白湯はウォーターサーバーでも作れる!作り方や効果を一挙公開

白湯はウォーターサーバーでも作れる!作り方や効果を一挙公開

ウォーターサーバーでも白湯は作れるだろうか」と、悩んではいませんか。

ヤカンや電気ケトルで作ることもできますが、準備に手間がかかって面倒ですよね。

結論からいうと、白湯を飲む人にはウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーを使えば、すぐに白湯を作ることができますよ。

今回は、私がおすすめするウォーターサーバーの紹介とともに、白湯の作り方や効果を紹介します

白湯の正しい作り方を理解して、ウォーターサーバーを有効活用しましょう。

“白湯作りに便利なウォーターサーバーを探しているあなたへ!”

本記事を読まれている人には、こちらの記事「全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年12月のおすすめはコレ!」も人気です!

  • いろんな種類のウォーターサーバーを比較したい
  • 選んで失敗したウォーターサーバーの特徴
  • ウォーターサーバーのメリット・デメリット

以上の内容が気になる人は、ぜひとも参考にしてください。

1.白湯を毎日飲む人におすすめのウォーターサーバー5選

まず始めに、白湯を飲む人におすすめのウォーターサーバーを5つ紹介します

過去に50種類ものウォーターサーバーを使ってきた私が、「デザイン、機能性、費用」を比較してピックアップしました。

メーカーによって、メリットや注意点は異なります。

ぜひ、自分に合ったウォーターサーバーを探してみてください。

今回、私が選んだ機種は以下のとおりです。

メーカープレミアムウォーターフレシャス  アクアクララ  コスモウォーター  うるのん  
商品イメージプレミアムウォータースタンダードフレシャスアクアクララコスモウォーターうるのん
初期費用3‚300円
(初回登録事務手数料)
なしなしなしなし
レンタル料0円〜0円〜あんしんサポート料
1,100円〜3,300円
無料0円〜
送料一部有料
※7Lは全国無料
全国無料全国無料基本無料
※北海道のみ216円
無料
※北海道・沖縄を除く
水ボトル代
1本あたり
  • 7L×2本:3,542円
    ※PREMIUM3年パックのみ
  • 12L×2本:4,233円
  • 4.7L:999円〜
  • 7.2L:1,247円〜
  • 9.3L:1,626円〜
    ※1回の配送は2本または4パック単位。
  • 7L:1,188円
  • 12L:1,512円
  • 12L:2,052円
    ※1回の配送は2本単位。
12L×2:4,100円

※2021年12月のデータ。

《← 左右にスクロールできます →》

それぞれのウォーターサーバーについて、詳しく見ていきましょう。

(1)料金プランが選べる|プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞している「プレミアムウォーター」。

生産管理の難しい「非加熱処理」をあえて採用しており、天然水本来の味わいにこだわっています

料金プランは、以下のとおりです。

 契約年数天然水の料金サーバーレンタル料
PREMIUM3年パック3年
  • 12L×2本:3,974 円
  • 7L×2本:3,542円
  • 無料
  • 1,100円/月
PREMIUM WATER
MOM CLUB
3年
  • 12L×2本:3,283円
  • 通常880円/月
  • 毎月ボトルを2セット以上注文で
    550円/月(さらに初月無料)
基本プラン2年
  • 12L×2本:4,233円
  • 無料
  • 1,100円/月

※2021年12月のデータ。

《← 左右にスクロールできます →》

なかでも、「PREMIUM WATER MOM CLUB」は、子育てママにお得なプランです。

申込時に妊娠している、または5歳以下の子どもがいる家庭であれば、高機能な「cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー」をお得に利用できますよ。

環境に合わせて料金を選びたい」と考えている人におすすめです。

(2)デザインがおしゃれ|フレシャス

フレシャス

おしゃれなウォーターサーバーが豊富な「フレシャス」。

インテリアとしても楽しめる機種が揃っています。

機種によって0円〜1,320円のサーバーレンタル料がかかりますが、規定数以上の水ボトルを購入すれば、レンタル料は無料です。

普段のお水の使用量が多い人ほど、使いやすいメーカーといえるでしょう

さまざまな用途に合わせた機種が揃っているので、使い勝手のよいウォーターサーバーを探したい人におすすめします。

(3)サポートが充実|アクアクララ

アクアクララ

料金設定が良心的な「アクアクララ」。

月々の支払いに含まれている「あんしんサポート」によって、余計な追加料金がかからないウォーターサーバーです。

あんしんサポートに含まれているサポート内容は、以下になります。

“あんしんサポートの内容”

  • 専門スタッフによる配達・設置
  • ウォーターサーバーの定期メンテナンス
  • 故障対応

あんしんサポート料は、機種によって1,100円〜3,300円と異なります。

予算や使用目的に合わせて機種を選びたい人におすすめですよ

(4)お水代のみで利用可能|コスモウォーター

コスモウォーター

コスモウォーター」は、利用料金がお水代のみとシンプルなウォーターサーバーです

水ボトルは、1回の配送で2本単位となるため、実質の最低月額料金は、12L×2本で4,104円となります。

また、ウォーターサーバー内部を常に清潔に保つ「Wクリーン機能」を搭載しており、天然水の鮮度は常に新鮮です。

安く新鮮なお水を使っていきたい」という人は、チェックをしてみてください。

(5)富士山の名水が飲める|うるのん

うるのん

うるのん」は、富士山の名水が飲めるウォーターサーバーです。

モンドセレクション最高金賞や、ITI国際優秀味覚コンテストで最高の三ッ星を獲得するなど、世界的に認められた「富士の天然水さらり」を提供しています

また、サーバーのレンタル料は0円〜300円と安く、お水代も12Lが2本で4,100円からとリーズナブルです。

品質の高い天然水を、お手頃な値段で利用したい人におすすめします。

2.知っておこう!白湯とお湯の違いとは?

最初に、私がおすすめするウォーターサーバーについて紹介しました。

ところで、白湯とお湯の違いについては、どこまで理解をしているでしょうか。

実は白湯について詳しくは理解していない」という人のためにも、まずは白湯とお湯の違いについて話しておきます。

白湯とは、約50℃ぐらいのぬるま湯のことです

一般的には、水道水を沸かしてカルキ臭を抜き、時間をかけて冷ましてからゆっくりと飲むのが主流ですね。

しかし、ウォーターサーバーを利用すれば、冷水・温水を混ぜて簡単に50℃前後のぬるま湯が作れます。

白湯を作る時間を省きたい」と考えている人にとっては、ウォーターサーバーは相性が抜群ですよ。

3.必見!白湯の健康効果5選

なかには、「白湯ってどんな効果があるの?」と、疑問に感じている人もいるでしょう。

白湯には、身体に優しい効果がいくつもあります。

今回は、その中でもよく知られている5つの効果をピックアップしました

“白湯の5つの効果”

  1. リラックスできる
  2. ダイエットに有効
  3. 免疫が上がる
  4. 食欲が増進する
  5. 冷え性を改善できる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

効果1.リラックスできる

白湯を飲むことで、リラックス効果や安眠を促進させることができます。

これは、白湯が副交感神経に作用して心拍数を下げることができるからです

体内の環境を整える「自律神経」には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。

そのうち、副交感神経には心拍数を下げる役割があるのです。

ストレスが溜まっていたり、眠りが浅かったりする人は、白湯を飲むことで自律神経を整えることができますよ。

効果2.ダイエットに有効

白湯を飲むことで、基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると脂肪燃焼効果が高まり、ダイエットにも効果的です

また、白湯を飲むと内臓が温まるので、腸の働きがよくなり便秘も解消してくれます。

さらに、体内の老廃物が排出されやすくなるので、デトックス効果も期待できるでしょう

お腹の調子がよくない人は、積極的に白湯を飲んでみてください。

効果3.免疫が上がる

白湯を飲むことで、体温が上がって免疫機能の向上にも効果的です

体温が1°C上がることで、一時的に免疫力が5〜6倍は上がります。

対して、体温が1°C下がると免疫力は30%低下することもあるそうです。

白湯を飲むことで免疫力を上げる効果が期待できるので、風邪をひきやすい人は試してみるとよいでしょう。

効果4.食欲が増進する

食欲がない人には、白湯を飲むことをおすすめします。

なぜなら、体温に近い白湯は胃腸の負担が少なく、体内に吸収しやすい飲み物だからです

とくに、夏場は冷たい飲み物を飲みすぎて、食欲が低下してしまいます。

夏バテの原因にも繋がりますので、白湯で胃腸を温めてあげましょう。

効果5.冷え性を改善できる

白湯を飲むと身体の内部が温まり、新陳代謝が上がります。

新陳代謝が上がると、血流がよくなり冷え性の改善が期待できるでしょう

20代〜60代にアンケートを取ったところ、日本人の7割は冷え性を自覚しているという結果も出ています。

冷え性に悩んでいる人は、積極的に白湯を取り入れてみてはいかがでしょうか。

“白湯の効果についてさらに知りたいあなたへ”

当サイトでは、白湯の効果についてさらに詳しく紹介しています。

白湯のメリットや口コミも確認したい」という人は、上記の記事も参考にしてください。

4.簡単!白湯をウォーターサーバーで作る方法

白湯の効果について、理解が深まったでしょうか。

ここからは、白湯の作り方について紹介します

白湯は自宅でも簡単に作れるため、作り方を覚えればいつでも飲むことができますよ。

この記事で紹介するのは、以下の3つの作り方です。

“自宅で白湯を作る3つの方法”

  • ヤカンで作る
  • ウォーターサーバーで作る
  • アレンジをして楽しむ

白湯が苦手な人に向けたアレンジメニューも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

方法1.ヤカンで作る

ヤカンを使えば、簡単に白湯を作ることができます。

手順は、以下のとおりです。

“ヤカンで白湯を作る手順”

  1. ヤカンに水を入れて、フタをしてから強火にかける。
  2. 沸騰したらフタを取り、10〜15分ほど加熱し続ける。
  3. 沸かした白湯を、50℃程度まで冷まして完成。

蓋を取って加熱し続けることで、水道水の残留塩素やトリハロメタンを気化させて、不純物を取り除くことができます

ただし、ヤカンで白湯を作ると20〜30分ほどの時間がかかります。

時間には余裕を持って、準備をしましょう。

方法2.ウォーターサーバーで作る

ウォーターサーバーは温水が使えるので、冷ますだけで白湯を飲むことができます

すぐに飲みたい場合は、冷水を混ぜて温度調整をするとよいでしょう。

ただし、白湯の起源とされるインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では、冷水を混ぜることはルール違反となっているようです。

本来の作り方にこだわりたい人は、冷ましてから飲んでください。

方法3.アレンジをして楽しむ

なかには、「白湯だけでは味気ない」と感じる人もいるのではないでしょうか。

飽きずに長く続けたい人は、アレンジをしてみるのも1つの方法です

アレンジ例としては、以下のような白湯が挙げられます。

アレンジ調理法効果
白湯+はちみつカップ1杯の白湯に対して大さじ1杯。ブドウ糖が豊富でエネルギー補給にも最適。
白湯+レモンカップ1杯の白湯にカットレモンを一切れ。クエン酸が疲労回復に効果的。
白湯+しょうが生のショウガ1片をすりおろして入れる。辛味成分のショウガオールによって体が温まる。
白湯+ミントお好みに合わせてミントの葉を入れる。ストレスの軽減に効果的。
白湯+シナモンお好みに合わせてシナモンパウダーを入れる。抗菌作用や利尿作用に効果的。

《← 左右にスクロールできます →》

白湯を飲む習慣をつけたい人は、参考にしてみてください。

5.白湯を飲むときのたった1つの注意点

白湯は、体にプラスの効果を発揮しますが、1つだけ注意点があります。

それは、「飲みすぎには注意をする必要がある」ということです。

白湯は体内への吸収率がよいので、飲みすぎてしまうとむくみやすくなったり、体の栄養素まで流されたりすることがあります

正しく飲めば体によい飲み物ですが、飲みすぎてしまうと効果が薄くなるので注意をしてください。

6.白湯を飲む正しいタイミングと量とは?

では、白湯はどれくらいの量を飲むのが適切なのでしょうか?

白湯を飲むときに効果を上げる大切なポイントは、飲むタイミングと量です

間違ったタイミングや量の白湯を飲んでしまうと、効果が半減してしまいます。

以下のタイミングと量を確認して、効果的に白湯を飲みましょう。

“正しいタイミングと量”

  • おすすめのタイミングは朝と夜!
  • 飲む量は1日800mLまでにしよう!

それぞれについて、詳しく説明します。

(1)おすすめのタイミングは朝と夜!

白湯を飲むタイミングは、起床後と就寝前がおすすめです

朝は胃腸が冷えているので、白湯を飲むことで内臓を温めることができます。

速く飲むと胃腸がびっくりしてしまうので、10〜20分を目安に少しずつ飲むのが理想的です。

また、就寝前に白湯を飲むことで、副交感神経に作用して安眠効果が期待できます。

脱水予防としても、就寝前の白湯は効果的ですよ。

(2)飲む量は1日800mLまでにしよう!

1日に白湯を飲む量は、800mLまでにしておきましょう。

なぜなら、白湯を飲みすぎてしまうと体に必要な栄養素まで流してしまうからです

そのため、白湯を飲む際は朝・昼・夜・就寝前に分けて飲むようにしてください。

個人差はありますが、バランスを考えて飲みすぎないように注意しましょう。

まとめ

白湯を日常生活に取り入れることで、体によい効果がたくさんあります。

今一度、白湯の効果を確認しておきましょう。

“白湯の5つの効果”

  1. リラックスできる
  2. ダイエットに有効
  3. 免疫が上がる
  4. 食欲が増進する
  5. 冷え性を改善できる

このように、体によい効果を得ることができますが、飲みすぎには注意しましょう。

また、白湯を手間なく飲みたい人にはウォーターサーバーが便利です。

気になった人は、ぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます