水の宅配なら、ウォーターサーバーを選ぶべき全理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水を宅配してもらえるサービスをお探しですね。

アマゾンや楽天でペットボトル水を定期配送してもらうこともできますが、おすすめはウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーなら、定期的に水を宅配してもらえるので買い足す手間もなく快適。さらに、お湯もすぐに使えるのでかなり便利です。

ここでは、ウォーターサーバーのメリットやデメリットを解説。その上で、おすすめのウォーターサーバーを紹介します。

この記事を読めば、宅配水のことが全てわかるので、ぜひ参考にしてください。

目次

1.水の宅配ならウォーターサーバー

定期的に水を届けてもらいたい人は、「ウォーターサーバー」を利用しましょう。

ウォーターサーバーとは、温水と冷水が使える家電です。元々は、オフィスで使われていましたが最近では家庭にも置かれるようになりました。

初めて契約する人は、「ペットボトルを定期購入した方がいいの?」と考えるかも知れません。しかし、結論から言うとウォーターサーバーの方が断然おすすめです。

なぜなら、500mlペットボトルと同じような値段で、より便利に利用できるからです。

とくに、私が一番おすすめしているウォーターサーバーだと、「熱湯・常温・ミルク用温度」が使えます。また、デザインがおしゃれなのでインテリアとしても活躍してくれます。

まずは、ウォーターサーバーのメリットとデメリットについてみていきましょう。

2.ウォーターサーバーを選ぶべき5つの理由

ウォーターサーバーが一台あると、普段の生活が驚くほど快適になります。

私もウォーターサーバーを使うまでは、「定期購入したり、ケトルを使うので十分かな」と思っていましたが、実際に契約すると使いやすく手放せなくなりました。

まずは、ウォーターサーバーのメリットを解説します。

理由1.安全性が高くおいしい水が飲める

ウォーターサーバーの水は、しっかりと殺菌消毒されているので安全性が高く、おいしいです。正直に言うと、ウォーターサーバーを導入するまでは、味の違いはわかりませんでした。

しかし、ウォーターサーバーを導入してから1ヶ月ほど経つと、それまで飲めていた浄水器のお水が「まずい。。」と感じるようになりました。

最初のうちは感じにくいかも知れませんが、使っていると確実においしさがわかります。

理由2.すぐにお湯が使える

ウォーターサーバーは、すぐにお湯を使えます。

これ、思っていた以上に便利なんです!

それまではケトルで十分だと思っていました。でも、忙しい日の朝や、ヘトヘトで帰宅したときに、ケトルでお湯を準備するのは面倒ですよね。

でも、ウォーターサーバーがあるとお湯が準備されているので、すぐにコーヒーやお味噌汁を作れます。ウォーターサーバーを使い始めてからは、「これまでケトルを使ってたけど、こんなにストレスを感じていたんだな。。」と思うようになりました。

理由3.重たいボトルを運ぶ必要がない

スーパーなどでペットボトルを購入するとなると、買い物が増えて大変です。1回に購入できるのは、多くて6ℓ程度なので頻繁に買いに行く必要があります。

しかし、ウォーターサーバーなら定期的にお水を運んでくれるため買いに行く必要がありません。重たい荷物を運ぶ手間もなくなるので、とっても快適です。

理由4.冷蔵庫のスペースが空く

冷蔵庫がペットボトルで満杯になることはありませんか?

ウォーターサーバーがあると、常に冷たい水が使えるので冷蔵庫にスペースができます。また、お水を冷やし忘れてぬるい水になる心配もないのが嬉しいですね。

理由5.インテリアとして使える

ウォーターサーバーの中には、デザインがとってもカッコいいものがあります。例えば、私がおすすめしているフレシャス「slat」は部屋に馴染むデザインでインテリアとしても活用できます。

ウォーターサーバーがあると、部屋の印象がぐっと上品になるので、頻繁に友達が遊びに来る人にはとくにおすすめです。

3.ウォーターサーバーの2つのデメリット

数多くのメリットがあるウォーターサーバーですが、「料金がかかる」「スペースを取る」と言ったデメリットもあります。

デメリット1.料金がかかる

ウォーターサーバーを導入すると、最低でも毎月3,000~4,000円の費用がかかります。

とはいえ、料金は500mlボトルを購入するのと大きな差はありません。こちらは後ほど解説します。

デメリット2.スペースを取る

ウォーターサーバーは、直径 30cm、高さ110cmほどあります。冷蔵庫ほどではありませんが、ウォーターサーバーを設置するためのスペースが必要です。

4.ウォーターサーバー利用者の声

普段の生活をより快適にするウォーターサーバー。ここからは、ウォーターサーバーの利用シーンと利用者の声を見て行きます。

4-1.赤ちゃんのミルク作りなど、子育てが楽になった

ウォーターサーバーの水は安全性が高いため、赤ちゃんのミルク作りに最適です。とくに、お湯をすぐに使えるため、約5分でミルクを作れます。

水道水を使ってミルクを作ると、有害物質を除去するために20分以上過熱する必要があります。ウォーターサーバーがあるだけで、子育てがかなり楽になります。

4-2.ごはんが美味しくなった

ウォーターサーバーは料理にも活用できます。ウォーターサーバーの軟水は、和食の味を引き立てます。食にこだわりがある人なら、お米を炊くときのお水にウォーターサーバーの水を使っています。

天然水を使ってご飯を炊くと、お米が立っておいしくなります。

4-3.水を飲む習慣ができて健康にイイ

健康に気を使いたい人にとって、水分を取るのは大切です。ウォーターサーバーがあると、手軽においしい水が飲めるので、自然に水を飲むことが増えます。

私の場合、起床時やお風呂上がりに、お水を飲むようになるなど、生活習慣がガラッと変わりました。口コミにも、ウォーターサーバーを使ってからお水をよく飲むようになったという声が見られます。

4-4.食後の紅茶やコーヒーが楽しみに♪

ウォーターサーバーがあると、食後に紅茶やコーヒーを手軽に準備できます。とくに、紅茶や日本茶が好きな人にはウォーターサーバーがおすすめ。味の違いに驚くに違いありません。

私は以前、浄水を使って紅茶を作っていました。しかし、ウォーターサーバーのお水を使ってからは、浄水器の水を使って紅茶を淹れたくないと思うようになりました。ウォーターサーバーのお水を使うとおいしい紅茶ができます。

4-5.お湯わりや水割りに

お湯割を作るために、お湯を沸かすのはかなりの手間ですよね。でも、ウォーターサーバーがあるとお湯割がすぐに作れます。

さらに、「水道水で水割りを作るのはちょっと。。」と思っていた人なら、水割りも手軽に楽しめるようになります。お酒付きには、もってこいですね。

5.本当にウォーターサーバーは必要?水道水ではダメなのか

わざわざ、ウォーターサーバーのお水を買う必要があるの?と思う人もいると思います。

水道水は国が徹底して管理を行っているので安全性が高いです。ただし、自宅に水が届くまでの水道管やマンションの貯水タンクが汚れていることがあります。

実際、水道管の多くは、古いまま使われているので安全性が高いとはいえません。そのため、安全性に気を使いたい人には、ウォーターサーバーのお水がおすすめです。

5-1.浄水器はダメなの?

浄水器があると、カルキ臭のない水を飲むことができます。しかし、ミネラルウォーターのようにおいしい水を飲みたい人は天然水がオススメです。

水道水のカルキ臭さやカビ臭は浄水器で取り除くことができます。また、高機能な浄水器ならほどんどの有害物質を取り除くことができます。

しかし、水がぬるくなると水道水っぽさを感じてしまいます。そのため、おいしい水を飲みたい人は妥協せず宅配水を利用した方が満足度は高くなります。

6.ウォーターサーバーの2つのお水

ウォーターサーバーでは、天然水とRO水を利用できます。ここでは、ウォーターサーバーで利用できるお水の特徴を見ていきましょう。

6-1.天然水とRO水

天然水は、市販のウォーターサーバーと同じようなお水。ウォーターサーバーによって種類はざまざまで、全国各地のおいしい水を楽しめます。

RO水とは、超微細フィルターを使って作るろ過水。天然水に比べて安く購入できますが、人工的に味が調整されていて、おいしさの評判は良くありません。

そのため、おいしい水を飲みたい人には天然水がおすすめです。

6-2.天然水には、成分がたくさん含まれている

ウォーターサーバーの天然水には、カルシウムやマグネシウムなどの成分が含まれています。

バナジウムなど、食べ物からは毎日取ることが難しい成分も摂取できるので、健康に気を使いたい人に嬉しいですね

6-3.軟水と硬水

天然水は含まれているマグネシウムとカルシウムの量によって軟水と硬水に分かれます。

カルシウムとマグネシウムが少なめのお水は、軟水。多めの水は硬水です。硬水は成分が多すぎるため日本人には合わず、お腹を下してしまうことがあります。

しかし、軟水は赤ちゃんやご年配の人でも飲むことができます。ウォーターサーバーで利用できるのは、基本的に軟水なので安心です。 

7.ペットボトルとの比較

ペットボトルとどちらがお得なの?と思う人もいるかもしれません。結論から言うと、料金が一番安いのは2ℓペットボトルを定期的に購入することです。

しかし、2ℓペットボトルの定期購入は現実的ではありません。毎回の買い物が大変ですし、冷蔵庫の場所もとります。

その点、ウォーターサーバーは定期配送で楽。冷水に加えて温水も使えます。料金だけでなく、利便性を考慮すると断然ウォーターサーバーがおすすめです。

8.ウォーターサーバーはこんな人におすすめ

ウォーターサーバーは、とくに次のような人におすすめです。

・お湯や冷水を利用したい
・楽においしい水が飲みたい
・健康に気を使いたい
・赤ちゃんのミルクやお白湯に使いたい

一方、料金を気にしすぎる人にはおすすめできません。

ウォーターサーバーは2ℓペットボトルを購入するよりも料金がかかります。しかし、それでもウォーターサーバーが絶対におすすめです。

何よりお湯が使えるのが便利。私はウォーターサーバーを導入してからお風呂上がりにお白湯を飲むようになりました。そのほかにも、水を飲むタイミングがかなり増えるなど生活習慣が変わりました。

ウォーターサーバーは水のおいしさはもちろん、便利さも抜群なので生活を快適にしたい人には自信を持っておすすめできます。

ここからはウォーターサーバーの基礎情報について解説します。

9.ウォーターサーバーの基礎情報

ウォーターサーバーには、たくさん種類があります。ここでは、ウォーターサーバーの基礎情報として以下の5つを解説します。

・ボトルタイプについて
・サーバータイプについて
・料金について
・注文方法について
・宅配エリアについて

9-1.ボトルタイプについて

ボトルには、使い捨てタイプと回収型があります。総合的に考えて、おすすめなのは使い捨てタイプです。

リターナブル方式(回収タイプ)はボトルの処理や保管が面倒です。配達日の指定ができないため、再配達になったり、玄関前にボトルが放置されることがあります。また、次の配達までボトルを保管しておかないといけないので、ボトルが部屋のスペースをとります。

ワンウェイ方式(使い捨てタイプ)なら、配達日の指定ができるためボトル受け取りがスムーズ。使い終わったボトルも捨てられるので、ゴミもかさばりません。

9-2.サーバータイプについて

ウォーターサーバーには、床置きタイプと卓上タイプがあります。

十分なスペースがある人には、床置きタイプがおすすめ。

床置きタイプと卓上タイプで料金に差はありません。卓上タイプは机などの上に置くと床置きウォーターサーバーよりも高くなり、ボトル交換がしにくくなることがあります。

また、93℃以上の熱湯が使えるのは、床置きタイプだけです。そのため、十分にスペースがある人には床置きウォーターサーバーがおすすめです。

9-3.料金について

ウォーターサーバーを利用すると、毎月最低でも3,000~6,000円の費用がかかります。

毎月かかる費用は次の4つです。

水代   :900~2,000円(12ℓ)
電気代  :300~1,000円
レンタル料:500~1,700円
送料   :200円~

料金は、毎月かかる費用を合計したトータルの料金で比較するのが大切です。

9-4.注文方法について

ウォーターサーバーは、基本的に毎月決まった量の水が届く「定期配送」です。

水を飲みきれなかったときはや、宅配スキップができるなど柔軟に対応してもらえるところもあります。

9-5.宅配エリアについて

水を宅配できる地域はウォーターサーバーによって違います。一般的には、採水地から遠いほど送料がかかる仕組みです。契約する前に送料がどれくらいかかるのか確認しておきましょう。

10.人気のウォーターサーバーを比較

失敗せずにウォーターサーバーを選ぶためには、以下5つのポイントで比較するといいでしょう。

・配送方法
・水の種類
・サーバーの衛生面
・ボトル交換の楽さ
・熱湯が使える

ここでは、このポイントを参考に人気のウォーターサーバーの比較表を作りました。

結論から言うと、フレシャスのslatが最もおすすめです。なぜなら、この5つのポイントを抑えているウォーターサーバーで最も安く、最も使いやすいからです。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

10-1.配送方法

ボトルの受け取りやゴミの処理が快適にできるのは、slatかプレミアムウォーターです。

ワンウェイ方式でもフレシャスのslatなら、配達日だけではなく配達時間を指定できます。そのため、ストレスなくボトルを受け取ることができます。

10-2.水の種類

水は天然水を選ぶのがおすすめです。

RO水は人工的にミネラルのバランスを調整したお水で、おいしさの評判は良くありません。

おいしい水を楽しみたい人は、天然水を選んだ方が満足できます。

10-3.サーバーの衛生面

ウォーターサーバーの中には、サーバー内を自動洗浄できるタイプがあります。

ウォーターサーバーはメンテナンスを怠ると雑菌が発生してしまうことがあります。しかし、サーバー内を自動で洗浄できるタイプなら、いつまでもキレイな水を楽しむことができます。

フレシャスの「slat」やコスモウォーターの「らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス」は、サーバー内を自動で洗浄できるので安心です。

10-4.ボトル交換の楽さ

ウォーターサーバーのボトル交換は、必ず楽なタイプを選びましょう。

12ℓボトルはお米10kgよりも重たいので、持ち上げるのはかなり大変。サーバー上部で交換するタイプだと、女性や年配の人には交換できない可能性があります。

フレシャスの「slat「やコスモウォーターの「らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス」なら、足元でボトル交換ができるのでとっても楽。実際、私もボトル交換をしてみましたが、あまり力が必要ありませんでした。

ボトル交換の楽さは満足度に大きく関わるので、絶対に足元で交換できるタイプがオススメです。

10-5.使える温度:熱湯が使える

ウォーターサーバーで使える温度も見ておきましょう。

一般的なウォーターサーバーの温度は、80~90℃。インスタントヌードルを作るには少しぬるめです。

インスタントヌードルなどを作る可能性がある人は、90℃以上の熱湯が使えるフレシャスslatがおすすめです。

10-6.結論!便利さで選ぶならフレシャス「slat」がおすすめ

ウォーターサーバー選びで重要な4つのポイントを比較した結果、総合的に考えて、一番おすすめなのはフレシャスのslatです。

スラットは、熱湯の他に常温やミルク用の温度が使える優れもの。さらに、人が使いやすいように給水口の高さなどが設計されている使いやすさ抜群のウォーターサーバーです。

2016年のオリコン満足度調査でも1位に輝いているので、サービスも信頼できます。

ウォーターサーバーを検討している人は、フレシャスのslatを選ぶと間違いありません。

まとめ

水を宅配してもられるサービスについて解説しました。

ウォーターサーバーは、水を宅配してもらえるだけでなく温水が使えたり、普段の生活がグッと快適になります。

ウォーターサーバーの種類はたくさんありますが、失敗しないためのポイントを押さえているフレシャス「slat」が最もおすすめです、

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*