知って納得!ウォーターサーバーのメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウォーターサーバーを検討中ですね。

ウォーターサーバーの主なメリットは、水のおいしさと便利さにあります。いつでも冷水や温水を使えるウォーターサーバーは、私たちの生活をより向上してくれます。

一方、主なデメリットは、ウォーターサーバーを保持するための負担にあります。

ここでは、私が感じた全てのメリットとデメリットご紹介します。ぜひ納得して契約するための参考にしてください。

まずは、メリットからついてお伝えしますね。

1.ウォーターサーバーの5つのメリット

まず、私が使って感じた5つのメリットを紹介します。

  • おいしい水が飲める
  • 美容や健康にいい水が飲める
  • いつでも温水と冷水が飲める
  • 備蓄水として使える
  • インテリアとしても楽しめる

順番にお伝えします。

(1)おいしい水が飲める

ウォーターサーバーの水は、水道水のような苦味やしぶみがなく、とてもおいしく飲めます。

水道水を飲むと、塩素の苦味やしぶみを感じる時がありますよね。ですが、ウォーターサーバーの水は、苦味やクセが全くなくておいしいと評判です。

なぜかというと、ウォーターサーバーの水は、水道水とは違い、塩素を使わずに殺菌することでおいしさを保っているからです。

(2)美容や健康にいい水が飲める

ウォーターサーバーの水は、ミネラルバランスがよく美容や健康にとてもいいです。

人の体の60%は水分でできているので、お肌や体調の管理には水がとても大事です。

ウォーターサーバーの水は、富士山などの自然豊かな場所でとられているので、ミネラルをバランスよく含んでいます。

(3)いつでも温水と冷水が飲める

ウォーターサーバーを置くことで、いつでも温水や冷水を飲むことができます。

ウォーターサーバーを置くと、いつでも温水と冷水が楽しめます。ティータイムに使えるのはもちろん、味噌汁を作るときやお米を炊くときにもおいしい水が使えます。

(4)備蓄水として使える

ウォーターサーバーの水は、備蓄水としても使えます。

備蓄水を用意していますか?東日本大震災が起きてからは特に、備蓄水が大事だと言われるようになりました。ですが、普段から用意しつづけるのは大変ですよね。

ウォーターサーバーを利用していれば、定期的に水が届くので、備蓄水として役立ちます。毎月新しい水が届くので、賞味期限を気にする必要もありません。

(5)インテリアとしても使える

最近のウォーターサーバーは、インテリアとしても注目されています。

今までは、オフィスや公共の場でしか使われてなかったウォーターサーバーですが、最近は家のダイニングやリビングに置いて使われることが多くなりました。

そのため、デザインがよいおしゃれなウォーターサーバーがどんどん登場しています。

2.ウォーターサーバーの5つのデメリット

続いて、私が使って感じた5つのデメリットを紹介します。

  • 場所を取る
  • 費用がかかる
  • ケガをすることがある
  • 手間がかかる
  • 簡単に解約できない

一つずつチェックしていきましょう。

(1)場所をとる

ウォーターサーバーを利用すると、水とサーバーを置くスペースが必要となるので場所をとります。

特に、交換用の水は、日光があたらないところに置いておく必要があるので場所を選びます。2Lペットボトルと比べると、かなりの量ですよね。これで、主に4人暮らしの1ヶ月分にあたる48Lです。

(2)費用がかかる

ウォーターサーバーを利用すると、月4000円〜1万円ほど費用がかかります。

ウォーターサーバーにかかる費用は水の料金だけではありません。さらに、レンタル料やメンテナンス料、電気代などがかかってきます。

主に二人で使用した場合でも4000円ほどかかるので、決して、安いものではありません。もちろん、水を使う量が多いほど金額は高くなります。

(3)やけどに注意が必要

ウォーターサーバーは誤った使い方をすると、やけどやケガをすることがあります。

ウォーターサーバーは安全に配慮して作られており、チャイルドロックが備わっています。しかし、過去には、チャイルドロックが機能せず、子どもがやけどをしてしまう事故がありました。

最近のウォーターサーバーは、より危険がないように作られています。しかし、事故はいつ起こるかわかりません。

(4)ボトルの交換やメンテナンスに手間がかかる

ウォーターサーバーを使うには、ボトルの交換やメンテナンスをする手間がかかります。

12L入ったボトルを持ち上げるのはとてもつらく、女性や高齢の人には大変な作業です。また、定期的にメンテナンスをして、きれいな状態を保つ必要もあります。

最近は、軽量ボトルや自動クリーン機能つきの手間の少ないウォーターサーバーが登場していますので、女性の人や高齢の人におすすめです。

(5)気軽に解約できない

ウォーターサーバーを使い始めると、解約するときに解約料がかかるので気軽にやめられません。

ウォーターサーバーは2年間使うことを前提に契約するので、2年以内の解約には解約料が発生します。なので、一度契約すると気軽にやめられません。ちなみに、解約料は約1万円かかります。

契約する前にまず使ってみたい人は、無料でお試しできるメーカーもあります。詳しくは『ウォーターサーバーの無料お試しキャンペーンでおすすめはこれ!』で確認してみてください。

3.ウォーターサーバーの口コミと評判

ウォーターサーバーの使い心地は、実際に使っている人の意見を聞くのが一番です。そこで、ウォーターサーバーを使って生活している人の口コミを集めました。

全体としては、ウォーターサーバーの便利さに満足している声が多く集まりました。一方で、水を消費しきれないことや、手間がかかることに不満の声もありました。

“水を消費しきれない時はスキップで解決”

    水が消費しきれない場合は、配達のスキップが有効です。ほとんどのウォーターサーバーは、1ヶ月間なら無料で水の配達をお休みにすることができます。
    一度、使っているウォーターサーバーのコールセンターやカスタマーセンターへ問い合わせてみましょう。

良い口コミ

水のおいしさやウォーターサーバーの便利さに満足する声が多くありました。

水がおいしい

お湯を沸かす必要がなくて楽

とても便利

悪い口コミ

水が消費できないことや水の交換について不満の声がありました。

水が消費できない

場所をとる

重くて大変

やけどする

費用がかかる

4.ウォーターサーバーはこんな人におすすめ

ウォーターサーバーはこんな人におすすめです。

  • おいしい水を飲みたい人
  • 美容や健康を大切にしたい人
  • 毎朝コーヒーや紅茶を飲む人
  • 備蓄水を定期的に買っている人

このような人は、ウォーターサーバーを利用することでより生活が快適になります。

5.メリットとデメリットから厳選したおすすめのウォーターサーバー

ここまでのメリットとデメリットを踏まえて、私が一番おすすめするのは、フレシャスのスラットです。

フレシャスのスラットを選んだ理由は

・最新のウォーターサーバーだから
・5段階の温度設定ができるから
・省エネで電気代が安いから
・給水口が広くて使いやすいから

です。

スラットは、2016年に発売されたフレシャスの一番新しいウォーターサーバーです。冷水・温水の他にも、常温水や熱湯まで使えるので、生活のいろんな場面で役立ちます。

色は、マットなホワイトとブラックの全2色です。

申し込み方法など、詳しい説明は『フレシャスの最新機種「スラット」を選ぶべき6つの理由』で紹介していますので、確認してみてください。

まとめ

今回は、私がウォーターサーバーを使って感じた全メリットとデメリットを紹介しました。

メリットは、苦味がしない水のおいしさと、いつでも温水や冷水が使える便利さにありました。一方、デメリットは、費用やメンテナンスなどウォーターサーバーを保持するための負担にありました。

メリットとデメリットの両面を知り、あなたにとって一番いい契約を結びましょう。実際にウォーターサーバーを使っておすすめできると感じたのは、フレシャスのスラットです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*