ペットボトルサーバーはおすすめ?宅配型ウォーターサーバーとの比較も!

ペットボトルサーバーと宅配型サーバーの比較

ウォーターサーバーは、いつでも冷たい水やお湯を使える便利な家電製品です。

水を飲むだけでなく、料理やコーヒーにも使えるので、活躍するシーンは多いでしょう。

なかでも、ペットボトルサーバーは手軽にウォーターサーバーを体験できるので人気が高いです。

しかし、ペットボトルサーバーはお湯がぬるく、水漏れするなどの注意も必要です。

ここでは、水マニアの私がペットボトルサーバーのメリットと注意点を解説します。

宅配型のウォーターサーバーもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

“おすすめのウォーターサーバーを知りたいという人はこちら!”

本記事を読まれている方には、こちらの記事『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年10月のおすすめはコレ!』も人気です!

  • ウォーターサーバーのメリットやデメリット
  • ウォーターサーバーの基礎知識

以上の内容が気になる方は、ぜひとも参考にしてください。

1.手軽!ペットボトルサーバーとは

ペットボトルサーバーとは、市販のペットボトルを使って冷たい水と温水が使えるようになるウォーターサーバーです。

「ただ冷たい水やお湯が使えるだけ?」と思うかもしれません。

しかし、実際に使ってみるとすぐに冷たい水やお湯が使えるのは便利でした。

お風呂上がりに冷たい水が飲めたり、忙しい朝にもコーヒーや味噌汁をすぐに作れたりします。

ペットボトルサーバーを一度使ってからは、ペットボトルを冷蔵庫に入れることやケトルでお湯を沸かすことがなくなりました。

手軽にウォーターサーバーを始めたいという人にはおすすめですよ。

2.安い!ペットボトルサーバー5つのメリット

ペットボトルサーバーは、Amazonや楽天を利用すれば1万円ほどで購入できます。

宅配型ウォーターサーバーとは違い、一度購入するだけで使い続けることができるのがメリットです。

また、コンパクトで場所を選ばなかったり、ボトル交換が簡単にできたりするので、手軽に使えるでしょう。

ほかにも、ペットボトルサーバーは以下の5つのメリットがあります。

  1. コンパクトで場所を選ばない
  2. ボトル交換が手軽に行える
  3. コストパフォーマンスが高い
  4. 自分の好きな水を利用できる
  5. 誰でも手軽に使い始めることができる

少しでも自分にとってのメリットがあれば、導入を検討してみましょう。

(1)コンパクトで場所を選ばない

ペットボトルサーバーはコンパクトで置き場所を選ばないので、寝室やキッチンなど好きな場所に置くことができます。

炊飯器が置けるスペースがあれば設置できるでしょう。

宅配型のウォーターサーバーの場合、設置する水ボトルや本体の大きさを含めると、冷蔵庫半分くらいの大きさになります。

設置しようとすると、わざわざ場所を確保しないといけません。

しかし、ペットボトルサーバーは2Lのペットボトルを設置するだけの大きさなので、コンパクトに収まります。

賃貸などで、場所が確保できなくて導入を検討している人にはおすすめですよ。

(2)ボトル交換が手軽に行える

ペットボトルサーバーは、ボトル交換を手軽に行うことができます。

ボトル交換は簡単で、2Lのペットボトルを本体上部に設置するだけです。

しかし、宅配型のウォーターサーバーでは、12Lほどの水ボトルを取り替えないといけません。

そのため、女性やご年配の方はボトルの交換が大変な場合もあります。

水ボトルを簡単に交換したいという人にはおすすめですよ。

(3)コストパフォーマンスが高い

ペットボトルサーバーは、コストパフォーマンスが高いです。

なぜなら、本体を一度購入すれば、水の料金などは比較的安価に抑えることができるからです。

宅配型のウォーターサーバーの場合、サーバーのレンタル料金や水の料金が毎月発生します。

しかし、ペットボトルサーバーは、サーバーレンタル料金はかかりませんし、水の料金も市販に売っている安価なものです。

毎月の費用を抑えたいという人は、ペットボトルサーバーがおすすめですよ。

(4)自分の好きな水を利用できる

ペットボトルサーバーは、いつも飲んでいる好きな水を使うことができます。

基本的に2Lのペットボトルであれば、問題なく使用できるからです。

宅配型のウォーターサーバーの場合、メーカーによって指定された水を毎月購入することになります。

天然水などは味の特徴が異なるので、好みの水でないこともあるでしょう。

もし、いつも飲んでいる水でウォーターサーバーを使いたいという人は、ペットボトルサーバーがおすすめですよ。

(5)誰でも手軽に使い始めることができる

ペットボトルサーバーは、本体を購入して、電源を入れるだけですぐに使用できるのが特徴です。

そのため、誰でも手軽に始めることができます。

宅配型のウォーターサーバーの場合、必要事項や支払い方法などを記入し、契約します。

契約後も、宅配されるまで1週間ほどかかることもあるので、すぐに利用することはできないでしょう。

しかし、ペットボトルサーバーは契約などをせずに、本体さえ購入してしまえばすぐに使えます。

契約などが面倒という人はペットボトルサーバーがおすすめですよ。

3.冷たい?ペットボトルサーバー5つの注意点

ペットボトルサーバーは、メリットがある一方で、サーバーが不衛生、冷たい水が出ないなどの注意点もいくつかあります。

ペットボトルサーバーを購入してしまう前に、一度確認しておきましょう。

今回は、実際に使ってみて感じた、5つの注意点を紹介します。

  1. サーバーが不衛生
  2. 水が冷たくない
  3. 使える冷水・温水の量が少ない
  4. 水漏れする
  5. 初期費用が高い

どれも実際に使ってみないとわからない注意点なので、ぜひ参考にして購入を検討してみてくださいね。

注意点1.サーバーが不衛生

ペットボトルサーバーには、衛生面をケアしてくれる機能が付いていません。

宅配型のウォーターサーバーは、数ヶ月に一度のメンテナンスやサーバー内を自動で洗浄するシステムがあるので、清潔に利用することができます。

一方、ペットボトルサーバーは、サーバー内を掃除できないため、雑菌が繁殖しやすい環境です。

雑菌が繁殖すると、水からイヤな臭いがしたり、鮮度が落ちて水がまずくなることがあります。

アルコールなどで定期的に消毒すれば問題ないのですが、大変でしょう。

宅配型のウォーターサーバーは衛生面を心配する必要はないので、気になる人は検討してみてください。

注意点2.水が冷たくない

ペットボトルサーバーは、冷たい水を利用できますが、宅配型のウォーターサーバーほど冷たくはありません。

宅配型のウォーターサーバーの冷水の温度は5〜10℃ですが、ペットボトルサーバーの場合10〜15℃に設定されているためです。

この温度だとほとんど常温水と変わらないので、冷たい水を楽しみたい人にはおすすめできません。

冷たい水が飲みたくて、結局冷蔵庫に水を入れるという人は、宅配型のウォーターサーバーがおすすめですよ。

注意点3.使える冷水や温水の量が少ない

ペットボトルサーバーは、手軽に水を交換できる一方で、冷水やお湯をたくさん使えません。

サーバー内に設置された温水と冷水のタンクは、600mL〜800mLほどだからです。

マグカップであれば、3〜4杯使うとなくなってしまいます。

また、冷やしたり温めたりするまでに時間もかかってしまうので、不便に感じるかもしれません。

宅配型のウォーターサーバーであれば、そのような心配はないでしょう。

さらに、水ボトルを手軽に交換できるものもあるので、検討してみてくださいね。

注意点4.水漏れする

ペットボトルサーバーを使っていると水漏れすることがあります。

サーバー上部にペットボトルを差して使うのですが、このときにうまく設置できていないまま稼働してしまう場合があるためです。

そのまま使うことで、サーバー上部から水が漏れてしまい、気づいたら水で濡れているなんてこともあります。

しかし、宅配型のウォーターサーバーであれば、サーバー本体にうまく設置できていないと利用できません。

水漏れの心配なく、安心して利用したい人は、宅配型のウォーターサーバーを検討するとよいでしょう。

注意点5.初期費用が高い

ペットボトルサーバーは、安いものでも1万円ほどの初期費用がかかります。

もし、購入してから使い勝手が悪いと感じても、返却できません。

その結果、サーバー本体がゴミになったり、購入費用が無駄になったりしてしまいます。

宅配型のウォーターサーバーであれば、サーバーをレンタルすることが多いので、すぐに解約することも可能です。

いろんなウォーターサーバーを試してみたいという人は、宅配型のウォーターサーバーがおすすめですよ。

4.【比較】宅配型ウォーターサーバーとの違いは?

ペットボトルサーバーと宅配型のウォーターサーバーでは、毎月かかるランニングコストや手軽さなどが異なります。

2つのウォーターサーバーの違いは、以下の3つです。

  1. ランニングコスト
  2. 手軽さ
  3. 利便性

どういった違いがあるのかを比較することで、どちらが自分に合うのか知っていただけると幸いです。

(1)ランニングコスト

ペットボトルサーバーは初期費用と安価な水料金しかかからないので、ランニングコストを抑えることが可能です。

しかし、宅配型のウォーターサーバーは毎月5,000円ほどかかります。

ペットボトルサーバーの場合、一度本体を購入すれば、それ以降のランニングコストは水の料金だけです。

しかし、宅配型のウォーターサーバーの場合、水の料金に加えてサーバーレンタル料やメンテナンス料が別途必要になります。

利便性などを考えずにランニングコストを抑えたいのであれば、ペットボトルサーバーもよいかもしれません。

ペットボトルサーバーを導入する場合は、先ほど紹介した注意点なども理解したうえで、検討してみてくださいね。

(2)手軽さ

ペットボトルサーバーは、本体を購入すれば、手軽に始めることができます。

しかし、宅配型のウォーターサーバーはWebサイトなどで契約し、本体を宅配してもらう必要があります。

ウォーターサーバーを使えるまで期間が空いてしまい、すぐに始めることができません。

手軽にウォーターサーバーは使ってみたいという人は、ペットボトルサーバーがおすすめです。

しかし、契約するのが面倒でないのであれば、利便性が高い宅配型のウォーターサーバーがおすすめですよ。

(3)利便性

ほかのポイントに比べて大きく異なるのが、利便性です。

ペットボトルウォーターサーバーは、導入してもメンテナンスが必要だったり、冷たい水やお湯が使えなかったりするかもしれません。

しかし、宅配型のウォーターサーバーでは、メンテナンスを自動で行ってくれたり、冷たい水やお湯をいつでも使えたりします。

ウォーターサーバーを導入することで、今よりも生活を便利にしたいという人は宅配型のウォーターサーバーをおすすめします。

5.お得!人気ペットボトルサーバー5選

ペットボトルサーバーは場所を取らないので、手軽にお得に利用できるのがメリットです。

そうはいっても、サーバーによっては値段が高いものや便利な機能が付いていないものもあります。

コンパクトで人気なペットボトルサーバーは、以下の5つです。

  1. リーヴァイス:ペットボトル式コンパクトウォーターサーバー
  2. Toffy:Toffyウォーターサーバー
  3. ソウイ:卓上ウォーターサーバー
  4. はぴねすくらぶ:コンビニサーバー
  5. ニチネン:おいしさポット

今まで宅配型のウォーターサーバーをあきらめていたという人も、ぜひ参考に導入を検討してみてくださいね。

(1)リーヴァイス:ペットボトル式コンパクトウォーターサーバー

リーヴァイス:ペットボトル式コンパクトウォーターサーバー

おしゃれなデザインが特徴のリーヴァイス「ペットボトル式コンパクトウォーターサーバー」。

A4サイズ以下のコンパクトな設計なので、置く場所を選びません。

また、どの場所にも置くことができるシンプルなデザインが人気です。

現在はホワイトの1色ですが、2021年10月1日からは、スモーキーピンクが追加されるので、おしゃれにウォーターサーバーを使いたいという人にはおすすめですよ。

サイズ幅21cm/奥行22.5cm/高さ29cm
カラー1色
重量2.2kg
電気代836円

(2)Toffy:Toffyウォーターサーバー

Toffyウォーターサーバー

ホットプレートやオーブントースターなども手がける家電ブランドToffyの「Toffyウォーターサーバー」。

かわいいデザインが特徴で、パールアクアとアッシュホワイトの2種類を展開しています。

すでに他のToffyの家電を使用しているという人は、同じ色合いなので統一感を出せるでしょう。

かわいいデザインが好きで、Toffyの家電も持っているというに人はおすすめですよ。

サイズ幅27cm/奥行32.5cm/高さ61.7cm
カラー2色
重量2.5kg

(3)ソウイ:卓上ウォーターサーバー

ソウイ:卓上ウォーターサーバー

チャイルドロックや転倒防止などの機能を備えたソウイ「卓上ウォーターサーバー」。

ほかのペットボトルサーバーとは違い、チャイルドロックや転倒防止の機能が搭載されているので、お子様がいるご家庭でも安心して使用できます。

しかし、初期費用はほかのペットボトルサーバーよりも高いので、注意が必要です。

また、冷水・温水が適正温度になったことを知らせてくれる機能もあり、利便性が高いです。

とにかく高機能なペットボトルサーバーを使用したいという人にはおすすめですよ。

サイズ幅22.5cm/奥行27cm/高さ31.5cm
カラー1色
重量2.2kg

(4)はぴねすくらぶ:コンビニサーバー

はぴねすくらぶ:コンビニサーバー

とにかく費用を抑えて使うことができるはぴねすくらぶ「コンビニサーバー」。

コンビニサーバーは、本体代金が8,800円と比較的安価です。

また、冷水とお湯の機能だけでシンプルな作りなので、初心者でも使いやすいペットボトルサーバーになります。

初めて利用してみたいという人やとにかくコストを抑えたいという人にはおすすめですよ。

サイズ幅22.5cm/奥行27cm/高さ31.5cm
カラー1色
重量2.2kg

(5)ニチネン:おいしさポット

ニチネン:おいしさポット

機能性や費用のバランスがとれたニチネン「おいしさポット」。

お湯のレバーにはチャイルドロックが搭載されており、お子様などが間違えてお湯を出してしまうのを防げます。

また、空焚き防止機能のあるので、火事などの心配はありません。

機能性と費用のバランスが取れたペットボトルサーバーを使いたいという人にはおすすめですよ。

サイズ幅27cm/奥行30cm/高さ36cm
カラー1色
重量2.3kg
電気代25円/日

6.卓上タイプも!宅配型の人気ウォーターサーバー5選

宅配型のウォーターサーバーは場所を取ったり、費用が高かったりするのでペットボトルサーバーを検討している人もいるでしょう。

しかし、宅配型のウォーターサーバーのなかには、比較的コンパクトで費用を抑えて利用することができるウォーターサーバーもあります。

私が実際に使って「ペットボトルサーバーよりもおすすめできる!」と感じたウォーターサーバーは、以下の5つです。

  1. ウォータースタンド:ネオ
  2. コスモウォーター:Smartプラス
  3. アクアクララ:アクアアドバンス
  4. プレミアムウォーター:スリムサーバーⅢ
  5. アルピナウォーター:スタンダードサーバー

ウォーターサーバーは基本的にレンタルで利用するため、初期費用がかかりません。

また、水道直結タイプのウォーターサーバーの場合は、どれだけ飲んでも費用が変わらずお得になることもあります。

もし気になった人は、無料でお試しできる場合もあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

(1)飲み放題がうれしい!ウォータースタンド:ネオ

ナノシリーズ ネオ

水道直結タイプで水が飲み放題が特徴のウォータースタンド「ネオ」。

月額固定で水が使い放題なので、料理にもおいしい水をたくさん使うことができます。

水の味はすっきりとしておいしく、水道水特有の嫌な味は全くしません。

天然水にこだわらなくて、料理にもたくさん水を使うという人にはおすすめです。

サイズ幅26cm/奥行50.5cm/高さ50cm
カラー1色
重量18kg
電気代約859円
月額料金3,850円

(2)天然水が安い!コスモウォーター:Smartプラス

コスモウォーター

2016年に天然水の売上No.1に輝いた人気のコスモウォーター「Smartプラス」。

最大の特徴は、採水から48時間以内にパックされた新鮮な水が届く点です。

全5色のおしゃれなウォーターサーバーを無料で利用できるので、インテリアに気を遣っている人には嬉しいですね。

省エネ、静音、チャイルドロックなどの機能が搭載されているので、おしゃれに高機能なサーバーを始めたい人にはおすすめです。

サイズ幅30cm/奥行34cm/高さ110cm
カラー5色
重量20kg
電気代474円(エコモード使用時)
月額料金24L:4,104円
48L:8,208円

(3)解約料金が気になる人におすすめ!アクアクララ:アクアスリムS

アクアスリムS

解約料金が安く、手軽に試すことができるアクアクララ「アクアスリムS」。

アクアクララは、通常プランで契約すると、1年以内の解約料金は6,600円です。

ウォーターサーバーの解約料金は2万円近くになることもあるので、ウォーターサーバーを試しに使ってみてもよいかもしれませんね。

また、コンパクトな卓上型ウォーターサーバーなので、置き場所を選ばずに使うことができます。

チャイルドロックや抗菌クリーン機能も搭載されているので、使い勝手もよく、置き場所に困っているという人にはおすすめです。

サイズ幅27.2cm/奥行42cm/高さ75.6cm
カラー1色
重量13kg
電気代約1000円
月額料金24L:3,908円
48L:6,716円

(4)シェアNo.1!プレミアムウォーター:スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)

スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)

ウォーターサーバーのシェアNo.1を誇るプレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)」。

モンドセレクション2021でも認められたおいしい水を飲むことができます。

また、お水の注文をアプリで管理することもできるので、追加で注文したい場合や飲みきれずに配送を停止したい場合は便利です。

シェアNo.1のおいしい水を体験したいという人は、こちらのウォーターサーバーがおすすめですよ。

サイズ幅27cm/奥行36.6cm/高さ82.4cm
カラーボディ4色:カバー3色(好きな組み合わせ)
重量16.2kg
電気代約630円(エコモード使用時)
月額料金24L:4,233円
48L:8,466円

(5)業界最安の水料金!アルピナウォーター:スタンダードサーバー

アルピナウォーター「スタンダードサーバー

業界最安の水料金を誇るアルピナウォーター「スタンダードサーバー」

アルピナウォーターは、業界最安の12Lあたり1,134円の水料金が特徴です。

チャイルドロックなどの安全機能は搭載されているので、ご家庭でも安心して使うことができます。

ランニングコストを抑えてウォーターサーバーを使いたいという人にはおすすめです。

サイズ幅27cm/奥行37cm/高さ100cm
カラー1色
重量15kg
電気代約1,000円
月額料金24L:2,897円
48L:5,165円

まとめ

ペットボトルサーバーと宅配型のウォーターサーバーとの違いは、以下の3つでした。

  • ランニングコスト
  • 手軽さ
  • 利便性

手軽さやランニングコストを考えると、ペットボトルサーバーを利用したほうがよい場合もあるかもしれません。

しかし、宅配型のウォーターサーバーには、卓上型ウォーターサーバーや水料金を抑えたものもあります。

手軽さやランニングコストを補うことができれば、利便性を考えて宅配型のウォーターサーバーがおすすめと言えます。

手軽だからといって、ペットボトルサーバーを導入して後悔しないよう、この記事を参考にしていただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます