コーヒー機能付きウォーターサーバー2機種を比較!値段や機能の違いは?

「コーヒーメーカーの機能が備わったウォーターサーバーがあったら」と、思ったことはありませんか。

ウォーターサーバーとコーヒーメーカーが一体化しているなら、簡単においしいコーヒーが飲めそうですよね。

結論からいうと、ウォーターサーバーとコーヒーメーカーが一体になったコーヒー機能付きウォーターサーバーは、現在、2種類発売されています。

アクアクララとフレシャスから発売されており、1台で2役をこなす優れものです。

この記事では、2種類のコーヒー機能付きウォーターサーバーの特徴や価格などを紹介します。

毎日のようにコーヒーを飲む人には、自動でコーヒーを抽出してくれるコーヒー機能付きウォーターサーバーがおすすめです。

“おいしいコーヒーを飲むためにより水にこだわったウォーターサーバーを探しているあなたへ!”

本記事を読まれている人には、こちらの記事『全50種から厳選!ウォーターサーバー比較ランキング|2021年12月のおすすめはコレ!』もおすすめです!

  • 全50種から選んだおすすめのウォーターサーバー
  • 選んで失敗したウォーターサーバーの特徴
  • ウォーターサーバーのメリット・デメリット

以上の内容を知りたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.1台2役!ウォーターサーバーでコーヒーが飲める機種とは

コーヒー機能付きウォーターサーバーとは、コーヒーを自動抽出してくれる機能があるウォーターサーバーのことです。

もちろん、通常のウォーターサーバーと同じく冷水やお湯も使用できます。

コーヒーを作る際には、専用のカプセルや豆(粉)を入れたホルダーをセットするだけなので手間はかかりません。

自宅やオフィスなどで手軽においしいコーヒーを作れる、1台で2役をこなす優れものです。

外で買うよりも安いため「毎日でもコーヒーを飲みたい」という人には、コーヒー機能付きウォーターサーバーがおすすめと言えるでしょう。

現在、コーヒー機能付きウォーターサーバーは2種類発売されています。

  • 「Slat+cafe(スラット+カフェ)」
  • 「アクアウィズ」

「スラット+カフェ」は「フレシャス」と「UCC」が共同開発したウォーターサーバーです。

また、「アクアウィズ」は、「アクアクララ」と大手コーヒーメーカー「ネスレ」が共同開発しています。

そこで、まずはコーヒー機能付きウォーターサーバーを使うメリットを説明していきます。

2.時短にも!コーヒー機能付きウォーターサーバーのメリット

コーヒー機能付きウォーターサーバーを使うことによって、どのようなメリットがもたらされるのでしょうか。

コーヒー機能付きウォーターサーバーには、以下3つのメリットがあります。

  • 手軽においしいコーヒーが作れる
  • 外で買うよりもコスパ抜群
  • 手間がなく時短

それぞれ説明していきましょう。

メリット1.手軽においしいコーヒーが作れる

コーヒーを作る過程において、水はとても大切な役割を持っています。

なぜなら、使用する水によって味わいが変化するからです。

毎回、おいしい水を使用してコーヒーが飲めるのはコーヒー機能付きウォーターサーバーの大きなメリットと言えるでしょう。

また、ウォーターサーバーで使われる水は、以下の2種類に分けられます。

  • 天然水:特定の地下水源を使用し、ろ過や加熱以外の科学的な処理を行わない水
  • RO水:水道水などの原水をフィルター(RO膜)でろ過することにより、ほとんどの不純物を除去した水

メーカーによって使用している水は違いますが、どのウォーターサーバーでも質の高いおいしい水を提供しています。

これらの水によってコーヒーの風味を損なうことなく、おいしいコーヒーを楽しむことができるでしょう。

メリット2.外で買うよりもコスパ抜群

コーヒーを毎日飲んでいる人のなかには、コンビニやカフェで買っている人もいるかもしれません。

しかし、ウォーターサーバーではコンビニやカフェよりもコスパを重視してコーヒーを楽しむことができます。

下表に、コーヒー機能付きウォーターサーバーと外で買ったコーヒーの値段をまとめました。

コーヒーの種類価格 
コーヒー機能付きウォーターサーバー約10円~60円
コンビニコーヒー(Sサイズ)100円
スターバックスドリップ コーヒー(Sサイズ)319円
ドトールブレンドコーヒー(Sサイズ)220円 ※店内飲食は 224円

《 ← 左右にスクロールできます →》

このように、コンビニでは100円程度、大手コーヒーショップでは、200~300円程度かかります。

月間で計算すると大手コーヒーショップの場合、約9,000円もかかってしまうのです。

しかし、コーヒー機能付きウォーターサーバーの場合、1杯約10円~60円ほどになります。

外で買うよりもコーヒー機能付きウォーターサーバーを利用したほうが、コスパ抜群と言えるでしょう。

メリット3.手間がなく時短

コーヒー機能付きウォーターサーバーでコーヒーを作るときは、自分で給水してお湯を沸かしたりする必要はありません。

ウォーターサーバーがセットされているタンクから給水し、お湯を沸かしてくれるからです。

また、コーヒー抽出機能が搭載されているので、専用の器具などの準備も不要です。

朝の急いでる時間に洗い物を増やすことがなく、手間をかけず時短でコーヒーが作れるというのは大変嬉しいですね。

3.維持費は?コーヒー機能付きウォーターサーバーの注意点

ここまで、コーヒー機能付きウォーターサーバーのメリットを紹介してきました。

では、コーヒー機能付きウォーターサーバーの注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

コーヒー機能付きウォーターサーバーの注意点は以下の2つです。

  • 定期的なメンテナンスが必要
  • ウォーターサーバーの維持費が必要

それぞれ、見ていきましょう

注意点1.定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーを利用する際は、定期的なメンテナンスが必要です。

安全かつ衛生的に使えるようにと、各ウォーターサーバーのメーカーが衛生機能をつけています。

たとえば、スラット+カフェには、クリーン機能が搭載されていますので、基本的にはメンテナンスは不要です。

ただし、コーヒーフィルターや粉を入れるホルダー、抽出口をきれいにするなどの作業が必要になってきます。

また、アクアウィズはUVライトとAgプレートを採用したクリーンシステムが特徴です。

そして、専門スタッフによるウォーターサーバーのメンテナンスを実施しており、料金はサーバー代に含まれているのでかかりません。

ただし、コーヒーマシンのほうは日々の手入れが必要になるので、注意してください。

注意点2.ウォーターサーバーの維持費が必要

ーヒー機能付きウォーターサーバーを使う際に必要になってくるのは、維持費です。

維持費の内訳としては、水代、サーバーレンタル代、コーヒードリップの購入代金です。

下表に、スラット+カフェおよびアクアウィズの維持費をまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

メーカー名 フレシャスアクアクララ
サーバー名 スラット+カフェアクアウィズ
商品画像  
水代 天然水(FRECIOU富士) 1箱(9.3L×2本)
サーバーレンタルプラン:3,254円 サーバー購入プラン:2,700円(レンタルプランの水代の17%OFF)
RO水 2年割プラン:1,404円(12L)、1,080円(7L)
通常プラン:1,512円(12L)、1,188円(7L)
サーバー代 初月無料※水の量によって変動 1,320円/月
3箱以上の水の注文で翌月レンタル料無料
0円。ただし、「あんしんサポート料」として下記が毎月かかります。
2年割プラン:2,200円/月
通常プラン:3,300円/月
コーヒー代 ドリップポッド使用:1杯あたり63円~
市販の豆(粉)使用:1杯あたり20円~
バリスタ:1杯あたり約16円~
ドルチェグスト:1杯あたり約61円~

《 ← 左右にスクロールできます →》

4.おしゃれなデザイン!フレシャス:スラット+カフェ

フレシャススラットカフェ

「スラット+カフェ」は、大手コーヒーメーカー「UCC」と共同開発したコーヒー機能付きウォーターサーバーです。

フレシャスが発売しているウォーターサーバー「Slat(スラット)」の機能はそのままに、カフェ機能が搭載されています。

また、専用のドリップポッドを使い、ドリップ式で淹れることでプロが淹れたコーヒーを楽しめるでしょう。

では、「スラット+カフェ」には、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴とあわせて、値段やどのような人におすすめなのかを説明していきます。

スラット+カフェの4つの特徴

まずは、スラット+カフェの特徴について紹介していきましょう。

特徴には、以下の4つがあります。

  • 2通りの抽出方法を選べる
  • 選べる2種類のデザイン
  • 省スペースで設置が可能
  • 市販の豆(粉)も使用可能

それぞれ説明しましょう。

特徴1.2通りの抽出方法を選べる

「スラット+カフェ」の抽出方法は以下の2つです。

  • 専用のUCCドリップポッドを使う
  • 市販の挽いた豆(粉)を使う

「スラット+カフェ」では、独自開発されたUCCのドリップポッドを使用します。

これをセットすることでコーヒーなどのドリンクを楽しめます。

ドリップポッドは、ペーパードリップの抽出を再現できる形状です。

さらに、ドリップポッド内には蒸らすためのヘッドスペースが設けられており、よりおいしいコーヒーができます。

ちなみに、抽出の際は機械が自動で調整してくれるので、適切なお湯の温度や抽出スピードです。

このようにドリップポッドとお湯の温度、抽出スピード、そのすべてにUCCのノウハウが詰まっており、プロのハンドドリップを再現しています。

特徴2.選べる2種類のデザイン

「スラット+カフェ」には、デザインが2種類あります。

マットブラックマットホワイト 
フレシャススラットカフェ黒フレシャススラットカフェ白
特徴:艶消しの質感が高級感を演出特徴:清潔感があり、置く場所になじむ

《 ← 左右にスクロールできます →》

どちらのデザインもシンプルで、どのような部屋に置いてもなじみやすいです。

シンプルでスタイリッシュなデザインを選びたいという人には、おすすめですよ。

特徴3.省スペースで設置が可能

「スラット+カフェ」はシンプルな見た目をしており、「アクアウィズ」と比べると少し小さいです。

そのため、場所をとらず省スペースでの設置が可能なのです。

では、アクアウィズとサイズを比較してみましょう。

メーカー名 フレシャスアクアクララ
サーバー名 スラット+カフェアクアウィズ
商品画像 スラットの本体アクアウィズの本体
横幅290mm320mm
奥行350mm320mm
高さ1,110mmバリスタ:1,344mm
ドルチェグスト:1,335mm

《 ← 左右にスクロールできます →》

横幅はスラット+カフェのほうが3cmほど短く、高さもバリスタやドルチェグストが乗っていない分、低くなっています。

奥行きはアクアウィズと比べると、3cmほど長いです。

特徴4.市販の豆(粉)も使用可能

「特徴1.抽出方法が2通り」でも触れましたが、「スラット+カフェ」では市販の豆(粉)でもコーヒーを淹れることができます。

豆(粉)用の専用フィルターとフィルターホルダーが付属していますので、自分で器具などをそろえる必要はありません。

富士山の標高1,000mから採水された天然水を使用しているため、市販の豆や粉でも味わい深いコーヒーが作れるのです。

“コーヒー機能付きウォーターサーバー「スラット+カフェ」について詳しく知りたいあなたへ”

当サイトでは、コーヒー機能付きウォーターサーバー「スラット+カフェ」についてさらに詳しく紹介しています。

コーヒー機能付きウォーターサーバー『スラット+カフェ』を詳しく知りたい」という人は、上記の記事も参考にしてください。

スラット+カフェがおすすめな人

つづいて、スラット+カフェはどのような人におすすめなのかを紹介しましょう。

スラット+カフェがおすすめな人は、以下のとおりです。

  • 豆(粉)を使ってコーヒーを作りたい人
  • 天然水でコーヒーを飲みたい人人
  • 空ボトルを自宅で捨てたい人

それぞれ説明していきましょう。

豆(粉)を使ってコーヒーを作りたい人

「特徴4.市販の豆(粉)も使用可能」の部分で述べたように、「スラット+カフェ」では豆(粉)を使ってコーヒーを作ることができます。

そのため、普段からこだわって豆(粉)を購入している人には、「スラット+カフェ」が大変おすすめです。

自分の好みにあわせて豆(粉)を変更できるのは、嬉しいポイントですね。

天然水でコーヒーを飲みたい人

「スラット+カフェ」では、富士山の標高1,000mから採水された軟水を使用しています。

天然水ならではの甘みがありますので、コーヒーのおいしさをより引き出してくれるでしょう。

また、こちらの天然水は、雑味がなく希少なミネラルのバナジウムが含まれていることも特徴です。

「健康的な水分補給のために、水にこだわりたい」という人にもおすすめです。

空ボトルを自宅で捨てたい人

「スラット+カフェ」では、空になったボトルの回収はなく、コンパクトに折りたたんで不燃ごみとして捨てられます。

回収に来てくれるメーカーもありますが、それまでの間に空きボトルが自宅のスペースを圧迫してしまう可能性も。

しかし、「スラット+カフェ」の場合、そのような手間はないので、自宅で空ボトルを捨てたい人にはおすすめと言えるでしょう。

5.ラテを楽しめる!アクアクララ:アクアウィズ

アクアクララアクアウィズ

「アクアウィズ」は、大手コーヒーメーカー「ネスレ」と共同開発したコーヒー機能付きウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーの上部にコーヒーマシンが乗っているような形で、シンプルなデザインとなっています。

また、コーヒーマシンはバリスタとドルチェグストの2種類があり、お好みのほうを選べるのもポイントです。

では、そんな「アクアウィズ」の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

特徴とあわせて値段や、どのような人におすすめなのかを説明していきます。

アクアウィズが持つ4つの特徴

まずは「アクアウィズ」の特徴から紹介していきましょう。

アクアウィズには以下の4つの特徴があります。

  • 「バリスタ」と「ドルチェグスト」から選べる人
  • メンテナンス代が無料
  • メーカースタッフが届けてくれる
  • 黒を基調としたシンプルなデザイン

それぞれ、見ていきましょう。

特徴1.「バリスタ」と「ドルチェグスト」から選べる

「アクアウィズ」では、以下の2種類のコーヒーマシンから選ぶことができます。

ネスカフェ ゴールドブレンド
バリスタ50[Fifty]
ネスカフェ ドルチェグスト
ジェニオ アイ 
ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ
特徴:専用のコーヒーパックで5種類のカフェメニューが楽しめる特徴:コーヒー以外にもカフェオレやラテなどが楽しめる

《 ← 左右にスクロールできます →》

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty]」では、対応しているコーヒーパックをコーヒータンクに充填してコーヒーを抽出するのが特徴です。

一方「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ」は、専用のドルチェグストカプセルをセットすることで、コーヒーを抽出できます。

両者の大きな違いは、毎回コーヒーパックやカプセルをセットするか、コーヒーを作れるかどうかです。

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty]」は、1回コーヒーパックをセットすれば20~30杯分、コーヒーを楽しめます。

「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ」は1杯につき、カプセルを1つ消費するので毎回セットしないといけません。

また、飲み物の種類も「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty]」の専用パックは12種類ほどですが、ドルチェグスト専用カプセルは30種類以上ラインナップされています。

NESCAFEの本格的なコーヒーを楽しみたい人は、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty]」がおすすめです。

コーヒー以外にもさまざな種類のラテやティーを楽しみたい人は、「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ」を検討してくださいね。

特徴2.メンテナンス代が無料

「アクアウィズ」のウォーターサーバーではメンテナンス代がかかりません。

なぜなら、サーバー代にメンテナンス料金が含まれているからです。

そのため、本体になにかトラブルがあった場合でも、出費を心配することなく直してもらえます。

コーヒーメーカーの手入れは日常的に必要になりますが、ウォーターサーバーのメンテナンスは2年毎に専門のスタッフが実施してくれます。

特徴3.メーカースタッフが届けてくれる

「アクアウィズ」では、サーバーやウォーターボトルを自社専門スタッフが届けてくれます。

また、サーバーの設置や空ボトルの回収もしてくれるため、女性の場合でもすべてお任せできるので安心ですね。

メーカースタッフに対応してもらいたい人は、「アクアウィズ」がおすすめです。

特徴4.黒を基調としたシンプルなデザイン

「アクアウィズ」では、コーヒーマシンをバリスタとドルチェグストの2種類から選べます。

ただし、ウォーターサーバー本体のデザインは、黒を基調としたシンプルなものです。

ネスカフェ ゴールドブレンド
バリスタ50[Fifty]
ネスカフェ ドルチェグスト
ジェニオ アイ 

《 ← 左右にスクロールできます →》

横幅はスラット+カフェより3cmほど長く、高さはバリスタやドルチェグストが乗っている分高くなっています。

奥行きはスラット+カフェと比べると、3cmほど短い仕様です。

“コーヒー機能付きウォーターサーバー「アクアウィズ」について詳しく知りたいあなたへ”

当サイトでは、コーヒー機能付きウォーターサーバー「アクアウィズ」についてさらに詳しく紹介しています。

コーヒー機能付きウォーターサーバー『アクアウィズ』を詳しく知りたい」という人は、上記の記事も参考にしてください。

アクアウィズがおすすめな人

つづいて、「 アクアウィズ」はどのような人におすすめなのでしょうか。

「アクアウィズ」がおすすめな人は以下のとおりです。

  • カフェオレやラテなどを飲みたい人
  • 空ボトルを回収してほしい人
  • ミネラル水でも大丈夫な人

それぞれ説明していきましょう。

「アクアウィズ」で選べるコーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ」は、コーヒー以外にもたくさんのラテやティーを楽しめます。

ドルチェグストの専用カプセルの種類は、以下のとおりです。

  • スターバックス
  • ブラックコーヒ
  • ラテ
  • ティー
  • ココア

以上のように、バラエティー豊富なラインナップとなっています。

気分にあわせてコーヒー以外にも飲みたいという人には、嬉しいポイントと言えるでしょう。

空ボトルを回収してほしい人

「アクアウィズ」では、リターナブルボトル方式を採用しており、空になったウォーターボトルを回収しに来てくれます。

自宅でボトルを捨てられるメーカーもあるのですが「自宅でゴミを出したくない」といった人には、大変おすすめです。

環境にも配慮しており、自分の生活スタイルにあわせて、ほかのメーカーとも比較してみましょう。

注意すべき点は、回収されるまで空ボトルを保管しておく必要があることです。

保管スペースが確保できるようにしておきましょう。

軟水のミネラル水を飲みたい人

「アクアウィズ」で採用されているのは、RO水(ミネラル水)です。

RO膜を使いろ過することで、水の中の不純物を限りなく取り除いているため、純度の高い水に仕上がっています。

RO膜とは、家庭でよく使われている浄水器のフィルターの孔(1マイクロメートル)よりも、超微細(0.0001ミクロン)な孔のことです(注1)。

しかし、RO膜を使い、ろ過しただけではミネラル成分がなく淡白な味になりかねません。

そのため、アクアクララではカルシウムやマグネシウムなど4種類のミネラル成分を独自配合し、飲みやすい水を提供しています。

カルシウムやマグネシウムなどの金属イオン含有量が多い硬水ではなく、ミネラル成分豊富な軟水でコーヒーを飲みたい人に「アクアウィズ」はおすすめです。

6.どちらがおすすめ?コーヒー機能付きウォーターサーバーを比較

ここまで「スラット+カフェ」と「アクアウィズ」のそれぞれの特徴や、おすすめの人を説明してきました。

では、実際どちらがおすすめなのでしょうか。

いままでの内容を踏まえて、比較してみましょう。

  • 値段の比較
  • 機能の比較

以上2点を比較し紹介していきます。

値段の比較

まずは、値段の比較です。

どちらも各種料金に絞って、表にまとめました。

メーカー名 フレシャスアクアクララ
サーバー名 スラット+カフェアクアウィズ
商品画像 
水代 1箱(9.3L×2本)
サーバーレンタルプラン:3,254円
サーバー購入プラン:2,700円(17%OFF)
2年割プラン:1,404円(12L)、1,080円(7L)
通常プラン:1,512円(12L)、1,188円(7L)
最低利用本数なし2本(1箱)
サーバーレンタル代初月無料※水の量によって変動 1,320円/月 (3箱以上の水の注文で翌月レンタル料無料)0円。ただし、あんしんサポート料が下記のとおりかかります。
2年割プラン:2,200円/月
通常プラン:3,300円/月
コーヒー代ドリップポッド使用:1杯あたり63円~
市販の豆(粉)使用:1杯あたり20円~
バリスタ:1杯あたり約16円~
ドルチェグスト:1杯あたり約61円~
コーヒーの定期購入なしバリスタ:エコ&システムパック1本以上/2~3か月毎
ドルチェグスト:専用カプセル6箱~/3か月毎
電気代月約380円~月約475円~
途中解約金1年未満:16,500円
2年未満:9,900円
2年割プラン(2年未満):11,000円
通常プラン(1年未満):6,600円

《 ← 左右にスクロールできます →》

このように、水代を基準に考えてみると「アクアウィズ」のほうが安いです。

しかし、コーヒー代で考えてみると「スラット+カフェ」のほうがお得になります。

バリスタやドルチェグストは、専用のパックやカプセルのみにしか対応していないからです。

一方で、「スラット+カフェ」は、市販の豆(粉)も使えるため、1杯あたりの値段が抑えられます。

機能の比較

つづいて、「スラット+カフェ」と「アクアウィズ」の機能面での比較をしてみましょう。

こちらも表にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

メーカー名 フレシャスアクアクララ
サーバー名 スラット+カフェアクアウィズ
商品画像 
コーヒーマシンの種類1種類のみ
  • ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty]
  • ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ
抽出方法ドリップ方式エスプレッソ方式
温度温水:80〜85℃
冷水:4〜10℃
常温水
温水:85℃~95℃
冷水:5℃~11℃
水の種類天然水ミネラル水(RO水)
ボトル回収なし(不燃ごみとして自宅で捨てられる)専門スタッフによる回収あり
省エネ機能デュアルタンク構造
SLEEP機能
エコモード
省エネ運転モード
衛生機能フレッシュ機能UVライト
Agプレート
チャイルドロックありあり
コーヒーの種類専用UCCドリップポッド
市販の豆(粉)
ネスレ純正のみ
(バリスタ、ドルチェグスト)
作れる種類コーヒー、紅茶、緑茶コーヒー、紅茶、緑茶、ラテ、ココア
メンテナンス不要2年毎に1回:無料(サーバー代に含んでいるため)
その他機能リヒートモード(再加熱)
静音設計
再加熱機能

《 ← 左右にスクロールできます →》

「スラット+カフェ」はドリップ方式、「アクアウィズ」はエスプレッソ方式を採用しています。

また、ボトルの回収やメンテナンスの有無、省エネ機能などの違いがあるほか、使用できるコーヒーの種類にも差があることが分かります。

自分にあっているのはどちらなのか、上記の表を参考に検討してみましょう。

キャンペーン内容の比較

最後は、各メーカーで実施されているキャンペーンの内容の比較です。

各メーカーで実施されているキャンペーンは以下のようになっています。

キャンペーン画像フレシャスのキャンペーン画像フレシャスウォーターサーバー乗り換えサポート!アクアクララのキャンペーン画像
メーカ―名      フレシャス            フレシャス            アクアクララ      

《 ← 左右にスクロールできます →》

このように、各メーカー異なるキャンペーンを実施していますので、ウォーターサーバーの導入を迷っている人は、キャンペーンで検討してみてもよいかもしれません。

まとめ

この記事では、コーヒー機能付きウォーターサーバー2種類を比較し、紹介しました。

コーヒーを毎日でも飲みたい、カフェオレなどを手軽に楽しみたいという人には、コーヒー機能付きウォーターサーバーは大変おすすめです。

今回ご紹介した「スラット+カフェ」と「アクアウィズ」にはそれぞれ特徴がありました。

機能や値段にも違いがありますので、どちらを導入するか、自分にあっているのはどちらなのかを比較・検討してみましょう。

出典:注1 ROフィルター(逆浸透膜)って何?|WATER STAND

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5つの質問であなたにぴったりのウォーターサーバーがわかる!

あなたは、どんなウォーターサーバーをお探しですか?

おいしい天然水が飲みたい
費用をできるだけ抑えたい
ボトル交換を楽にしたい
赤ちゃんのミルクを作りたい
一人暮らしで使いたい

50種類のウォーターサーバーから、あなたにぴったりを診断します!!

SNSでもご購読いただけます