高い「楽水ウォーターサーバー」がおすすめです。

5人以上の従業員がいるオフィスや店舗には、サービス体制が充実している「Cool Qoo(クールクー)」を選ぶと長期間にわたって安心してウォーターサーバーを使えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*