ウォーターサーバー本体の購入をオススメしない7つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーターサーバー本体の購入を検討中ですね。

ウォーターサーバーは、主にレンタルで利用しますが、購入できるタイプもあります。

本体を購入すると、宅配ノルマや解約手数料がなくなるので、自分のペースで飲めるメリットがあります。

しかし、結論から言うとウォーターサーバーの本体の購入はオススメできません。なぜなら、新機種へ乗り換えできなくなったり、不衛生になりやすいからです。

ここでは、私がウォーターサーバーの本体購入をオススメしない7つの理由を解説。その上で、自分のペースで注文できるレンタルサーバーを紹介します。ぜひ、参考にしてください。

1.購入できるウォーターサーバー

ウォーターサーバーは基本的にレンタルで利用しますが、一部のウォーターサーバーは購入が可能です。

ウォーターサーバーを購入すると、初期費用がかかりますがレンタルするよりも安く利用できます

とくに、WS-7700のように水道水を注ぐタイプのウォーターサーバーは、一般的なウォーターサーバーよりも月々4,000円以上安く利用できます。

しかし、結論から言うと、ウォーターサーバーの購入はおすすめできません。なぜなら、初期費用が高かったり、サーバーの衛生面などが気になるからです。

2.サーバー本体の購入をおすすめしない7つの理由

ウォーターサーバーの購入がオススメできないのは、とくに次の7つの理由からです。

  1. 初期費用が高い
  2. 冷水が冷たくない
  3. お湯が不便(使える量が少なく、温度が低い)
  4. サーバーが不衛生
  5. サーバー本体を交換できない
  6. 解約後の処理が面倒
  7. 乗り換えが不便

ここではおすすめできない理由がわかりやすいように、Amazonや楽天で人気の購入タイプのウォーターサーバー2つと、人気のウォーターサーバーを比較表にしました。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

2-1.初期費用が高い

購入タイプのウォーターサーバーは、初期費用が1~5万円程度かかります。

一度にこれだけの費用が発生するのはかなりの負担。もし、使い心地がよくなかったときに、レンタルと違い返却できないので、購入費が無駄になってしまいます。

2-2.冷水が冷たくない(格安サーバー)

Amazonや楽天で購入できるウォーターサーバーは冷水がぬるめです。

とくに、おいしさポットなど約10,000円で購入できる格安タイプの冷水は12~15℃。常温水と変わらないような温度です。

2-3.お湯が不便(使える量が少なく、温度が低い)

Amazonや楽天で購入できるサーバーはお湯の温度が低めです。また、格安サーバーは、使えるお湯も少なすぎます。

一般的に購入できるウォーターサーバーは、温度が80~90℃と低めなので、インスタント食品を作るにはぬる過ぎます。

また、おいしさポットのような格安サーバーが1回に使えるお湯は、400ml程度です。コップ2杯程度、マグカップなら1杯程度でお湯がなくなってしまいます。あまりに少なすぎるため、満足に利用できません。

2-4.サーバーが不衛生

ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスや洗浄が必要不可欠です。購入するタイプは、何年も同じサーバーを利用するため不衛生になりがちです。

格安サーバーの場合は、全く雑菌対策がされておらず、カビが発生してお腹を壊すことなども考えられるので、正直オススメできません。また、WS-7700のように水道水を入れるタイプのウォーターサーバーは、不清潔なので絶対におすすめできません。

清潔に利用するためには、サーバー内を自動で洗浄できるタイプを選ぶのが不可欠です。

2-5.サーバー本体を交換できない

レンタルタイプのウォーターサーバーなら通常利用で故障したときに本体を無償で交換できます。

しかし、ウォーターサーバーを購入してしまうと交換ができないため、故障したときは10,000~50,000円のサーバーを再購入する必要が出てきます。 

2-6.解約後の処理が面倒

レンタルなら、解約したときに入らなくなったサーバーを引き取ってもらうことができます。

しかし、購入すると解約後にウォーターサーバー本体を自分で処理する必要があります。重たくて大きいウォーターサーバーを処理するのはかなり大変です。

2-7.乗り換えが不便

ウォーターサーバーを購入すると、気軽に乗り換えできません。

ウォーターサーバーによって使えるボトルが決まっています。そのため、水に不満があるときや、新しい種類の水を試したいときも、水だけを別のところから購入することはできません。

レンタルウォーターサーバーであれば、解約金負担0円になるキャンペーンを使って気軽に乗り換えることもできます。

結論!ウォーターサーバーの本体購入はオススメしない

購入タイプのウォーターサーバーは安く利用できるのでお得に思うかもしれません。

しかし、衛生面や使い勝手に不安が残ります。とくに、冷水や温水が満足に使えない、不衛生など重大なデメリットがあるため全くオススメできません。

ウォーターサーバーを購入したいと思っている人は、次の理由からではないでしょうか?

・宅配ノルマを気にせず利用したい
・規定利用期間がないから、解約金を取られない

これらが気になる人には、宅配ノルマがなく、規定利用期間が短いレンタルできるウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

3.宅配ノルマがなく、規定利用期間が短いレンタルできるウォーターサーバーを選ぼう!

レンタルできるウォーターサーバーには、宅配ノルマがないタイプや、規定利用期間が短いタイプがあります。これらのタイプを利用すると、次の3つのメリットがあります。

・宅配ノルマがない
・規定利用期間がなく、解約金がかからない
・料金が安い

メリット1.宅配ノルマがない

一般的なウォーターサーバーは、レンタルで利用すると毎月24ℓほど水が送られてくるため、1人暮らしの人やあまり水を飲まない人は飲みきれない場合があります。

しかし、宅配ノルマがないウォーターサーバーなら、お水が必要なときだけ運んでもらうことができるのでペースでお水を飲めます。

メリット2.規定利用期間が短く、解約金がかからない

一般的なウォーターサーバーは1〜2年の規定利用期間があります。もしも、規定利用期間よりも早く解約すると、解約金が3,000~20,000円かかります。

しかし、1年以内に解約しても解約金がほとんどかからないウォーターサーバーもあります。

メリット3.初期費用が安い

ウォーターサーバーを購入すると、格安タイプでも10,000円以上かかります。しかし、レンタルタイプのウォーターサーバーなら、初期費用がかかりません。

そのため、解約金がないレンタルウォーターサーバーを選べば、3ヶ月後に辞めたときの料金は格安サーバーを購入したときより安くなります。

購入よりもレンタルが断然おすすめ

メリットとデメリットを比較したところ、断然レンタルの方がおすすめ。とくに、宅配ノルマがなく、契約期間が短いウォーターサーバーを選べば、購入よりもお得に契約できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます