一人暮らしにおすすめの浄水器はどっち?ポット型と蛇口直結型について徹底比較

一人暮らしにおすすめの浄水器はどっち?ポット型と蛇口直結型について徹底比較

浄水器の利用を検討中で、ポットタイプと蛇口に接続するタイプの浄水器ついてお調べですね。

浄水器はタイプによって機能に違いがあるので、ライフスタイルに合う浄水器を選ぶには、特性を理解する必要があるのです。

この記事では、日頃から浄水器を研究している私がポット型と蛇口直結型浄水器の特徴と比較、おすすめできる人、おすすめ機種について解説します

最後まで読めば自分に合う浄水器を見つけられて、浄水器の効果的な使い方についての知識も得られますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。

“自分にあう浄水器を知りたいあなたへ”

本記事を読まれている人には、こちらの記事プロが選ぶおすすめの浄水器10選!自分にあった浄水器を選ぶポイントも紹介』もおすすめです!

  • 自分にあった浄水器を選ぶポイント
  • 浄水器の種類について
  • さまざまなタイプの浄水器のメリットやデメリットについて 

以上の内容を知りたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.何が違うの?ポット型と蛇口直結型浄水器の特徴を解説

ポット型と蛇口直結型は、どちらも安価で導入できて、賃貸物件でも設置しやすいので、一人暮らしに向いている浄水器です。

他タイプの浄水器は設置に工事が必要だったり、初期費用がかさんだりするので、一人暮らしでは導入しにくいと言えます。

ポット型と蛇口直結型はそれぞれに特徴があり、浄水器を使う環境や、浄水の用途によって、向いているタイプが決まるのです

まずは、それぞれの特徴から解説していきます。

ポット型浄水器の特徴

ポット型浄水器は、ポットの中に水道水を注ぎ、ポット内のフィルターでろ過される仕様です。

ポット内で作った浄水を、ポットから直接コップに注ぐことができます。

ポット型浄水器ならではの特徴は、下記の3つです

  1. 取り付け作業が不要
  2. 1~2リットルの浄水が作れる
  3. ろ過に時間がかかる

これらの特徴を押さえてから、蛇口直結型と比較していきます。

特徴1.取り付け作業が不要

ポット型浄水器はポットに水を注ぐだけで浄水が作れるので、浄水器の取り付け作業は不要です。

たとえば蛇口直結型の浄水器は、自分で取り付けることになり、不備があると水漏れの原因になります。

また、蛇口の形状によっては本体を取り付けられない可能性があるのです。

ビルトイン型や蛇口一体型の設置は、シンク周辺に穴を空ける工事や電気工事が必要になる場合があります。

原状回復できなくなる恐れがあるので、賃貸物件の人には向いていません。

ポット型浄水器は水道と冷蔵庫さえあれば浄水を作れるので、もっとも導入しやすいと言えます。

特徴2.1〜2リットルの浄水が作れる

ポット型浄水器の容量は、1〜2リットルが主流です。

容量が1リットル前後のポット型浄水器は、小さめの冷蔵庫でも無理なく収納できて、満水にしても片手で持ち上げられるでしょう。

しかし容量が少ないぶん、こまめに注水してろ過する必要があります。

大型のポット型浄水器は、一度にろ過できる量が多い点は便利ですが、満水にすると片手では持ち上げにくい重さになりがちです。

また、小型の冷蔵庫では収納スペースを確保しにくい可能性があります。

容量によって使い勝手が異なるので、自分のニーズに合うサイズをよく検討しましょう

特徴3.ろ過に時間がかかる

ポット型浄水器は、水を注いでから浄水ができるまでの間、待たなくてはいけません。

1リットルのろ過に20分以上かかるものや、3分くらいで済むものなど、待ち時間は製品によってさまざまです。

一般的に除去できる不純物の種類が多いほど、ろ過にかかる時間が長くなる傾向にあります

高性能な製品は除去物質が多く、ろ過も短時間で済みますが、そのぶん価格が高くなりがちです。

ろ過を待つ時間が長いと、使いたいときに水がすぐに使えないということにもなるので、ろ過流量を事前に確認してくださいね。

当サイトでは、下記記事でポット型浄水器のメリットや注意点についてさらに詳しく紹介しています。

「自分に合うポット型浄水器を探したい!」という人は参考にしてくださいね。

蛇口直結型浄水器の特徴

蛇口直結型浄水器は、蛇口の先端に取り付けるタイプの浄水器です。

蛇口をひねるだけで、浄水が出てきます。

蛇口直結型ならではの特徴は、以下の3点です

  1. 自分で取り付けられる
  2. 大量の浄水が作れる
  3. 蛇口の形状によっては取り付け不可

ポット型とは対照的な性質もあるので、比較しながら解説していきます。

特徴1.自分で取り付けられる

蛇口直結型浄水器は、自分で取り付けることが可能です。

特別な工具を用意する必要がなく、付属の部品を使えば取り付けられる商品がほとんどです

他タイプの浄水器は設置工事が必要になる可能性があり、専門業者へ依頼するとなると時間も費用もかかります。

蛇口直結型は、手元に届いた日に自分で取り付けられるので、手軽に使える浄水器と言えるでしょう。

特徴2.大量の浄水が作れる

蛇口直結型浄水器は、蛇口をひねるだけで必要量の浄水を作れます。

ポット型は規定の容量以上の浄水は作れませんが、蛇口に直接取り付ける蛇口直結型は容量の上限がありません

欲しいだけの浄水が、いつでも使える便利さを体感できるでしょう。

特徴3.蛇口の形状によっては取り付け不可

蛇口直結型浄水器は、蛇口の形状によっては取り付けられない製品があります。

とくに蛇口がセンサー式やシャワー式の場合は、注意が必要です。

目ぼしい商品があれば、取り付ける予定の蛇口に対応しているか、必ず確認してください

自分では判断できない場合は、浄水器や蛇口のメーカーに問い合わせることをおすすめします。

当サイトでは、蛇口直結型浄水器の基礎知識や選ぶポイントについて、下記記事でさらに詳しく紹介しています。

「使い勝手のよい蛇口直結型を見つけたい!」という人は参考にしてくださいね。

2.持ち運べる!一人暮らしでポット型の浄水器がおすすめな人

ポット型浄水器をおすすめできる人は、下記の3タイプです。

  1. 浄水を飲用に使う人
  2. 浄水を冷やして保存したい人
  3. 浄水を持ち運びたい人

ポット型浄水器は容量があり、水を注いでから浄水ができるまで時間がかかるので、大量の浄水を必要とする人には向いていません。

しかし飲用に使う人にとっては、冷たい浄水が飲めて持ち運べるなど、たくさんのメリットがあります

それぞれの詳細を確認しましょう。

1.浄水を飲用に使う人

浄水を使用する目的が飲用なら、ポット型浄水器をおすすめできます。

なぜなら健康を維持するには毎日水分を摂る必要があり、ポット型でも必要量の浄水が得られるからです。

実際に、厚生労働省は1日約1.2リットルの水分摂取を推奨しています。

体重60kgの成人男性に必要な水分量は1日2.5リットルで、うち0.3リットルは体内で作られ、1リットルは食事から摂取できますが、不足分は飲料で補わなくてはいけません。

ポット型浄水器の容量は1〜2リットルなので、1日に摂取すべき量の浄水を作ることができますよ

2.浄水を冷やして保存したい人

ポット型浄水器は、冷たい浄水を使いたい人におすすめします。

なぜならポット型は冷蔵庫に入れて使うので、必然的に浄水も冷えるからです。

そもそも浄水は冷蔵庫で冷やしておく必要があり、賞味期限は1日とされています

水道水は塩素の効果で雑菌の繁殖を抑えていますが、浄水器を通すと塩素は除去されるので、常温では保存できません。

ゆえにポット型は本体ごと冷蔵保存することになり、冷えた浄水を使う人にとっては便利ですよ。

3.浄水を持ち運びたい人

ポット型浄水器は、浄水を食卓や部屋に持ち運びたい人に向いています。

水差しのような形の浄水器なので持ち運びしやすく、浄水を直接グラスに注ぐことができるためです

デザインが優れているものは卓上ポットとしても利用できて、食卓のアクセントにもなるでしょう。

ふたを外さずに片手で使えるタイプのものは、さらに注ぎやすい設計になっています。

家の中で浄水を持ち運び、好きなときに飲みたい人には、ポット型浄水器は使い勝手がよいと言えるはずです。

3.料理にも!一人暮らしで蛇口直結型の浄水器がおすすめな人

蛇口直結型浄水器をおすすめできる人は、下記の3タイプです。

  1. 浄水を料理に使う人
  2. すぐに浄水を使用したい人
  3. 浄水効果が高い浄水器がよい人

蛇口直結型浄水器は取り付け作業があり、すべての蛇口に取り付けられるわけではないので、利用できない人もいます。

取り付け可能な物件に住んでいて、飲用だけでなく料理などで大量に浄水を使いたい人にはメリットがあります

それぞれの詳細を確認しましょう。

1.浄水を料理に使う人

浄水を飲用だけではなく料理にも使う人には、蛇口直結型浄水器をおすすめします。

蛇口直結型浄水器を使えば、浄水の残量を気にせずに思う存分おいしい水を使用できるからです。

ポット型は容量が1〜2リットルなので、料理で大量に浄水を使うとなると、足りなくなるかもしれません。

また、水道水に含まれる塩素が料理の味わいに影響を与えるという説があり、近ごろは浄水を料理に使う人が増えています

蛇口直結型なら、浄水で米を研いだり、野菜を洗ったりすることも可能ですよ。

2.すぐに浄水を使用したい人

蛇口直結型浄水器は、浄水を待たずに使いたい人におすすめします。

蛇口をひねるだけで浄水が出るので、必要なときにすぐ使えるでしょう

たとえばポット型で浄水を作る場合、早くても1リットルあたり3分、遅いものは数十分かかります。

その待ち時間が煩わしい人にとっては、いつでもすぐに浄水を使えることはメリットになるでしょう。

3.浄水効果が高い浄水器がよい人

浄水効果の高さにこだわりたい人にも、蛇口直結型浄水器はおすすめです。

高性能のポット型と高性能の蛇口直結型を比較すると、蛇口直結型のほうが除去効果が高いからです。

高性能な蛇口直結型の除去能力は、家庭用品品質表示法で定められている塩素やトリハロメタンなどの有害物質13項目だけでなく、合計19項目も除去できます

蛇口直結型はコンパクトな見た目で低価格ながらも、浄水能力が高いのが特徴的です。

4.どっちにする?ポット型と蛇口直結型浄水器のおすすめ機種

ポット型と蛇口一体型の浄水器から、おすすめの機種を2機種ずつ紹介します。

  1. 東レ:トレビーノPT502SV
  2. ブリタ:アルーナXL
  3. 東レ:トレビーノカセッティMK207SLX
  4. パナソニック:TK-CJ22

高性能ながらも低価格帯の商品をピックアップしましたが、長年使い続けるには維持費も考慮する必要があります

本体価格や維持費については次の見出しで紹介するので、まずは性能をチェックしてみてくださいね。

1.東レ:トレビーノPT502SV

東レトレビーノ ポット型浄水器 PT502SV

トレビーノPT502SVは、容量1.2リットルのポット型浄水器です。

スリムで横置きも可能なタイプなので、小型の冷蔵庫でも収納しやすい設計になっています。

ろ過にかかる時間は1リットルあたり3分で、ポット型浄水器の中では最速の部類です

除去物質は16種なので安全性が高く、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を残すこともできるので、おいしい浄水が作れます。

省スペースで浄水効果が高いポット型浄水器を使いたい人におすすめです。

2.ブリタ:アルーナXL

ブリタポットアルーナ

アルーナXLは容量3.5リットルのポット型浄水器です。

ブリタ製のポット型浄水器のなかでも最大の容量なので、小型のものよりも水を補充する手間を省けます

カートリッジは2種類から選べて、すっきりとした味わいになるものと、温かい飲み物がまろやかな味わいになるものがあります。

ポットのふたには液晶メモがついていて、カートリッジの交換時期を教えてくれる仕様です。

冷蔵庫内に置き場所があって、浄水をたくさん使いたい人におすすめできます。

3.東レ:トレビーノカセッティMK207SLX

トレビーノ カセッティ MK207SLX

トレビーノカセッティMK207SLXは除去物質数が17種の蛇口直結型浄水器です。

トレビーノのポット型浄水器の除去物質は16種なので、この製品の浄水効果はさらに優れていると言えます。

時短と長持ちを両立しているカートリッジは、同社の従来品よりも2倍のスピードでろ過して、交換頻度は5ヶ月毎です

大型のディスプレイにカートリッジの残量が表示されるので、交換時期が分かりやすくなっています。

浄水効果と浄水の速さを重視する人におすすめです。

4.パナソニック:TK-CJ22

パナソニックTK-CJ22

パナソニックTK-CJ22の除去物質も17種で、浄水効果が高い蛇口直結型浄水器です。

カートリッジの交換目安が1年なので、うっかり交換時期を忘れてしまいそうですが、液晶画面に表示されます

液晶画面がないけれど、それ以外の機能は同じ製品パナソニックTK-CJ12は、約4,000円ほど安価です。

浄水能力にこだわりがあって、カートリッジ交換の時期を知らせてほしい人におすすめします。

5.どっちがお得?ポット型と蛇口直結型浄水器のコスパ比較

浄水器のコストパフォーマンスを比較するには、下記の3点を考慮する必要があります。

  • 本体価格
  • カートリッジの価格
  • カートリッジの交換頻度

コスト面だけでなく、必要としている機能がついていることや、維持する手間がかからないことも重要です

おすすめ機種で挙げたポット型2種と、蛇口直結型2種のコストパフォーマンスを実際に比較してみましょう。

機種名東レ
PT502SV
ブリタ
アルーナXL
東レ
MK207SLX
パナソニック
TK-CJ22
イメージ東レトレビーノ ポット型浄水器 PT502SVブリタポットアルーナトレビーノ カセッティ MK207SLXパナソニックTK-CJ22
カートリッジ
交換頻度
2ヶ月4週5ヶ月1年
本体価格約3,000円約3,000円約10,000円約12,000円
年間維持費約9,000円約17,000円約19,000円約7,000円

《 ← スマホの人はスクロールできます →》

本体価格が安いと導入しやすくなりますが、長期間利用するならカートリッジの交換頻度が低いものにすると、維持費を抑えられますよ。

6.浄水器よりもおすすめ!水道直結型ウォータースタンドとは

ウォータースタンドネオの画像

ここまで、ポット型と蛇口直結型浄水器の特徴やおすすめできる人について説明してきました。

もし浄水器を使うのなら、一人暮らしでも無理なく導入できて、コストパフォーマンスに優れたものを利用したいですよね。

ここからは蛇口直結型浄水器よりも浄水効果があり、いつでもすぐに冷水と温水が使える水道直結型のウォータースタンドという商品をご紹介します。

設置工事は必要ですが、原状回復できるので、賃貸物件でも安心して導入できるでしょう。

水道直結型のウォータースタンドはポット型と蛇口直結型の長所を併せ持っていて、特に下記3つの特徴があるのでおすすめしています。

  1. 大量の浄水が定額で使い放題
  2. 温水と冷水の切り替えが自在
  3. 安全でおいしい水が飲める

1つずつ、解説していきます。

特徴1.大量の浄水が定額で使い放題

水道直結型のウォータースタンドは水道に接続する仕様で、水の使用量の上限はなく、どれだけ使っても追加料金は発生しません。

浄水器は使い続けるうちに劣化するので、ゆくゆくは部品を交換したり、本体を買い換えたりすることになるでしょう。

ウォータースタンドは、カートリッジ代だけでなくメンテナンス代も利用料金に含まれています。

追加料金はかからずに、故障した際は修理してもらえて、部品や本体が経年劣化した場合は交換してもらえるのです

一番人気のネオであれば、毎月のレンタル料は3,850円で、導入時のみ初回設置費用9,900円が請求されます。

浄水器だと一度に浄水できる量が限られており、カートリッジ交換も自身でおこなわなければなりません。

しかし、ウォータースタンドであれば、定額で浄水が使い放題なうえに、カートリッジ交換やメンテナンスも専門のスタッフにお任せできるので心置きなく使えますよ。

特徴2.温水と冷水の切り替えが自在

ウォータースタンドは、温水と冷水の切り替えができて、常温水まで使えます。

ポット型で作る浄水は冷蔵庫で冷えていますが、蛇口直結型の浄水は常温です。

よって、温かい飲み物を作るときに浄水を温めたり、常温の浄水を冷やして飲んだりと、ひと手間をかけることになります。

そのような手間がなく、いつでもすぐに温かい浄水も冷たい浄水も使えるのは、ウォータースタンドならではのメリットです。

特徴3.安全でおいしい水が飲める

ウォータースタンドが作る浄水は、安全性と味わいを両立しています。

役割が異なる3種のカートリッジを駆使して、全20項目の有害物質を除去しているのです

3つのカートリッジのうちひとつは、ココナッツフィルターを活用して、飲み心地を整えています。

クセがなくさっぱりとした味わいになるので、おいしい水が飲みたい人にもおすすめです。

実際に私も2年以上ウォータースタンドを愛用していて、とても口当たりがよいので、水を飲む量が増えました。

また、ウォータースタンドの水で作った味噌汁は、澄んだ味わいを感じられるのです。

下記に詳細が載っているので、詳しく知りたい人は、ぜひ確認してみてくださいね。

まとめ

ポット型と蛇口直結型の浄水器は、安価で導入できて賃貸物件でも設置しやすいので、一人暮らしに向いています

ポット型浄水器ならではの特徴は、取り付けが不要だったり、ろ過に時間がかかってしまったりすることでした。

ポット型浄水器をおすすめしたい人は、下記のタイプです。

  • 浄水を飲用に使う人
  • 浄水を冷やして保存したい人
  • 浄水を持ち運びたい人

蛇口直結型ならではの特徴は、自分で取り付けられたり、大量の浄水が作れたりすることでした。

蛇口直結型浄水器は、以下のような人におすすめできます。

  • 浄水を料理に使う人
  • すぐに浄水を使用したい人
  • 浄水効果が高い浄水器がよい人

もし、どちらも迷ってしまうという人は、ウォータースタンドを検討してみてください。

ウォータースタンドは、ポット型と蛇口直結型の長所を併せ持っていて、さらに浄水能力が優れています

コストパフォーマンスを重視する人にもおすすめできる維持費と効果なので、ぜひこちらも検討してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます