徹底比較!安いウォーターサーバーランキングTOP3はこれだ!

ウォーターサーバー 安い

安いウォ−ターサーバーをお探しですね。

現在、20社以上の会社がウォーターサーバーを販売していて、どれが良いのか迷ってしまいます。

選ぶポイントとしては、やはりコストパフォーマンスの良いサーバーを選ぶべきです

この点を考慮すると、どこよりもウォーターのサーバーがコスパが良くておすすめできます。

本記事では、安いウォーターサーバーTOP3と、どこよりもウォーターがおすすめな理由を解説!

お得に使えるウォーターサーバーがわかる内容になっていますので、ぜひ参考にしてください。

“料金が安いウォーターサーバーを探しているあなたへ”

本記事を読まれている方には、こちらの記事『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年6月のおすすめはコレ!』もおすすめです!

  • 全50種から選んだおすすめのウォーターサーバー
  • 選んで失敗したウォーターサーバの特徴
  • ウォーターサーバーのメリット・デメリット

以上の内容を知りたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.厳選!安いウォーターサーバーのTOP3

ウォーターサーバーは、水の料金だけで決めてしまうと、思ったより料金が高くなることがあります。

ウォーターサーバーを利用するときに実際に支払う料金は、サーバーレンタル料や電気代などが含まれるからですね。

選ぶときは、必ずサーバーのレンタル料、電気代を含めた「実質月額」で選びましょう!

“実質月額の内訳”

  • 水代:基本的な水の料金
  • レンタル料:ウォーターサーバーの基本使用料(0円のメーカーもある)
  • 電気代:ウォーターサーバーにかかる電気代
  • メンテナンス代:定期的なメンテナンス費用

実質月額で考えたウォーターサーバーの安い順ランキングは以下の通りです。

メーカー名どこよりもウォーターコスモウォーターウォータースタンド
商品名amadana スタンダードサーバー     smartプラス         ナノラピア ネオ   
商品画像amadanaスタンダードサーバーらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラスウォータースタンド
実質月額1~2人(24L):3,780円
3人(36L):5,670円
4人(48L):7,560円
1~2人(24L):4,104円
3人(36L):6,156円
4人(48L):8,208円
4,378円
順位1位2位3位

《 ← 左右にスクロールできます →》

1〜2人暮らし(月24L)で、もっとも安いウォーターサーバーは、どこよりもウォーターの「amadana スタンダードサーバー」です。

どこよりもウォーターは、安さだけでなくおいしい天然水が飲める上に、デザインがおしゃれなウォーターサーバーなのでおすすめできます!

ここからは、どこよりもウォーターがおすすめできる理由をお伝えしますね。

2.1~2人暮らしならどこよりもウォーターが安くておすすめ

どこよりもウォーター

どこよりもウォーターが、月額料金の安さ以外にもおすすめできる理由は以下の3つです。

  1. 安全でおいしい天然水が飲める
  2. サーバーが洗練されたデザインである
  3. ボトルに空気が入りにくく衛生的である

順番に説明しますね。

理由1.安全でおいしい天然水が飲める

どこよりもウォーターで飲めるお水は、厳選された3つの採水地「富士」「金城」「阿蘇」の天然水です。

とくに、「富士」は、富士山麓の玄武岩地層で長い年月をかけて じっくりとろ過され、バランス良く天然ミネラル成分を含んだナチュラルミネラルウォーターとなっています。

より具体的には、4大ミネラル成分といわれる「ナトリウム」「カルシウム」「マグネシウム」「カリウム」が含まれていますお水です。

また、天然水ならではの有効成分も豊富に含まれています。

「富士」の100mlあたりに含まれる成分
ナトリウムカルシウムマグネシウム
0.68mg0.64mg0.22mg
カリウムバナジウム亜鉛
0.12mg9.1μg1μg

さらに、4段階以上のフィルター除菌に加えて、無菌のクリーンルームでお水をボトリング。

不必要な不純物・雑菌をしっかり取り除き、溶存酸素は各採水地ともに高い水準をキープした上で、おいしくて安心な天然水に仕上げています。

独自の品質管理規程により、毎日1時間ごとに水質検査をおこなっている徹底ぶりです。

実際に飲んでみると、口当たりが滑らかなことと天然水のさっぱりした味が印象的でした!

理由2.サーバーが洗練されたデザインである

どこよりもウォーターは、ウォーターサーバーのデザインがおしゃれな点も魅力です。

「amadana スタンダードサーバー」は、デザイン家電ブランドであるamadanaとのコラボによって誕生した、インテリアになるウォーターサーバー。

そのため、キッチンやリビングなど多様な空間やシーンに調和するデザインになっているのです。

カラーは、ホワイト・ブラック・ブラウンの3種類が用意されているので、好みに合わせて選べます。

写真を見てもわかるように、サーバーにはボトルが見えないようにボトルカバーが付いているので、いい意味でウォーターサーバーっぽさがありません。

その上、カバーには透明感のある素材が使われているので、ボトルの残量も一目でわかって便利です!

理由3.ボトルに空気が入りにくく衛生的である

天然水が入っているボトルは、空気が入りにくい設計の使い捨てボトルになっています

ボトル内に空気が入ると、中で菌が繁殖するので不衛生になりがち。

どこよりもウォーターのボトルは使用する分だけボトルがへこむため、内部を真空に保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぎます。

また、使い切ったボトルはそのまま潰して捨てられるので、ボトル保管の手間もありません。

衛生的な上にボトル処理も楽な点は、どこよりもウォーターをお勧めできる理由になっています。

3.水をたくさん使うなら「ウォータースタンド」の方が安くておすすめです!

ウォータースタンドの写真

前章で、どこよりもウォーターがおすすめな理由をお話ししました。

確かに、どこよりもウォーターは月額料金が安くて魅力的ですが、安さはあくまで1〜2人暮らし(月24L)の場合でした。

そのため、以下に当てはまる場合はどこよりもウォーターよりも、ウォータースタンドのほうがコスパ良く利用できます

  • 3人以上のご家庭
  • 水を使い放題にしたい人

おすすめ理由を順番に見ていきましょう。

理由1.3人以上のご家庭

どこよりもウォーターは3人(36L)の場合、月額料金が5,670円になります。

一方、ウォータースタンドは、水道水直結型のウォーターサーバーです。

そのため、お水は24L使っても、36L以上使っても4,378円!

利用者が多いほど、ウォータースタンドの方がコスパが良いでしょう。

理由2.水を使い放題にしたい人

一人暮らしの場合やお水をたくさん使うご家庭の場合も、ウォータースタンドの方がお得に使えます。

ボトル式のウォーターサーバーの場合、水の量と料金が決まっているため無駄なお水は使えないですよね。

水の量を気にしながら使うのは、意外にもストレスが溜まるものです。

その点、ウォータースタンドであれば、そういったストレスはありません。

飲料水として使うのはもちろん、お米を炊く時やパスタを茹でる時、洗顔時など、様々な用途で水の量を気にせず使い放題!

私もウォータースタンド を使っていますが、水のおいしさはもちろん、お米を炊いても炊き上がりがふっくらしておいしく、満足しています。

お水をいろんなシーンで使いたい場合は、1〜2人暮らしであってもウォータースタンドのほうがコスパが良くなるかもしれませんね。

4.契約前に知りたいウォーターサーバーの基礎知識

ここまで、安いウォーターサーバーについてご紹介しました。

ウォーターサーバーは契約すれば毎月料金が発生するものですので、もちろん月額料金の安さは大切なポイントです。

しかし、それ以外にも毎日使うものだからこそ知っておきたい点も存在します。

少なくとも、下記の点については最低でも知っておいて損がないでしょう。

  1. 水の種類
  2. ボトルの種類
  3. 配達方式
  4. メンテナンス方法

これらの基礎知識と、実際に使ってみて失敗だと感じたサーバーの特徴は「全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年6月のおすすめはコレ!」で説明しています。

ぜひ一度、契約前にチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は安いウォーターサーバーを紹介しました。

1〜2人暮らし(月24L)で一番コスパよく使えるウォーターサーバーは「どこよりもウォーター」です。

ただし、たくさん水を使う場合や3人以上のご家庭であれば「ウォータースタンド」をおすすめします。

本記事で紹介した内容を参考に、ウォーターサーバーを選んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください