RO水とは?メリット・デメリットを徹底解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

RO水のことが気になっていますね。

RO水は、RO膜でしっかりとろ過された水です。天然水と比較して価格が安いので、「水にお金をかけたくない」という人にはおすすめです。

しかし、RO水はミネラルが含まれていないので、あまりおいしくないという口コミも見られます。

ここでは、RO水の性質とメリット・デメリットを天然水と比較しながら解説。最後には、安くて便利なウォーターサーバーもご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.RO水とは

RO水とは、RO膜というかなり細かいフィルターでろ過した水のことです。

RO膜は、水に含まれる不純物(ウィルス・カビ・細菌など)を99.9%除去しるため、限りなく純水に近い状態の水になります。RO膜に通すと、放射性物質などのかなり細かい物質も除去してくれるため、安全性の高いお水ができます。

RO水の中には、ろ過した後に、ミネラルを添加したものと、純水状態のものがあります。

“RO膜で牛乳も純水に”

RO膜は、もともとは海水を飲める水に変えるために作られました。液体から純粋な水だけをろ過するシステムなので、牛乳もきれいな水になります。

ちなみに、原水は海水でも水道水でも、純粋な水だけがろ過されるので味や安全性は変わりません。

RO水は赤ちゃんに良い?

「赤ちゃんにはRO水が良い 」という話を聞いたことがあるかもしれません。実際にはどうなんでしょうか。

結論から言うと、赤ちゃんにRO水が良いという科学的な根拠はありませんむしろ、ミネラルを全て取り除いたRO水は、ミルク作りには向いていません

なぜなら、粉ミルクは水道水で溶いたときに母乳に近くなるように作られているからです。

出典:明治ミルク公式サイト

RO水は、水道水よりもミネラルが少ないので、赤ちゃんの成長に必要な栄養が不足してしまうかもしれません。赤ちゃんにぴったりの水やウォーターサーバーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

RO水は危ない?

RO水はピュアウォーターとも呼ばれて、安全性が高い水だと思えます。しかし、一部では健康への影響が心配される声もあがっています。

その理由としては、RO水は溶解性(モノを溶かす力)が高いので、胃壁や腸壁からミネラル分を吸い取ってしまうのではないかということが言われています。

出典:浄水器かしこい選び方・使い方  池 裕次郎著 亜紀書房

2.天然水との比較でわかった!RO水の特徴

ここでは、RO水の特徴がわかりやすいように、天然水との比較表を作りました。

ここからは、以下5つのポイントでRO水と天然水を比較していきます。

  • 採水地
  • ろ過処理
  • ミネラル成分
  • ボトル方式
  • 価格相場

それぞれ、順番に見ていきましょう。

2-1.採水地

RO水は、水道水や一般河川を採水地にしています。RO膜はどのような水も等しく純水状態にします。そのため、採水地がどこであっても、お水の質に違いはありません。

一方、天然水なら全国各地の名水を楽しむことができます。

2-2.ろ過処理

RO水は超微細フィルターでろ過処理を行います。放射性物質をはじめほぼ全ての物質をろ過するため安全性の高い水になるのが特徴です。

天然水は、主に「加熱・沈殿・ろ過」で処理を行います。

どちらも、雑菌が入らないように設計された無菌ルームで処理されるので安全性に大きな違いはありません。

2-3.ミネラル成分

RO水は、RO膜によって不純物を99.9%ろ過します。このとき、美味しさの重要な要素であるミネラルも一緒に除去されるため、味は無味無臭になります。

天然水は、地下でろ過される中でミネラルをたっぷりと含みます。そのため、おいしさは天然水の方が評判が良いと言えます。

また、富士山でろ過された天然水の中には、バナジウムやシリカなどの希少ミネラルも含まれているので、健康や美容に気を使いたい人に向いています。

2-4.ボトル方式

RO水は主に、リターナブル(回収型)。天然水は、ワンウェイ(使い捨て型)です。

リターナブル方式では、ボトルの受け取り、保管、回収が手間になります。また、ボトルをなんども使い回すため衛生面は少し気になります。

天然水は、一般的にワンウェイ方式。使い捨てで利用できるため衛生的。飲み終わったボトルもすぐに捨てられるので衛生的です。

2-5.価格相場

RO水は、天然水と比較してかなり安いです。平均的なRO水の料金は、12ℓあたり1,300円。一方天然水は、12ℓあたり2,000円です。

毎月25ℓ飲む人(主に2人暮らし)の場合は、月々1,500円ぐらいRO水が安くなります。

“RO水が安い理由”

RO膜は、もともとは海水を飲める水に変えるために作られました。液体から純粋な水だけをろ過するシステムなので、牛乳もきれいな水になります。

ちなみに、原水は海水でも水道水でも、純粋な水だけがろ過されるので味や安全性に変わりありません。

3.RO水はこんな人におすすめ!

RO水は天然水に比べて月々約1500円ほど安いので、とにかく安い水を飲みたい人にはおすすめです。

また、災害時でも安定供給できるメリットもありますので、備蓄水としてウォーターサーバーを導入しようと考えている人は、RO水のメーカーを選ぶのをおすすめします。

しかし、ミネラルが豊富でおいしい水が飲みたいという人は、天然水がおすすめです。

天然水でおすすめのウォーターサーバーを知りたい人はこちらの記事を読んでみてください。

4.RO水を飲むならウォーターサーバーがおすすめ

価格が安いRO水を飲みたいという人は、ウォーターサーバーがおすすめです。

使用する人数によって、安いウォーターサーバーが異なります。ここからは、20種類以上のウォーターサーバーを見てきた私がオススメする2機種を紹介します。

3人暮らしまでならコスモウォーターが最安値

3人暮らしまでの家庭で、RO水のウォーターサーバーを選ぶなら、コスモウォーターのらく楽ウォーターサーバーsmartプラスがおすすめです。

コスモウォーターのRO水は、実質費用がウォーターサーバーの中で最安です。

さらに、ウォーターサーバー内を自動で洗浄するクリーン機能がついているので、お手入れも簡単です。

また、ボトル交換が足元でできるので、ボトル設置がかなり簡単なことも特徴のひとつです。

コスモウォーターの「らく楽ウォーターサーバーsmartプラス」について、もっと詳しく知りたい人は『使ってわかった!コスモウォーター最新サーバーを選ぶべき5つの理由』へどうぞ。

しかし、4人以上で利用するなら下記のウォーターサーバーの方がお得になります。

4人暮らし以上ならCool Qoo(クールクー)が最安値

「RO水を料理や洗米などにたっぷり使いたい!」または、「4人暮らし以上の家庭で」には、Cool Qoo(クールクー)という蛇口直結型のウォーターサーバーがおすすめです。

クールクーは、水道水を浄水して使用するタイプのウォーターサーバーなので、水代がかかりません

月4,536円(税込)のレンタル代で、RO水が飲み放題という点が最大の特徴です。

また、従来のウォーターサーバーと違ってボトル設置が不要なので、使用していて負担がほとんどがありません。1年間ごとの定期メンテナンスもついていて安心ですね。

Cool Qoo(クールクー)について、もっと詳しく知りたい方は『クールクー(Cool Qoo)のメリット・デメリットを徹底解説!』で確認してください。

5.まとめ

今回は、RO水について、天然水と比較しながらその特徴をお伝えしてきました。

RO水のメリットは、価格が安いことです。

利用者が3人以下でRO水が最安値で飲める、コスモウォーターのらく楽ウォーターサーバーsmartプラス、4人以上ならRO水を最安値で飲めるクールクーがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
料理に使いたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルク作りに役立てたい
費用をできるだけ抑えたい
電気代が安いものが良い
おしゃれなものが良い

48種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*