ウォーターサーバーの必要性はある?いらない理由やおすすめできる人について解説!

ウォーターサーバーの必要性はある?いらない理由やおすすめできる人について解説!

テレビのCMやインターネットの広告を見て、ウォーターサーバーの導入を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、同時に「ほんとうに必要なのか」と思うこともあるでしょう。

ウォーターサーバーは、自宅で手軽においしい水が飲めて、赤ちゃんのミルク作りにも最適な家電です。

しかし、水を飲む量は家庭によって違いますし、水にこだわりがない人もいるでしょう。

そのような場合、一概にウォーターサーバーが必要とは言い切れません。

この記事では、ウォーターサーバーの必要性やメリット・デメリットについて解説していきます。

そして、ウォーターサーバーがどのような人におすすめで、どのような人にはおすすめできないかもあわせて説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね

“たくさんのウォーターサーバーを比較したいという人はこちら!”

本記事を読まれている人には、こちらの記事『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年12月のおすすめはコレ!』もおすすめです!

  • 全50種から選んだおすすめのウォーターサーバー
  • 選んで失敗したウォーターサーバーの特徴
  • ウォーターサーバーのメリット・デメリット

以上の内容を知りたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.本当に必要?ウォーターサーバーの必要性を解説

ウォーターサーバーの導入を検討している人のなかには「必要ないのでは」と思っている人もいるかもしれません。

「便利そう」と思う反面「コストがかかりそう」とも思いますよね。

そもそもウォーターサーバーの必要性はどのような部分にあるのか、ウォーターサーバーを導入するのであればしっかり知っておく必要があります。

ここでは、ウォーターサーバーの必要性について4つの項目で解説していきます。

ウォーターサーバーの必要性は以下の4つです。

  • 水と温水を手間なく飲める
  • 重たいボトルを自宅まで届けてくれる
  • 料理やミルク作りでも安心して使える
  • 備蓄水として活用できる

それぞれ説明していきます。

必要性1.冷水と温水を手間なく飲める

ウォーターサーバーの必要性として一番に挙げられるのが、冷水と温水を手軽に飲めるというところです。

ふとしたときに水を飲みたくなることもあるでしょう。

そのような場合、ウォーターサーバーがあればすぐに冷たい水を飲めます。

冷蔵庫にペットボトルを冷やしておく必要はなく、庫内のスペースを圧迫することもありません。

また、熱湯をすぐに使えるのも大きなメリットです。

ウォーターサーバーであれば、コーヒーやお茶を飲むときにお湯を沸かす手間はありません。

朝の忙しい時間に待つ必要がないので、時間の削減にもなりますね。

また、電気ケトルやポットのように、使う量に合わせて何度もお湯を沸かす必要もなくなるでしょう。

必要性2.重たいボトルを自宅まで届けてくれる

ウォーターサーバーで使用するウォーターボトルは、自宅まで届けてくれます。

そのため、スーパーで重たいペットボトルの飲料水を購入する必要はありませんし、持って帰る必要もありません。

自宅にペットボトルを常備している人も多いでしょう。

しかし、とくに女性の場合、ほかの買い物とあわせてペットボトルを運ばなければならないので大変な労力になってしまいます。

ウォーターサーバーを導入することで、こうした手間が省けるのも重要なポイントでしょう。

水がなくなりそうになったら、追加注文も簡単にできるので安心ですね。

必要性3.料理やミルク作りでも安心して使える

赤ちゃんのミルク作りや料理に、安全でおいしい水を使いたいという人もいるのではないでしょうか。

ミルク作りには、沸騰してから冷ました70℃以上のお湯を使いますよね。

ウォーターサーバーの温水は、80~90℃前後ですのでミルク作りに最適な温度なのです。

出産して間もない頃は、赤ちゃんにつきっきりで、お湯を沸かすのも一苦労だと思います。

しかし、ウォーターサーバーの水を使うことで、お湯を沸かす手間を削減できるでしょう。

また、普段の料理にウォーターサーバーの水を使うこともできます。

体内に入るものなので、水道水よりも安全でおいしい水が使えるのは嬉しいですね。

必要性4.備蓄水として活用できる

ウォーターサーバーの水は、災害時に備蓄水として利用できます。

災害が発生し断水が起きたときに、まず必要になるのは水の確保です。

