会社やオフィスで使うウォーターサーバーはどれがおすすめ?注意点も紹介!

会社やオフィスで使うウォーターサーバーはどれがおすすめ?注意点も紹介!

会社やオフィスでウォーターサーバーを使うにあたり、どこのウォーターサーバーを利用するのがいいか、メーカーが多くて悩みますよね。

来客時にお茶出しをする際や社員の水分補給など、業務用としても利用されている会社やオフィスが増えてきています。

「会社で利用するならどれが良いんだろう」「何を基準に選べば良いかわからない」という会社も多いはず。

オフィスで利用するウォーターサーバーは、家庭で利用する場合とは選び方が異なるので注意が必要です。

今回は会社やオフィスで利用するべき、おすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

中でもおすすめのサーバーは、以下の3つです。

  • コスモウォーター
  • スラット+カフェ
  • ウォータースタンド

お試しができるサービスもあるので、あわせて見てみましょう。

“会社で使えるウォーターサーバーを探しているあなたへ”

本記事を読まれている方は、こちらの記事『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年10月のおすすめはコレ!』も見ている人が多いです。

  • 全50種類から選んだウォーターサーバーのおすすめランキング
  • 選ぶと失敗するウォーターサーバーの特徴
  • ウォーターサーバーの利用前に知っておくべきポイント

以上の内容が気になる方は、ぜひとも参考にしてください。

1.会社・オフィスで使うウォーターサーバーの選ぶ3つのポイント

会社やオフィスでウォーターサーバーの利用を検討している場合、どのような基準で選ぶのがいいのでしょうか。

会社に合ったウォーターサーバーの選ぶポイントは以下の3つです。

  • コストの低さ
  • 利用する場所
  • 飲む水の量

1つずつ、見ていきましょう。

ポイント1.コストの低さ

オフィスでウォーターサーバーを使う場合、コストの低さがどれくらいか考慮しましょう。

オフィスでウォーターサーバーを利用するなら、できるだけ安いメーカーを使いたいですよね。

使う水の量によってコストは大きく変動し、月に24Lの水で最低でも約4,000円ほどの料金がかかってしまいます。

例えば、コスモウォーターのSmartプラスの場合、5~6人の利用人数でも料金は8,208円です。

仮に、オフィスでSmartプラスを5~6人以上で利用する場合、料金は月に10,000円を越えてしまいます。

そのため、多くの人が利用するなら、ウォータースタンドのように月額料金が定額の機種を選ぶと費用を抑えることが可能です。

利用する人数を把握し、コストが低いものを選びましょう。

ポイント2.利用する場所

ウォーターサーバーを選ぶ際は、どこで利用するかというのも検討材料に含めましょう。

ウォーターサーバーの中には、水道直結型のものがあり、水道の近くでなければ利用できない場合があるからです。

そのため、オフィス内でウォーターサーバーを利用するなら、ウォータースタンドは選べない場合があります

もちろん、従来の据え置き型のウォーターサーバーを使う場合は、スペースが確保できればどこでも問題ありません。

利用する場所をイメージしてみて、使いやすい場所に最適なウォーターサーバーを設置しましょう。

ポイント3.飲む水の量

ウォーターサーバーの水を飲む量によっても、利用に適したサーバーは変わります。

水の使用量が多ければ、交換頻度が高くなってしまい、毎日ボトルを交換することになってしまうからです。

クリクラのボトル

また、ウォーターサーバーのボトルは大きく重たいので、交換作業は力の弱い女性にとって重労働になるでしょう。

そのため、飲む水の量によって利用するウォーターサーバーを決めるというのもポイントの1つです。

たくさんの人が利用することが想定されるなら、給湯室の蛇口と直結させて使えるウォータースタンドがおすすめです。

ウォータースタンドであれば、水道から自動的に給水されるので、ボトル交換の手間はありません

どれくらい水を飲むのかを確認して、ウォーターサーバーを選びましょう。

2.これがおすすめ!会社やオフィスの利用に適したウォーターサーバー3選

会社やオフィスで利用するのに向いているウォーターサーバーは次の3つです。

  1. コスモウォーター
  2. スラット+カフェ
  3. ウォータースタンド

次に詳しく説明していきます。

(1)コスモウォーター

コスモウォーターのらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス

月々のコストを抑えたいのであれば、コスモウォーターがおすすめです。

コスモウォーターは、月々の支払いが水代だけしかかかりません

さらに、初期費用・レンタル代・配送料が無料で、定期メンテナンスが不要です。

他のウォーターサーバーだと「契約してみると意外と高かった」ということがありますが、コスモウォーターなら安心して使えますよ!

サイズ幅30cm/奥行34cm/高さ110cm
カラー5色( ブラック・ホワイト・ピンク・ウッド・ライトウッド)
水の容器つぶせるボトル(セット位置:下)
使える温度冷水・ 温水
クリーン機能あり
月額料金1~2人(24L):4,128円
3~4人(36L):6,192円
5~6人(48L):8,256円
電気代465~円
参考記事 コスモウォーターってどうなの?契約前に知らないと損する全知識【2021年10月版】
※平均月額=水の料金+レンタル料(送料無料・税込)

《 ← 左右にスクロールできます →》

(2)スラット+カフェ

スラットプラスカフェの写真

オフィスや会社で水だけでなくコーヒーも飲みたいなら、スラットカフェがおすすめです。

スラットカフェは、ウォーターサーバーとコーヒーメーカーが1つになっています。

来客時にコーヒーを出している会社もあると思いますが、ボタンを押せばすぐにコーヒーを作ることが可能です。

オフィスで挽いた豆のコーヒーを手軽に飲めるので、社員の要望が多い豆を選んで使うこともできますよ

水だけでなくコーヒーも飲みたい、来客時に出したいということであればスラットカフェがおすすめです。

サイズ幅29cm/奥行35cm/高さ111cm
カラー2色( ホワイト/ブラック)
水の容器つぶせるボトル(セット位置:下)
使える温度冷水・ 温水・常温水・70度水・熱湯
クリーン機能あり
平均月額1~2人(18.6L):3,012円
3~4人(37.2L):6,024円
5~6人(55.8L):9,036円
電気代380~円
参考記事Slat+cafe(スラット+カフェ)ってどうなの?実際に使ってみた感想を正直にレビュー
※平均月額=水の料金+レンタル料(送料無料・税込)

《 ← 左右にスクロールできます →》

(3)ウォータースタンド

ウォータースタンドの写真

たくさんの人が利用する場合は、ウォータースタンドがおすすめです。

ウォータースタンドは水道直結型のウォーターサーバーなので、残量を気にせず好きなだけ水が利用できます

一般的なウォーターサーバーと違い、予備のボトルを置いておく必要もなく、給湯室に置きやすいです。

また、メンテナンス料はサーバーのレンタル代に含まれており、スタッフが定期的に行ってくれます。

メンテナンスの手間を取りたくない、サーバーを置く場所が広くないという場合はウォータースタンドがおすすめです。

サイズ幅26cm/奥行50.5cm/高さ50cm
カラー1色( ホワイト)
水の容器なし
使える温度冷水・ 温水・常温水
クリーン機能なし(無料メンテナンスあり)
月額費用3,850円
電気代500~円
参考記事【体験レビュー】ウォータースタンドをコスパ好きの私が選ぶ5つの理由
※ナノラピアネオの場合(送料無料・税込)

3.便利!会社やオフィスでウォーターサーバーを利用する3つのメリット

「会社にウォーターサーバーって必要なの?」「お金の無駄遣いでは?」と思う人もいるでしょう。

それでも最近多くの会社やオフィスにウォーターサーバーが設置されています。

なぜ多くの会社で取り入れられているのでしょう?

それは、以下3つのメリットがあるからです。

  1. 労働効率のアップに繋がる
  2. 経費で計上ができる
  3. 災害対策ができる

次に詳しく説明していきます。

メリット1.労働効率のアップに繋がる

会社にウォーターサーバーを導入すれば、従業員の労働効率アップが見込めます。

会社やオフィスに水分補給ができる環境が無く、毎日コンビニや自動販売機でコーヒーや水を買っている人も多いです。

そこにウォーターサーバーを取り入れることで、何度も外に飲み物を買いに行く無駄な時間を削減することができます。

具体的に、一日にコーヒーを買いに行く時間を5分とすると、1ヶ月で2時間30分も時間の削減が可能です

1年で見ると、なんと30時間になります

30時間あれば、仕事に打ち込む時間を増やしたり、残業の時間を減らすことに繋がるでしょう。

そのため、会社にウォーターサーバーがあれば、従業員の労働効率アップが見込めるのです。

メリット2.経費で計上ができる

ウォーターサーバーを会社に設置すると、経費で計上できます。

ウォーターサーバーは従業員や来客者に対して設置するため、経費として計上することが認められているのです。

ですが、使用目的によって勘定項目が異なるので、以下を参考にしてください。

  • 顧客に対して設置する場合:接待交際費に計上
  • 従業員に対して設置する場合:福利厚生費に計上

会社でウォーターサーバーを使う場合は家庭より利用人数が多いため、1ヶ月辺りの費用はボトル交換型だと10,000円~100,000円になるでしょう。

毎月かかる事業費としては大きくありませんが、年間で見るとまとまった金額になるため、必ず計上しましょう

経費計上をすれば、ウォーターサーバーにかかるコストの負担も減らすことができますよ。

メリット3.災害対策の備蓄水になる

災害が起きたときに、非常用の飲み水として活用できるのも、ウォーターサーバーの大きなメリットです。

万が一、水道が止まってしまっても、ウォーターサーバー用の水があれば 従業員や近隣に避難している人々のための飲料水を確保できます。

災害時の備えとして、ペットボトルの水だけではなく、 ウォーターサーバーの水も多めに発注しておくと安心です。

このような緊急事態が発生したとしても備蓄水になります

4.知っておこう!会社・オフィスでウォーターサーバーを使う際の注意点

せっかくオフィスや会社でウォーターサーバーの利用を考えているなら、注意点はしっかり確認しておきましょう。

何となくで選んで利用してみると、「意外とコストがかかる」「ウォーターサーバーが思ったより大きくて邪魔」と言った不満がでてきます

注意点を確認しておくことで、利用を始めても困ることは無くなるでしょう。

会社やオフィスでウォーターサーバーを利用する際の注意点は次の3つです。

  1. ウォーターサーバーを設置する場所が必要
  2. 機種によってはボトル交換の手間がある
  3. 水代以外にもコストがかかる

次に詳しく見ていきましょう。

注意点1.ウォーターサーバーを設置する場所が必要

ウォーターサーバーの利用にあたって、適切な位置に設置する必要があります。

もし狭い本体をスペースに置いてしまうと、排熱効率が悪くなって電気代が高くなったり、水がよく冷えなくなってしまうからです。

また、本体と周りの隙間が狭いとホコリが溜まりやすくなり、掃除がしづらかったり引火の原因にもなってしまいます。

そのため、一般的なウォーターサーバーは、壁や周辺の家電などから15cmほど離した位置に置くことが推奨されているのです。

設置スペースが確保できなかったり、こまめな掃除が難しい場合は、ボトル交換が不要で水道直結型のウォータースタンドを選ぶのも良いでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶときは、まず設置場所を確保できるかを確認するようにしてくださいね。

注意点2.機種によってはボトル交換の手間がある

ウォーターサーバーのボトルは容量が多く重いし交換が面倒です。

ボトル交換型のウォーターサーバーは、飲み終えたらボトルを交換して水を供給する必要があります。

20人がウォーターサーバーを利用したとすると、およそ1~2日でボトル交換のタイミングが来るでしょう。

ほぼ毎日のように交換するのは面倒ですし、手間がかかります。

さらに、交換する人が女性など力の弱い人であれば、10kgほどあるボトルを交換するのは大変です…。

女性がウォーターサーバーのボトルを交換する様子

ボトルの容量が大きいメーカーを選んだり、ウォータースタンドのように水道に直接つなげて利用するタイプのサーバーを選ぶようにしましょう。

注意点3.水代以外にもコストがかかる

ウォーターサーバーを利用するのにかかる月額費用は、水代だけではありません。

メーカーによって、以下のようにレンタル費用などのコストがかかる場合があります。

  • 初期費用
  • レンタル代
  • 電気代
  • サポート料
  • 解約金

特に、規定利用期間内に解約すると発生する解約金は10,000円以上と高額です。

そのため、比較検討をせずに選んでしまうと「思ったよりコストがかかるから別の機種にしたい」となったときに解約金を払う必要があります。

ウォーターサーバーの利用を開始する前には、コスト面の確認は怠らないようにしましょう。

5.要チェック!会社でウォーターサーバーを利用する際によくある質問

会社でサーバーを利用するにあたり、多い質問をまとめました。

  • ウォーターサーバーは経費で落とすことができるのか?
  • 複数台設置することはできるのか
  • お試しできるウォーターサーバーはないの?

1つずつ、見ていきましょう。

Q1.ウォーターサーバーは経費で落とすことができるのか?

経費で落とすことは可能です

従業員が使用する場合は「福利厚生」「雑費」、来客時に飲み物を出す場合は「交際費」で計上することができます。

Q2.複数台設置することはできるのか

1つの契約で複数のサーバーを設置できるメーカーもあります

1つの契約につき1台しかレンタルできないというメーカーもあるため、複数台設置する可能性がある場合は複数のサーバーを設置できるメーカーを選びましょう。

設置する場所などによっては、違うメーカーのサーバーを設置した方がいい場合もあります。

Q3.お試しできるウォーターサーバーはないの?

お試しができるメーカーは一部あります。

無料期間はメーカーにより違うので、先に確認してから申し込みましょう。

紹介したメーカーの中では、ウォータースタンドのナノラピアネオという機種では1週間のお試し期間があります

詳しくは『ウォータースタンドを無料でお試しする全手順&お試しするときの4つの注意点』の記事で解説していますので、併せてご確認ください。

まとめ

毎月の料金やその他の費用が気になるウォーターサーバーですが、会社で使う場合は以下の点に注意しましょう。

  • サーバーを設置する場所
  • ボトルの交換
  • レンタル料以外の料金

中には、お試し期間があるメーカーやコーヒーも一緒に作れるメーカーなど、会社にあると嬉しい機能が備えられている機種もあります。

まずは設置場所を確保できるか確認して、利用したい機能をリストアップしてから申し込むサーバーを決めましょう

その場合は以下の機種を選ぶと後悔しにくいですよ。

  • コスモウォーター
  • スラット+カフェ
  • ウォータースタンド

ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます