浄水サーバーとは?ウォーターサーバーとの違いやおすすめ機種を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
浄水サーバーとは?ウォーターサーバーとの違いやおすすめ機種を紹介

浄水サーバーについてお調べですね。

浄水サーバーとは、蛇口に直接つないで使えるウォーターサーバーのこと。

水道水を浄水するのはもちろん、冷水や温水をいつでも飲むことができます。

最近では、ウォータースタンドとしても知られていますね。

今回は、そんな今話題の浄水サーバーについて徹底解説します。

ウォーターサーバーとの違いについてもお伝えしますので、どれを利用しようか悩んでいる人も、ぜひ参考にしてください。

1.浄水サーバーとは

様々なウォータースタンドの写真

浄水サーバーとは、蛇口に直接つないで使えるウォーターサーバーのことです。

水道水を浄水するのはもちろん、いつでも冷水を飲めたり、温水を使ったりできます。

最近CMで話題になったウォータースタンドも浄水サーバーの一種です。

2.浄水サーバーの3つの特徴

まずは、浄水サーバーにはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

主な特徴は次の3つです。

特徴1.きれいでおいしい水が飲める

特徴2.いつでも冷水や温水が使える

特徴3.たくさん使ってもお得

では、順番にお伝えしていきます。

特徴1.きれいでおいしい水が飲める

コップに入った水

浄水サーバーを使えば、水道水を飲むと感じるような塩素臭さや渋みの全くない、とてもきれいでおいしい水を飲むことができます

なぜきれいな水が作れるのかというと、浄水サーバーに付いている“ろ過装置”がとても高機能だからです。

例えば、最新のROフィルターを利用した“ろ過装置”を使えば、水分子以外の不純物を約99.9%も除菌できます。サビや農薬、残留塩素などはもちろん、小さな細菌、ウイルスまでほぼ全ての有害物質を取り除いてくれます。

ちなみに、浄水サーバーに使われているろ過装置は、次のような仕組みのものです。

ウォータースタンドのROフィルター※RO方式(ジャスト製)

特徴2.いつでも冷水や温水が使える

2つ目の特徴として、いつでも冷水や温水が使えることがあげられます。

夏の暑い日には冷たい水をいつでも飲めたり、冬にはあったかい飲み物をさっと作ったりできるのでとても便利。

機種によっては常温水も使うこともできるので、お腹を冷やしたくない時にも便利です。

使用シーンはその他にもたくさんあるので、あなたに合った使い方ができます。

ウォータースタンドの様々な利用シーン

ちなみに、私は朝コーヒーを入れるのに使ったり、寝る前に白湯を飲むために使ったりしています。

何の手間もなく使えるので、毎日使っていますね。

特徴3.たくさん使ってもお得

そして3つ目の特徴は、たくさん使ってもお得であることです。

ウォータースタンドの費用は定額でお得

浄水サーバーは定額制のサービスなので、どれだけ水を使っても費用が変わりません

そのため、費用を気にせずに、いつでも必要な分だけ使うことができます。

浄水サーバー費用はどのくらい?

浄水サーバーにかかる費用は、およそ月4,000円〜7,000円です。

定額制のサービスなので、月々かかる費用が変わりません。そのため、計画的に安心して利用することができます。

3.浄水サーバーとウォーターサーバーの3つの違い

ここまで浄水サーバーの特徴を見てきましたが、「ウォーターサーバーとどこが違うの?」と疑問に思われた方もいたかと思います。

そこでここからは、ウォーターサーバーとの違いについて詳しく説明していきます。

主な違いは、次の3つです。

違い1.天然水が飲めない

違い2.蛇口へ直接つないで使う

違い3.卓上型の種類が多い

では、順番に見ていきましょう。

違い1.天然水が飲めない

まず、浄水サーバーとウォーターサーバーでは、飲める水の種類が違います。

ウォーターサーバーでは天然水を飲めますが、浄水サーバーでは飲むことができません

浄水サーバーの水も雑味のないおいしい水なのですが、天然水の方が自然のミネラルをたくさん含んでいるので、より豊かな味わいがします。

天然水のイメージ画像

違い2.蛇口へ直接つないで使う

続いて、浄水サーバーとウォーターサーバーでは、水の供給方法が違います。

ウォーターサーバーでは、水の入ったボトルが配達される仕組みが一般的です。

しかし、浄水サーバーは水道の蛇口へ直接つないで利用します

蛇口にウォータースタンドが取り付けられた写真

ボトルが配達される仕組みだと、ボトルを受け取らなくてはいけなかったり、空きボトルをゴミに出す必要があったりと面倒なことが多いです。

しかし、蛇口に直接つないで使えると、そういった手間が一切いらないのでとても楽です。

ただし、蛇口近くにしか置けないので、設置場所は気をつけておかなくてはいけません

違い3.卓上型の種類が多い

ウォーターサーバーでは、“据え置き型”と呼ばれる大きいタイプが主流のモデルです。そのため、卓上型の種類は少なめです。

しかし、浄水サーバーでは“卓上型”が主流なので、種類がたくさんあります

ウォータースタンドのイメージ画像

なぜ卓上型が主流なのかというと、上でお伝えしたように蛇口につなぐ必要があるからです。

蛇口との距離が遠いと、ホースを長く伸ばさないといけません。そのため、できる限り蛇口に近く、そして邪魔にならないように設置する必要があります。

このようなことから、場所を取らないコンパクトな“卓上型”が主流になっています。

4.浄水サーバーはこんな人におすすめ!

こんな人におすすめします!

浄水サーバーは、いつでも冷水や温水が使えて、たくさんの水をお得に利用できます。

そこで、次のような人に浄水サーバーはおすすめできます。

  • おいしい水をたくさん飲みたい人
  • 冷水や温水をいつでも使いたい人
  • 費用が気になってウォーターサーバーを諦めた人

一方で、浄水サーバーには、天然水が飲めなかったり、設置場所が限られるなどのデメリットもあります。

なので、次のような人にはウォーターサーバーがおすすめできます。

  • 天然水が飲みたい人
  • 台所やカウンターにスペースがない人
  • 蛇口がない場所で利用したい人

どちらにも向き不向きがあるので、あなたの希望に合ったものを選ぶようにしてください。

5.おすすめの浄水サーバーはコレ!

ここまでの内容で「浄水サーバーいいな」「利用してみたい」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

しかし、一言で浄水サーバーと言っても、たくさん種類があってどれを選べばよいのか分かりにくいですよね。

そこで、浄水サーバーやウォーターサーバーを50種類以上調査している私が、最もおすすめできる浄水サーバーをご紹介します。

“おすすめのウォーターサーバーはこちら”

「ウォーターサーバーの方が良いな」と思われた人は、『ウォーターサーバー全50種を比較!あなたにおすすめが分かる』を参考にしてください。

こちらの記事では、50種の中から最もおすすめできるウォーターサーバーを検証し、紹介しています。

おすすめの浄水サーバー「ナノラピア ネオ」

私が最もおすすめするのは、株式会社ジャストが提供している「ナノラピア ネオ」です。

なぜなら、ナノトラップフィルターを使った高機能な浄水装置が付いていて、さらに月額費用が約4,000円とお得に利用できるからです。

ウォータースタンド ラノラピア ネオの写真

冷水や温水、常温水が使えることはもちろん、省電力モードも搭載されているので、電気代を安く抑えることができます。

使い勝手が良く、コストパフォーマンスに優れた一台です。

“詳細”

  • 浄水方式:静電吸着タイプ
  • サイズ:260mm(W)×505mm(D)×500mm(H)
  • 重さ:18.0kg
  • 色:ホワイト
  • レンタル料:月3,980円(税抜)
  • 支払い方法:クレジットカード

まとめ

今回は、浄水サーバーについて紹介してきました。

浄水サーバーを利用すれば、費用を気にせずに、おいしい水をたっぷり飲むことができます。

ただし、天然水が飲むことができなかったり、蛇口がある場所でしか使うことができないなどのデメリットもあります。

ですので、浄水サーバーとウォーターサーバー、どちらかあなたの希望に合う方を選んで、より充実した生活を送ってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください