買取とレンタルどっちがいい?ウォーターサーバー初心者はレンタルがおすすめ!

ウォーターサーバー買取VSレンタル

ウォーターサーバーの買取についてお調べですね。

レンタルが主流ですが、買取の方がお得になりそうなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

せっかくウォーターサーバーを利用するなら、レンタルと買取をしっかりと比較して決めたいですよね。

そこでこの記事では、ウォーターサーバーのレンタルと買取をメリット・デメリットで比較しました!

結論としては、サーバー自体にかなりこだわりのある一部の人を除いて、基本的にはレンタルを選べば問題ないでしょう。

この記事を読み進めてもらえれば、その根拠と、あなた自身はどちらを選べばよいのか迷うことがなくなりますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

1.ウォーターサーバーの買取とは?

クエスチョンの画像

ウォーターサーバーの買取とは、文字通りサーバー自体を購入することです。

レンタルの場合はメーカーからサーバー本体を2年や3年の契約で借りて、契約期間が終了すれば返品します。

支払う料金は、水代に加え、毎月レンタル代が発生するのが通常です。

一方、買取の場合はサーバー本体を買い取ってしまうため、レンタルと比べて特徴的なのが、1か月あたりの水の注文ノルマや解約金が発生しない点です。

違いが分かりやすいように、簡単に買取とレンタルの違いを表にしてまとめました。

  買取 レンタル
注文ノルマ なし あり
解約金 なし あり(指定の期間を超えればなし)
サーバーレンタル費(毎月) なし あり

ご覧の通り、レンタルだと発生する注文ノルマや解約金の縛りが買取った場合は発生しません。

メーカーからすると、買い取ってもらうことで利益が発生するので、ノルマを付けて利益確保する必要がないのです。

2.ウォーターサーバーの買取を選ぶメリット

ウォーターサーバーのメリット

せっかくウォーターサーバーを利用するのであれば、買取やレンタルのメリット・デメリットをしっかりと比較した上で、選びたいところです。

そこでまずは、ウォーターサーバーを買取するメリットを紹介します。

“買取を選ぶメリット3つ”

  • 長期間使う場合はお得になる
  • 契約縛りや解約金が発生しない
  • 水の注文ノルマが発生しない

詳しく見ていきましょう。

メリット1.長期間使う場合はお得になる

ウォーターサーバーの買取は長期間使うと料金面で見るとお得になります。

なぜなら、長期間ウォーターサーバーをレンタルすると、買取よりも高額になるからです。

ここでは、フレシャスのスラットというサーバーのレンタルと買取の場合を比較して見てみましょう。

こちらが2つのサービスの価格です。

  レンタルプラン 購入プラン
サーバー代 900円/月 45,000円(初回のみ)

※税抜き価格

サーバー代金を比較すると、購入プランはレンタルプランの50か月分です。

約4年経つと、サーバー代金はレンタルプランの方が高くなるということになります。

そのため、長期間使うことが決まっている場合は、買取の方がお得だといえるでしょう。

水の代金もお得になる

「4年かからないと元が取れないなんて、ちょっと時間がかかり過ぎじゃないか?」

と、感じる方もいるでしょう。

実は、サーバー代金以外にも水の代金もお得になる場合があるのです。

  レンタルプラン 購入プラン
1本あたりの水の代金 1,506円 1,250円

※税抜き価格

フレシャススラットの場合は、1本あたり256円安いです。

仮に1か月で3本あたりを利用すると、買取の方が約750円お得になります。

3年間ウォーターサーバーを利用すると、買取とレンタルにかかる金額は以下のとおりです。

  レンタル 買取
サーバー代 32,400円 45,000円
水の代金(1か月3本利用) 162,648円 135,000円
合計金額 195,048円 180,000円

※税抜き価格

買取とレンタルを比較するなら、サーバー代金だけでなく、水の代金も含めて考えましょう。

水の代金まで含めるとお得になることもあるため、約3年以上同じ機種のサーバーを使うと確定しているのであれば、買取を選ぶということも選択肢の1つになってきますね。

メリット2.契約縛りや解約金が発生しない

ウォーターサーバーを買取ることで、契約の縛りや解約金が発生しません

それにより、契約期間を気にしてウォーターサーバーを使う必要がないというのがメリットです。

例えば、サントリーのウォーターサーバーであれば、機材を設置した日が属する月から12ヶ月経過前に解約した場合、機材1台あたり15,000円(税抜)がかかり、12ヶ月経過後24ヶ月経過前に解約した場合、機材1台あたり9,000円(税抜)がかかります。

このように、ほとんどのメーカーでは契約期間が1年~2年程度のものが多く、契約期間以前に解約してしまうと高額な解約金がかかります。

契約期間中にウォーターサーバーを不要と感じても、解約金を払うことになってしまうので、渋々使い続けてしまうということにもなりかねません。

一方で、ウォーターサーバーの買取だと、契約の縛りや解約金を気にする必要がありません。

ただ、解約金がない分、初期費用が大きくなる点には注意が必要です。

メリット3.水の注文ノルマが発生しない

買取には、水の注文ノルマがないため、自分のペースで水を使いたい人にとってはメリットになります。

なぜなら、ノルマに縛られて必要ないのに注文しないといけなかったり、配送スキップのために課金しないといけないといったことがないからです。

例えば、旅行や出張で自宅におらず、思ったよりも水を使わない月もあるでしょう。

レンタルの場合、水の注文ノルマがあればどんどん水が届いてしまい、使えない水が溜まってしまうかもしれません。

フレシャスのスラットのレンタルプランでは、月に2本の水ボトル注文がノルマとして設定されています。

買取であれば、ノルマがないので、無理に水を注文しなくても良いです。

生活のペースに合わせて水を利用したいなら、買取も1つの選択肢として考えられます。

3.ウォーターサーバーの買取を選ぶデメリット

デメリットの画像

ウォーターサーバー買取を選ぶメリットを解説しましたが、買取を選ぶ場合は気を付けなければならないデメリットもあります。

メリットだけを見て買取を決めると後々後悔してしまうことになりかねないので、これから紹介するデメリットも確認しておきましょう!

“買取を選ぶデメリット3つ”

  • 保証期限を過ぎると修理費は自己負担
  • 初期費用がかなりかかる
  • 簡単に機種変更ができない

詳しく見ていきましょう。

デメリット1.保証期限を過ぎると修理費は自己負担

ウォーターサーバーを買取した場合、保証期間を過ぎてしまうと修理費は自己負担になってしまいます。

ウォーターサーバーを買い取ると、メーカーの保証が付属するのですが、保証期間は3年の所が多いです。

実際に、買取のウォーターサーバーとして知られているフレシャスやサントリー天然水ウォーターサーバーでは、保証期間が3年と決まっています。

保証期間が切れると、修理が必要になった時に、追加の費用(修理費)は全額自己負担になるので注意してください。

修理費に関しては、各社のお問い合わせセンターで確認ができます。

デメリット2.初期費用が高くなる

買取のウォーターサーバーの場合は、4~5万円ほどの初期費用が契約時にかかってしまいます。

月々のレンタル代金がない代わりに、サーバー代をまとめて支払わなければならないからです。

たとえば、フレシャススラットの場合は、45,000円です。

一方で、レンタルした場合、900円から始められます。

レンタルと比較すると、ウォーターサーバーの買取は費用の負担がかなり大きいですよね。

メリットを見ても買取の方が明確にお得だと言い切ることもできないので、手出しの少ないレンタルから始めるのが無難だといえます。

デメリット3.機種変更ができない

1度ウォーターサーバーを購入してしまうと、簡単に機種変更ができません

機種変更をするとなると、初期費用として4-5万円出してもう1台買取をしなければならないからです。

ウォーターサーバーを買い取った後に、「使い勝手が悪い」「別のデザインが気に入った」という理由があっても、気に入ったデザインに交換ができません。

せっかく4-5万円だして買取をしたウォーターサーバーですから、元をとるまで使いたいですよね。

1度ウォーターサーバーを購入してしまうと、簡単に機種変更ができないのも、買取のデメリットです。

4.【結論】基本的には買取よりもレンタルがおすすめ!

レンタルの画像

ここまで、買取とレンタルのメリットとデメリットを比較しました。

「結局どちらが良いの?」

とお悩みの方もいるでしょう。

結論をいうと、ウォーターサーバーは買取よりもレンタルがおすすめです。

なぜなら、以下の4つの理由があるからです。

“ウォーターサーバーは買取がおすすめな理由”

  • 3年かからないとお得にならない
  • 新しい機種に変更できない
  • 衛生的に良くない
  • 2年くらいで解約料なしで再度契約する方がよい

ウォーターサーバーの買取をすると、元をとるのに3年かかります。

2年以上同じウォーターサーバーを利用すると、衛生面に心配があります。

また2年以上利用すると、性能面でも心配です。

例えば、スマホ。

2年くらいすると、電池の消費が激しくなったり、アプリを開くのに時間がかかったりと、何かと不都合が増えます。

ウォーターサーバーも機械ですので、スマホと同じです。

2年くらいで解約料なしで再度契約するとよいでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶなら、レンタルがおすすめですよ。

5.買取・レンタルでおすすめのウォーターサーバー

ここでは、買取とレンタルでおすすめのウォーターサーバーを紹介します。

両方のメリット・デメリットを比較しながら、ぜひあなたにぴったりのウォーターサーバーを選んでください!

5-1.レンタルするならコスモウォーター

コスモウォーターのらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス

smartプラスは、2016年度天然水ウォーターサーバーで売上No.1になったウォーターサーバーです。

飲める水は、なんと採水から48時間以内に出荷された天然水

水の新鮮さを示した図

だから、とても新鮮で、すっきりとした爽やかな味わいが楽しめます。

シンプルで使いやすく料金もお得なので、どんな人にもおすすめです!

サイズ 幅30cm/奥行34cm/高さ110cm
カラー 5色( ブラック・ホワイト・ピンク・ウッド・ライトウッド)
水の容器 つぶせるボトル(セット位置:下)
使える温度 冷水・ 温水
クリーン機能 あり
平均月額 1~2人(24L):3,792円
3~4人(36L):5,688円
5~6人(48L):7,584円
電気代 465~円
参考記事  コスモウォーターってどうなの?契約前に知らないと損する全知識【2020年10月版】
※平均月額=水の料金+レンタル料(送料無料・税抜)

5-2.どうしても買取したいならフレシャス

フレシャスのウォーターサーバースラットの写真(ブラック)

フレシャスのスラットは、5段階の温度調節ができる機能性バツグンのウォーターサーバーです。

冷水や温水はもちろん、常温水や熱湯、70度水を出すことができます

様々な温度を用途によって使い分けることができるので、料理やインスタント食品から赤ちゃんのミルクを作るときにも役立つこと間違いなしです。

そんなフレシャスのスラットにはレンタルプランだけではなく購入プランも用意されており、サーバー代金と水代金が安くなるため、お得に利用することができます。

フレシャス購入プランシュミレーション

買取プランの中にも分割払いと一括払いがあります。

  • 分割払い…本体価格3,000円割引
  • 一括払い…本体価格5,000円割引

一括払いの方がお得に使うことができるので、まとまったお金が用意できる方はチェックしてみてもよいでしょう。

サイズ 幅29cm/奥行35cm/高さ111cm
カラー 2色( ブラック・ホワイト)
水の容器 つぶせるボトル(セット位置:下)
使える温度 冷水・常温水・70度水・温水・熱湯
本体価格(購入プラン) (分割払い)47,000円(一括払い)45,000円
電気代 465~円
参考記事  フレシャス「スラット」の口コミ検証!使った感想を正直にレビュー
※価格表示…税抜

まとめ

今回は、ウォーターサーバーの買取について解説しました。

ウォーターサーバーを選ぶのであれば、レンタルの方がおすすめです。

買取をすることで、長年使うと安くなることやノルマがないなどのメリットは確かにあります。

しかし、新しい機種に変更できないことや3年以上経たないとお得にならないなどのデメリットも大きいです。

ウォーターサーバーも機器なので、長年使い続ければ、衛生的に良くないですし機能も落ちます。

よっぽどこだわりがない限り、同じウォーターサーバーを1-2年レンタルし、他の気になったものがあれば、乗り換える方が賢明な選択だといえるでしょう。

今回の内容が、あなたのウォーターサーバー選びに役立てば何よりです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!