万が一に備えて、自宅にペットボトルをストックしている人もいますよね。

しかし、いつの間にか賞味期限が切れてしまったり、ストックしておくためのスペースが圧迫されたりすることもあります。

一方、ウォーターサーバーがあれば、サーバー自体がストックとしての役割を担っているため、スペースを圧迫することはありません。

ウォーターサーバーの水にも賞味期限はありますが、常に新しい水に入れ替えるので期限切れの心配はいらないでしょう。

ウォーターサーバーの水を普段の生活に使いつつ、災害時には備蓄水として使うことができるというのはありがたいですね。

2.ウォーターサーバーは無駄?いらないと言われる7つの理由

ここまで、ウォーターサーバーの必要性を説明してきました。

必要性を理解しても「やっぱりいらない」という人もいるでしょう。

では、ウォーターサーバーがいらないと言われる理由にはどのような意見があるのでしょうか。

ウォーターサーバーがいらないとされる理由は、以下の7つです。

  • 毎月の費用や解約料金がかかる
  • メンテナンスが必要
  • ボトルが重たくて大変
  • 水を消費できない
  • 設置スペースがない
  • 子どもがいるから心配
  • 浄水器があるからいらない

それぞれ説明していきましょう。

理由1.毎月の費用や解約料金がかかる

ウォーターサーバーを毎月利用する場合、諸費用がかかります。

水代はもちろんですが、以下の4つも最低限必要になるでしょう。

  • 電気代
  • サーバーレンタル代
  • サポート代
  • 水の送料

メーカーによってはサーバーレンタル代が無料の場合もありますが、少なくとも水代と電気代はかかります。

そして、水代以外にもさまざまなランニングコストがかかってしまいます。

また、契約期間外にウォーターサーバーを解約した場合は、10,000円~16,000円の違約金が発生する可能性もあります。

店頭販売やお試しキャンペーンなどで「サーバーレンタル代無料」とよく目にするかもしれません。

しかし、実際には電気代が毎月のようにかかってしまい、サポート代も発生します。

ウォーターサーバーの導入を検討している人は、こうした罠に注意が必要でしょう。

おいしい水が手軽に利用できるメリットもありますが、毎月かかるコストについて悩んでしまって、導入に踏み切れないこともあるようですね。

理由2.メンテナンスが必要

ウォーターサーバーはほかの電化製品と同様に掃除などのメンテナンスが必要です。

水の温度を常に一定に維持するために24時間稼働しており、その際に排熱しホコリが溜まるからです。

ホコリが溜まると衛生的にもよくないですよね。

しかし、普段からメンテナンスをしっかりしておくことで、ウォーターサーバーを清潔に保つことができるでしょう。

このように「サーバーのメンテナンスが面倒」という理由で、ウォーターサーバーの導入を見送っている人も多いようですね。

また、メーカーによっては、年1回のメンテナンスを実施しているところもあります。

日頃の手入れと、メーカーのメンテナンスはウォーターサーバーを清潔に保つことにつながる重要なポイントです。

理由3.ボトルが重たくて大変

ウォーターサーバーのウォーターボトルは、一般的に12リットルが主流です。

自宅まで届けてくれるという利点はあるものの、ウォーターサーバーにボトルを設置する作業はかなり大変です。

ウォーターサーバーの上部にボトルを設置するタイプだと、胸のあたりまで持ち上げる必要があります。

このような作業は女性やご年配の人にとっては難しいと言えますね。

サーバーの下部にボトルを設置するタイプもあるのですが、「玄関から運ぶのも一苦労」という声もあります。

「重たいから面倒」と感じてしまった時点で、ウォーターサーバーの導入を見送ることも少なくないのです。

ボトルの重さがデメリットと考える人は、ビニールパックに水が入っているタイプや、水道直結型を選ぶとよいでしょう。

理由4.水を消費できない

ウォーターサーバーの導入を見送っている人のなかには、ノルマを達成できず水が余るかもしれないと懸念する人もいるでしょう。

メーカーによっては「月に〇本」というノルマを設定しており、未達成の場合手数料が発生する可能性があります。

また、定期配送で契約していると、定期的に水が自宅に届けられます。

しかし、思った以上に自宅での水の消費量が少ないと、ボトルだけが溜まっていき消費できないというケースも出てきますよね。

利用停止や「今月だけスキップしたい」という場合も、手数料が発生して余計な出費になってしまいます。

水の消費量が心配な人は、12リットルボトルではなく9.3リットルや7リットルなど、水の量が少ないウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

また、ノルマがないウォーターサーバーを探すのも解決策の一つです。

理由5.設置スペースがない

ウォーターサーバーを設置するには、ある程度のスペースの確保が必要です。

正面から見ると細く場所を取りそうには見えませんが、重さも高さもあります。

通気性の悪い場所に置いてしまい、サーバー内の衛生環境汚染されてしまうと、移動するのも一苦労でしょう。

また、一人暮らしですと、部屋のスペースも限られますので圧迫感があるかもしれません。

そのため、ウォーターサーバーを導入する場合、設置できるスペースをしっかり確保しておきましょう。

どうしてもスペースを確保できない人は、卓上タイプのウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

床置き型の半分程度のサイズなので、キッチンやリビングに置くことが可能です。

また、床置き型に比べ比較的サーバー本体は。軽いので移動も簡単にできます。

理由6.子どもがいるから心配

ウォーターサーバーには、冷水と温水が手軽に利用できるというメリットがあります。

しかし、手軽に利用できる反面、子どもがいるご家庭では勝手にお湯を出して火傷しないか、という心配もあるでしょう。

また、お湯だけではなく水を出しっぱなしにするような、火傷以外の事故も心配ですよね。

子どもがいるご家庭でウォーターサーバーの利用を検討している場合は、チャイルドロック機能付きのウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

現在発売されているウォーターサーバーのほとんどに、チャイルドロック機能が搭載されています。

なぜなら、火傷の事故を減らすために、経済産業省が事故防止に関する報告書を出しているからです。

メーカーに対し、子どもが容易にチャイルドロックを解除できないように工夫したうえで、サーバーを開発することを提案しています(参考:ウォーターサーバーのチャイルドロックに関する事故防止策の検討及び取りまとめ|経済産業省)。

解除するのに複雑な操作が必要だったり、サーバーの内側と外側にロックが付いているものもあるので、各メーカーの公式サイトで確認してみましょう。

理由7.浄水器があるからいらない

ウォーターサーバーがいらない理由の一つとして「浄水器があるから」というものも目にします。

浄水器があればウォーターサーバーがなくても水道水で済みますし、月額費用がかかってしまう心配はいりません。

しかし、浄水器はあくまでも水道水を使っており、ミネラル成分は比較的少ないです。

一方、ウォーターサーバーを使えば、おいしい天然水やミネラル成分がたっぷり含まれた水を飲むことができます。

安全でおいしい水が飲みたい人は、ぜひウォーターサーバーを検討してみましょう。

3.一人暮らしには必要ない?ウォーターサーバーがいらない人

ここまで、ウォーターサーバーがいらない理由を解説してきました。

少しでもデメリットと感じてしまうと、ウォーターサーバーの導入を見送ってしまう人も少なくないようですね。

では、ウォーターサーバーがいらない人は、どのような人なのでしょうか。

ウォーターサーバーをおすすめできない人は、以下の5つのいずれかに該当する人です。

  • サーバーの設置場所がない人
  • お湯を沸かすことが面倒ではない人
  • 水道水で十分な人
  • 浄水器を使っている人
  • 月額費用が高いと感じる人

それぞれ説明していきましょう。

(1)サーバーの設置場所がない人

一人暮らしやワンルームだと、どうしても設置スペースを確保できない場合があります。

ウォーターボトルを保管しておく場所も必要になってくるため、ある程度の広さがないと部屋が圧迫されてしまいます。

ウォーターサーバーは、一見、場所を取るようには見えませんが、横幅も高さもあります。

思った以上にサイズが大きい場合、好きな場所に置けない可能性もあるでしょう。

そのため、設置スペースがない人は導入が難しいです。

(2)お湯を沸かすことが面倒ではない人

ウォーターサーバーには温水機能が搭載されているため、いつでも好きなときに温水を利用できます。

コーヒーやお茶を入れたり、赤ちゃんのミルク作りに大変便利です。

しかし、電気ケトルやポット、やかんなどでお湯を沸かす手間が苦にならない人にとっては、ウォーターサーバーに必要性を感じないでしょう。

また、電気ケトルで1リットルの水を沸かすのに必要な電気代は約3円ほどで、毎日使用してもおよそ、月100円程度です。

一方、ウォーターサーバーの電気代は、メーカーや機種にもよりますが月380円ほどのものもあります。

お湯を沸かすことが面倒ではなければ、電気代が安いほうがよいですね。

そのような人にとって、ウォーターサーバーの導入は選択肢から外れてしまうでしょう。

(3)水道水で十分な人

ウォーターサーバーのメリットとして、天然水またはRO水から選べるという点が挙げられます。

天然水はミネラル成分を多く含んでおり、コーヒーやお茶にぴったりです。

RO水は、水道水などの原水をフィルター(RO膜)でろ過することにより、ほとんどの不純物を除去しているので、赤ちゃんのミルク作りにおすすめです。

しかし、普段から水道水で十分な人であれば、ウォーターサーバーの必要性を感じないかもしれませんね。

体内に入るものですが、水道水で十分と考える人にとっては、ウォーターサーバーは無駄になってしまうでしょう。

(4)浄水器を使っている人

水道水を飲んでいる人のなかには、浄水器を使っているという人もいるでしょう。

浄水器があれば、ウォーターサーバーを設置する必要性は低いかもしれません。

ミネラル成分を含んだ天然水や特殊なフィルターでろ過されたRO水よりも、水道水の味を好む人もいるからです。

もともと日本は水道水がきれいな国ですから、浄水器で十分事足りと考える人も少なくないようです。

そういった人にとって、ウォーターサーバーの導入はデメリットになってしまうかもしれませんね。

(5)月額費用が高いと感じる人

ウォーターサーバーを毎月維持していくためには、水代以外にもさまざまな費用が掛かります。

そのうえ、解約費用やウォーターボトルのノルマを達成できなったときの手数料も発生する可能性があります。

「思っていた以上に水を消費しなかった」と、契約したあとに気づく場合もありますよね。

サーバーレンタル代や水の送料が無料でも、水代だけで月額費用が高いと感じてしまう人には、ウォーターサーバーはおすすめできません。

4.こんな人におすすめ!ウォーターサーバーが必要な人

ここまで、ウォーターサーバーがいらない人について解説してきました。

一方で、ウォーターサーバーが必要な人はどのような人なのでしょうか。

ウォーターサーバーがおすすめな人は、以下の5つのいずれかに該当する人です。

  • 普段から水をたくさん飲む人
  • 赤ちゃんに安全な水を使いたい人
  • 温かい飲み物をよく飲む人
  • 水を飲む習慣をつけたい人
  • 重い荷物を運びたくない人

それぞれ説明していきます。

(1)普段から水をたくさん飲む人

毎日のように水をたくさん飲む人にとって、ウォーターサーバーは手軽においしい水が飲めるのでおすすめです。

ウォーターサーバーではなく、ペットボトルの飲料水を飲んでいる人もいるでしょう。

しかし、重たいペットボトルを買って帰るのも大変ですよね。

さらに、水の消費量が多くなると、ペットボトルのゴミも増えるので処分にも手間がかかります。

また、ペットボトルが冷蔵庫内を占領してしまうこともあるでしょう。

ウォーターサーバーを利用すれば、重たいペットボトルを持って帰る手間がありませんし、冷蔵庫を圧迫する心配もありません。

なぜなら、ウォーターサーバーで使用されているウォーターボトルには、回収してくれるタイプと、そのまま家庭ごみとして捨てられるタイプがあるからです。

回収してくれるタイプのウォーターボトルを「リターナブルボトル」と言います。

こちらは、リサイクル式のボトルですので、配達時に前回分を回収してくれます。

また、家庭ごみとして捨てられるタイプは「ワンウェイボトル」と言い、小さく折りたたむことが可能です。

ペットボトルと違ってかさばらない点は、水をたくさん飲む人にとってメリットと言えますね。

そして、水をたくさん飲む人におすすめなウォーターサーバーは「smartプラス」です。

ワンウェイウォーター スマート

サーバーレンタル代や水の配送料、メンテナンス料金が無料で、かかるのは水代4,104円~とコトスパフォーマンスが非常によいです。

「smartプラス」について詳しく知りたい人は、下記のページで詳細を確認してくださいね。

(2)赤ちゃんに安全な水を使いたい人

赤ちゃんのミルク作りに、ウォーターサーバーの水がうってつけなのはご存知でしょうか。

なぜなら、ウォーターサーバーの温水の温度は約80~90℃に維持されているからです。

調乳するのに最適な温度は70℃以上とされており、厚生労働省のガイドラインにも記載されています(参考:乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン|厚生労働省)。

70℃以上がよいとされる理由は、細菌が死滅する温度だからです。

そして、赤ちゃんに少しでも安全な水を飲ませたいと考えている人は、天然水ではなくRO水を選びましょう。

なぜなら、天然水はミネラル成分であるカルシウムやマグネシウムといった金属イオン含有量が多いため、赤ちゃんのお腹に負担がかかってしまうからです。

出産し、赤ちゃんがいるご家庭におすすめなウォーターサーバーは、キッズデザイン賞を受賞している「フレシャス デュオ」です。

新規2.フレシャス

ミルク作りにかかる時間を大幅に削減することができ、子どもや赤ちゃんが怪我をしないように工夫がされているからです。

「フレシャス デュオ」について詳しく知りたい人は、下記のページで詳細を確認してくださいね。

(3)温かい飲み物をよく飲む人

コーヒーやお茶、紅茶などの温かい飲み物を頻繁に飲む人に、ウォーターサーバーはおすすめです。

なぜなら、お湯を沸かす手間がなく、サーバーからすぐにお湯を出して使えるからです。

朝の忙しい時間帯や帰宅後の時間でも、手間がなく時間も削減することができます。

1日に何回もお湯を沸かす必要がないことは、大きなメリットと言えるでしょう。

なかでも、コーヒーをよく飲む人におすすめなウォーターサーバーは「フレシャス スラット+カフェ」です。

温かい飲み物をよく飲む人

旧型のスラットの機能はそのままに、コーヒー抽出機能が備わったウォーターサーバーです。

冷水はもちろん、常温水や熱湯も出すことができるので普段からよくコーヒーやお茶を飲む人に大変おすすめです。

「フレシャス スラット+カフェ」について詳しく知りたい人は、下記のページで詳細を確認してくださいね。

(4)水を飲む習慣をつけたい人

水が定期的に届き、こまめに水分補給するようになるので、水を飲む習慣をつけたい人にウォーターサーバーは大変おすすめです。

水を飲む習慣をつけると、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。

体中の水分が不足すると、熱中症や脳梗塞といったリスクが発生し、健康状態に悪影響を及ぼします。

そのため、厚生労働省の「健康のため水を飲もう」推進運動では以下のように提言されています。

これら脱水による健康障害や重大な事故などの予防には、こまめな水分補給が効果的です。寝る前、起床時、スポーツ中及びその前後、入浴の前後、そしてのどが渇く前に水分補給を心がけることが重要です。

「健康のため水を飲もう」推進運動|引用元:厚生労働省

健康維持のために水を飲む習慣をつけたい人におすすめのウォーターサーバーは「どこよりもウォーター」です。

水を飲む習慣をつけたい人

どこよりもウォーターでは、厳選された3つの採水地の天然水から選ぶことができます。

また、不純物をていねいに取り除いたり、毎日1時間ごとに水質検査を行ったりするなど品質管理も徹底されています。

「どこよりもウォーター」について詳しく知りたい人は、下記のページで詳細を確認してくださいね。

(5)重い荷物を運びたくない人

毎日たくさんの水を飲む習慣がある人は、スーパーで大量にペットボトルの飲料水を購入しているのではないでしょうか。

そのような場合、女性やご年配にとって持って帰るのは容易ではありません。

一方、ウォーターサーバーで使用するウォーターボトルは、自宅まで届けてくれるのでそのような大変さはありません。

水が足りなくなったら追加注文も可能ですから、わざわざ買いに行く必要もありません。

ペットボトルで冷蔵庫を圧迫する心配もないので、利用する側にとって大きなメリットと言えるでしょう。

重いウォーターボトルを運びたくない人には「Kirala スマートサーバー」がおすすめです。

5.炭酸水を楽しみたい!Kirala:スマートサーバー

ウォーターボトルではなく1パック5.8リットルのウォーターパックを使用しているので、女性やご年配の人でも取り扱いが簡単です。

「Kirala スマートサーバー」について詳しく知りたい人は、下記のページで詳細を確認してくださいね。

5.悩み別!デメリットを解消できるウォーターサーバー3選

ここまで、ウォーターサーバーが必要な人について説明してきました。

必要性を感じる一方で、まだ導入に踏み切れない人もいるのではないでしょうか。

「一人暮らしにウォーターサーバーは必要?」や「コストがかからないようにしたい」といった悩みがあることでしょう。

また、置き場所に困らないウォーターサーバーがあったら嬉しいですよね。

条件別でおすすめのウォーターサーバーを3つ紹介します。

  • 置き場所に困らない!アクアクララ:AQUA FAB
  • コストが低い!ウォータースタンド:ナノシリーズ・ネオ
  • 一人暮らし向け!フレシャス:dewo mini

それぞれ説明していきます。

1.置き場所に困らない!アクアクララ:AQUA FAB

2.デザインで選びたい!アクアクララ:アクアファブ

アクアクララ アクアファブ」は、グッドデザイン賞金賞を受賞するほど、デザインにこだわったウォーターサーバーです。

ウォーターボトルが隠れるように、着脱式ボトルカバーがサーバーの上部に付いています。

つまり、白と黒の洗練されたデザインをキープしながらも、ボトルが見えないよう工夫されているのです。

また、ウォータートレイは収納することができ、生活感を隠すこともできるでしょう。

幅は286mmと比較的スリムなので、置き場所に困らないウォーターサーバーがよいという人におすすめです。

2.コストが低い!ウォータースタンド:ナノシリーズ・ネオ

1.ウォータースタンド「ナノラピアネオ」

ウォータースタンド ナノシリーズ・ネオ」は、ウォーターボトルを設置するタイプとは違い、水道に直結するタイプのウォーターサーバーです。

は、水道直結型なので水代が圧倒的に安いことが魅力でしょう。

サーバーレンタル料金は3,850円となっており、水道代は約61円/月です。

また、専門スタッフによる初期設置やフィルターの交換、メンテナンスといった5つの安心サービスがあります。

ご家庭で水をたくさん使う人や、定期メンテナンスを活用したい人におすすめのウォーターサーバーと言えるでしょう。

3.一人暮らし向け!フレシャス:dewo mini

3.一人暮らし向け!フレシャス:dewo mini

フレシャス dewo mini」は「フレシャスdewo」の卓上タイプとなっており、一人暮らしの自宅でも場所をとらないウォーターサーバーです。

ウォーターボトルではなく4.7リットルのウォーターパックが採用されているため、女性や年配の人でも扱いやすいでしょう。

1/3の小さいサイズですが、「フレシャスdewo」の仕様を引き継いでおり温水・冷水も利用できます。

水の消費量が少ない人や、コンパクトなウォーターサーバーがよいという人におすすめのウォーターサーバーです。

まとめ

この記事では、ウォーターサーバーの必要性を解説してきました。

ウォーターサーバーの必要性を感じる一方で、デメリットを考え、いらないという声もあります。

実際に使ってみて「月額費用が高い」や「水が消費できない」と、後悔することも少なくありません。

しかし、出産を機に、赤ちゃんに安全な水を飲ませてあげたいと思うこともあるでしょう。

また、買い物に行く手間やお湯を沸かす手間が省けるのもウォーターサーバーのメリットと言えます。

ぜひ、ウォーターサーバーの必要性について考え、自分にあっているかどうか判断してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます